法人のお客様システムカメラHDCU-3100特長
特長

HDC-3000 / 2000シリーズ、HSC-300RF / 100RFと接続可能

HDCU-3100は、ソニーのHDカメラ HDC-3000 / 2000シリーズまたはHSC-300RF / 100RFと光ファイバーケーブルで接続し、最長2km号伝送と給電が可能なカメラコントロールユニットです。リモートコントロールパネルRCP-1000シリーズからカメラコントロールができるほか、マスターセットアップユニットMSC-1000/1500と組みあわせて、複数のカメラをコントロールできるマルチカメラ運用のシステムも構築できます。

HDC-3000シリーズ:HDC-3500 / 3100
HDC-2000シリーズ:HDC-2100 / 2000 / 2600 / 2500 / 2400 / 1700

※ 伝送距離は接続機器の構成によって異なります

4K HDRライブ制作に対応

オプションのボードをインストールすることで、カメラコントロールユニットから4K信号の出力が可能となり、4K HDRライブ制作ワークフロー“SR Live for HDR”に対応します。HD制作と同様のオぺレーションで4K HDR/HD SDRの同時制作を実現します。

※ HDC-3500 / 3100にHZC-PRV50、HDCU-3100にHKCU-UHD30が必要

IPシステムにも対応可能

オプションのST-2110インターフェースキットHKCU-SFP30を取り付けることで、映像伝送だけでなく、タリーやインターカム、リターンなどのライブ制作に必要な機能をIPで実現し、オールIPのスタジオサブや中継車を構築することができます。従来の端子も備えているため、IPシステムへの柔軟なマイグレーションも可能になります。

最大8出力のSDI OUT端子を装備

SDI OUT 4出力に加えて、入出力に対応したSDI I/O端子を4つ装備しています。メニュー設定でSDI OUT 8出力として使用できるほか、リターン入力やHDプロンプター入力、HDトランク出力に使用することもできます。用途に応じて設定を変えることで、さまざまなシステムに対応することができます。

色が変わるインジケーターを搭載

フロントパネルに色が変わるインジケーターを搭載しています。カメラ映像出力時は白が流れるように点灯、カラーバー出力時にはカラーバーのように点灯します。映像信号の出力状態を視覚的に把握することができます。

WEBブラウザーからステータス確認やメニュー設定が可能

WEBブラウザーからOptical Levelなどのステータス確認やCCUメニュー設定が可能です。モニターやリモートコントロールパネルがなくても、PCから設定することができます。

1.5Uフルラックサイズの筐体

高さが1.5Uの筐体になっており、19インチのEIA規格標準ラックに組み込むことができます。

主な仕様

■入出力端子
●CAMERA FIBER:光ファイバーコネクター×1
●INTERCOM/TALLY/IO PORT:D-sub50ピン(凹)×1
●RCP/CNU:8ピン×1
●TRUNK:12ピン×1
●LAN-COM:RJ-45×1
●NETWORK TRUNK:RJ-45×1
●SDI I/O 1 - 4:BNC×4、3G/HD/SD-SDI
●REFERENCE IN/OUT:BNC×2、ループスルー出力

■入力端子
●SDI RET1 - 4:BNC×4、3G/HD/SD-SDI
●PROMPTER1、PROMPTER2/VBS-RET:BNC×2、2CHまたは1CHループスルー出力

■出力端子
●AUDIO OUT CH1、CH2:XLR型3ピン(凸)×2
●CHARACTER/AES/EBU:BNC×1
●SDI OUT1 - 4:BNC×4、3G/HD/SD-SDI

■一般
●電源:AC100 - 240V、50/60Hz
●消費電流:最大4.5A
●動作温度:5 - +40℃
●保存温度:-20 - +60℃
●外形寸法(幅×高さ×奥行):約424×66×395mm(突起部含まず)
●質量:約7.3kg

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
システムカメラ サイトマップ
HDCシリーズ
HDC-4800
HDRプロダクションコンバーターユニット
UHCシリーズ
UHCシリーズ
HXCシリーズ
カメラアダプターシステム
カメラアダプターシステム