法人のお客様[法人向け] カメラ Web会議でのVLOGCAM活用メリット
Tips 商品写真が変わる5つのテクニック Tips 商品写真が変わる5つのテクニック

通常のWeb会議ではPC内蔵カメラやテレビ会議専用のWebカメラの画質や音質でストレスなくコミュニケーションできることも多いようですが、ウェビナーやお客様への大事なプレゼンをWeb会議で行う場合は、さらに高品質で明るく印象的な画質とクリアな音質が求められます。そんなときは、VLOGCAMをPCの外付けカメラとして使うのがおすすめ。ソニーは、ズームレンズ一体型のVLOGCAM「ZV-1/ZV-1G」とαシリーズのVLOGCAM「ZV-E10/E10L」をラインアップしています。このページではVLOGCAMをWeb会議に使うことのメリットと使い方についてご紹介します。

Web会議でVLOGCAMを使うメリット

高画質

被写界深度の浅いぼけ感のある印象的な映像でWeb会議ができます。また、明るいレンズ*、顔を明るく撮影できる「顔優先AE機能」を搭載。さらに「美肌効果」を設定することで、肌をなめらかに美しく見せます。 
* ズームレンズ一体型VLOGCAM ZV-1/ZV-1Gの場合

Web会議でVLOGCAMを使うメリット 画質

高音質

指向性3カプセルマイクとウインドノイズ低減機能、付属のウインドスクリーンでノイズを低減させて、クリアな音声を届けます。

Web会議でVLOGCAMを使うメリット 音質

高精度なオートフォーカス

「瞳AF」機能と「リアルタイムトラッキング」搭載で、被写体が顔を動かしてもカメラが瞳を追随して自動的にフォーカス*します。また、「商品レビュー用設定ボタン」を押すだけで、顔から商品へのピントの移動がスムーズに行われるので、商品や物を手に持ってディテールを説明するときにも便利です。
*カメラは自動で動きません

Web会議でVLOGCAMを使うメリット 高精度なオートフォーカス
※ 画像はイメージです

かんたん操作

カメラとPCをUSBケーブルでつなぐだけでかんたんに接続できます。さらに、手に持って撮影する際に便利なシューティンググリップGP-VPT2BT(別売)*を使えば、カメラの角度や位置を変えて撮りやすいというメリットも。また、シューティンググリップをVLOGCAMの三脚として固定して使うこともできます。
* シューティンググリップキットZV-1GにはGP-VPT2BTが付属されています

Web会議でVLOGCAMを使うメリット かんたん操作

Web会議でのVLOGCAMの使い方

PCに内蔵のカメラの代替や、テレビ会議システムの外付けカメラとして

高品質で明るく印象的な画質とクリアな音質でWeb会議を実施したいとき、また会議室全体を撮影したいときなどに、メインのカメラとしてVLOGCAMを使います。

Web会議でVLOGCAMを使うメリット かんたん操作

サブのカメラとして

PC内蔵カメラで会議参加者の顔を映し、商品のディテールを説明したいときはVLOGCAMを使うといったように、サブのカメラとして使います。カメラの切り替えはスイッチャー不要で、Web会議サービス(Cisco社のWebexやMicrosoft社のTeamsなど)の操作で可能です。

Web会議でVLOGCAMを使うメリット かんたん操作

カメラの基礎知識

ソニー製品の業務活用の導入事例や製品情報などをご紹介する
メールマガジン「ソニー法人ニュース」をお届けします

メールマガジン アイコン メールマガジン登録はこちら

製品やサービスに関するお問い合わせは
以下よりお気軽にご連絡ください

お問い合わせTEL アイコン お問い合わせフォーム アイコン お問い合わせはこちらから