法人のお客様[法人向け] カメラ カメラの基礎知識
基礎知識 基礎用語 基礎知識 基礎用語

カメラを選ぶうえで知っておきたい基礎用語をご紹介します。
より詳しい内容は、ページ下の「撮影の基礎知識」のリンク先をご覧ください。

イメージセンサーサイズ

イメージセンサーはカメラのレンズから入った光を電気信号に変換する撮像素子。このサイズが大きいほど1画素に対してより多くの光を取り込めるため、色の表現が豊かになる。

画素

画像を構成する単位のこと。デジタルカメラの画素数は、撮像素子(光を電気信号として捉える素子)の数を表している。たとえば、1000万画素は1000万の粒が集まって画像を構成していることを意味する。

オートフォーカス

ピントを被写体に自動的に合わせるカメラの機能。オートフォーカス(AF)に対して、手動でピントを合わせる機能をマニュアルフォーカス(MF)という。

手ブレ補正

カメラ本体やレンズに備わっている手ブレを補正する機構や機能。デジタル一眼カメラαは角度ブレ(Pitch/Yaw)、シフトブレ(X/Y)、回転ブレ(Roll)の5軸でブレを補正する。
* 手ブレ補正がカメラ本体に内蔵されていないモデルもあります

露出

写真を撮るときに取り込まれる光の量=イメージセンサーに当たる光の量のこと。光の量は絞りとシャッター速度で決定され、それにISO感度を組み合わせた結果、写真の明るさが決まる。

絞り(F値)

レンズから入る光の量を調整する部分。カメラの絞り羽根を開いたり、絞ったりすることで、光の量を調整する。F値(絞り値)はレンズの明るさを表す数値で、数字が小さいほど多くの光を取り込むことができ、大きなぼけを楽しむことができる。

シャッタースピード

シャッターが開いている時間のこと。シャッターが開いている間、イメージセンサーに光が当たり、その光をもとに画像が作られるため、シャッタースピードが遅ければ遅いほどセンサーに入る光は多くなる(たとえば、シャッタースピードを1/60[秒]から1/30[秒]に変化させると、光の量は2倍になる)。

ISO感度

レンズから入ってきた光を、カメラ内でどのくらい増幅させるかの指標。カメラ内に入ってくる光の量は絞りとシャッタースピードで決定され、その光の量から適切な明るさの画像になるように光を増幅させる。ISO感度を上げれば上げるだけ、光が少ない場所でもシャッター速度を速くすることができるので、暗い場所での手ブレや、スポーツ写真の被写体ブレを軽減することができる。しかし、光を電気的に増幅させるため、写真のノイズ(ざらつき)が増えたり、仕上がりの写真のシャープさが失われたりする傾向がある。

ぼけ味(被写界深度)

ピントの合った被写体の前後にできる「ぼけ」の具合のこと。被写体の背景や前景をぼかすことで、被写体をより印象的に見せられる。ぼけの大きさは、「絞り(F値)」「焦点距離」「撮影距離」「背景との距離」という4つの要素でコントロールできる。

記録メディア

デジタルカメラで撮影したデータを記録・保存するためのメディア(記録媒体)。メモリーカードともいう。

※デジタル一眼カメラ α(アルファ)サイトにリンクします

カメラの基礎知識

ソニー製品の業務活用の導入事例や製品情報などをご紹介する
メールマガジン「ソニー法人ニュース」をお届けします

メールマガジン アイコン メールマガジン登録はこちら

製品やサービスに関するお問い合わせは
以下よりお気軽にご連絡ください

お問い合わせTEL アイコン お問い合わせフォーム アイコン お問い合わせはこちらから