商品情報・ストアデジタルビデオカメラ ハンディカムHDR-CX12特長 : 感動画質ハイビジョン
HDR-CX12
デジタルHDビデオカメラレコーダー

HDR-CX12

商品の特長 | 感動画質ハイビジョン

高画質:一生に一度の思い出は、ハイビジョンできれいに残そう

デジタルハイビジョン放送にも使われている画素数(1,920×1,080)での高精細なハイビジョン記録を実現。肌の艶や髪の毛1本1本の質感までも忠実に記録できます。

さらにきれい:ハイビジョン画質の映像美を、もっと引き出すソニーの技術

ソニー独自の画素配列により、ハイビジョンに必要な画素数(1,920×1,080)の3.6倍以上の情報から映像を作りだすことを可能にしました。これにより、キメ細かく高解像な映像の記録を実現。また、一画素の面積を大きくすることで受光性能が大幅に向上しています。

クリアビッドCMOSセンサーには、デジタル一眼レフカメラ“α”(アルファ)やソニーの業務用カムコーダーで採用されている、低ノイズを実現する「Exmor」の技術を採用。高解像力と豊かな表現力を兼ね備え、高品位な画質を実現します。

クリアビッドCMOSセンサーからの大容量の画像データを高画質のまま高速処理する画像処理エンジン「BIONZ」を搭載。目で見たときの印象に近い、自然で美しい映像を表現します。

ブレやすい望遠時や暗いところでの撮影に欠かせない手ブレ補正。レンズそのものが上下左右にスライドして、光軸のブレをリアルタイムに補正します。また、光学式なので写真撮影時にも補正効果を発揮します。

従来より広い色域で記録できる動画用広色域色空間の国際規格「xvYCC」に準拠した“x.v.Color”を採用。人の目で見た色により近い豊富な色彩で記録が可能に。例えば、南国の海の美しい青緑色や、花の鮮やかな赤色など、今まで記録できなかった色を残せるようになりました。

  • ※ “x.v.Color”で記録された映像の再生には対応機器が必要です。対応再生機器についてはこちらをご覧ください
    ※ “x.v.Color”とは:動画用広色域色空間の国際規格のひとつ「xvYCC」に対応した機器に付す名称としてソニーが提案している商標です

ドイツの名門光学機器メーカー“カールツァイス”のレンズを採用。高い光学特性により、解像度・コントラスト・色再現性に優れた高画質撮影が可能。レンズ表面には多層膜コーティングを施し、光の乱反射によるゴーストやフレアを効果的に抑制します。

テレビで見る:〈ブラビア〉のリモコンひとつで“ハンディカム”を快適操作

〈ブラビア〉のリモコンで“ハンディカム”を操作できる「リンクメニュー」に対応。対応〈ブラビア〉とつなげば、“ハンディカム”で撮った映像を〈ブラビア〉のリモコンひとつで見られます。

  • ※ 動画のみ記録した場合、従来のスタンダード画質でも記録できます。
  • ※ Full HD 1080とは:“Full HD 1080”、“Full HD 1080”ロゴは『垂直画素(走査線)数1,080画素(本)以上のHD(High Definition)映像を記録・編集または表示・再生可能な民生用ソニー商品』を示しています

カタログPDFダウンロード