法人のお客様ラージセンサーカメラFX9特長
特長

新開発6K(*)フルサイズ Exmor R CMOSイメージセンサー

新たに開発した6Kフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。フルサイズをいかした豊かな映像表現でクリエーターの創造力をサポートします。またSuper 35mmサイズでの撮影も可能です。

* 収録は4K(発売時3840×2160、将来のファームアップにより4096×2160)となります
* 6Kフルサイズ撮像での4K収録は29.97pまで、4K Super35mm撮像での4K収録は59.94pに対応(フルサイズとSuper35mm間のサイズで4K 59.94p収録に対応した撮像モードを将来のファームアップで対応予定)

15stop+のワイドラチチュードと低ノイズを実現

15ストップ+の広いラチチュードと低ノイズを実現。幅広い輝度条件のもとで白トビや黒ツブレをおさえ、かつノイズの少ないクリアな映像を収録することができ、グレーディング作業において高い自由度をもたらします。

Dual Base ISO(ISO800/4000)

ISO800とISO4000の2つの基準ISO感度を持つデュアル・ベースISOを搭載。一般的なカメラでは、ISO800に対してISO4000ではゲインアップに伴い大幅にノイズが増加しますが、デュアル・ベースISOによりISO800とISO4000のノイズレベルはほぼ同じです。ノイズの気になるナイトシーンもデュアル・ベースISOのISO4000を使用することによりノイズを抑えたクリアな映像表現が可能です。

S-Cinetone

CineAltaカメラ VENICEの開発を通じて得られた知見を元に作られた「S-Cinetone」をデフォルトのルックとして搭載しています。FS7 IIからさらに人物描写を重視した画作りに再設計し、人の肌を描写する際に使われる中間色の表現力をアップさせ、色あいはよりソフトに、ハイライトの描写は被写体を美しく際立たせる自然なトーンとしています。

S-Log3

S-Gamut3/S-Gamut3.cine/BT.2020

ソニーが定義するワイドカラースペースS-Gamut3/S-Gamut3.cineおよびBT.2020を搭載。またS-Log3を活用することによりグレーディングの自由度が飛躍的に向上します。

ファストハイブリッドAF

高速性と追従性に優れた位相差検出方式とフォーカス精度の高いコントラスト検出方式のメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFを採用しています。画面の横94%×縦96%とほぼ画面全体をカバーする範囲に561点の像面位相差検出AFセンサーを高密度配置。高速性・高追従性を実現し、被写界深度の浅い条件下でも被写体をスムーズかつ高精度に捉え続けることができます。

・フォーカス速度を7段階、被写体の乗り移り感度を5段階に設定可能
・フォーカスエリアをワイド、ゾーン、フレキシブルスポットから選択可能
・PXW-Z280/Z190で好評の顔検出オートフォーカスも搭載

※ 合焦している位相差AF枠を示すインジケーターのビューファインダー上への表示はありません

世界初フルサイズ対応 電子式可変NDフィルター

ソニーが独自開発した電子制御により1/4から1/128NDまでシームレスに濃度を変更することが可能な革新のデバイス「電子式可変NDフィルター」がフルサイズに対応。アイリスで被写界深度をコントロールし、そこからNDフィルターで露出を調整すれば、被写界深度を変化させずに最適な露出を得ることができます。また自動的に適正露出へ濃度調整を行う「オートND機能」も搭載し、オートアイリスのようにNDフィルターを使うことができます。

720HDビューファインダー

FS7 II比で約1.8倍に画素数を増やした1280×720の高精細LCDパネルを採用。拡大フォーカス機能とあわせて4Kのシビアなフォーカス合わせを強力にサポートします。

レバーロックタイプEマウント

PLマウントやB4マウントのようにレバーでしっかりとレンズを固定するレバーロックタイプのEマウントを採用しました。

HFR(ハイフレームレート)

フルサイズ撮像でHD 120fps収録(将来のファームアップで180fps)のハイフレームレート撮影に対応し、印象的なスローモーション映像の撮影が可能です。さらに別売の拡張ユニットXDCA-FX9からのRAW出力を他社製レコーダーで収録することによりSuper35mm撮像で4K(3840×2160)120fps収録にも対応します。

※ フルサイズ撮像で31fps以上、S35撮像で61fps以上はフレームレートを優先するため画質低下があります

収録フォーマット

高効率と高画質を両立したXAVCフォーマットはグリーンバックやグレーディングなどで威力を発揮するXAVC Intraと、充分な画質を維持しつつ、長時間収録にも対応するXAVC Longを搭載しています。さらにMPEG HD422やSDカードを使ったXAVC Proxy収録にも対応し、用途やワークフローに応じて最適なフォーマットを選択することができます。

XQDメモリーカード

記録メディアには読出し速度440MB/s、書き込み速度400MB/s(*)の高速転送と240GBの大容量を実現したXQDメモリーカードを採用。

* 当社規定条件での値であり、速度は測定条件により異なります

手振れ情報メタデータ

撮影時の手振れ情報をメタデータとして収録ファイルに付加。Catalyst Browse/Prepare(*1)で活用することにより手振れ補正処理を短時間・高精度に行うことができます。例えばフルHD 60p収録で6秒のクリップであれば約0.1秒(*2)の高速処理が可能です。

*1 2019年12月リリース予定のVer.2019.2にてサポート予定です。他社製NLEでも将来サポートされる予定です
*2 弊社測定環境での実測値です。環境により異なります
※ 手振れ情報メタデータはソニー製Eマウントレンズ使用時に生成されます
※ 解像度の低下と撮影範囲の減少があります

進化したユーザーインターフェース

FS7 IIでの市場からのフィードバックを元にボタン、スイッチ、ロータリーエンコーダーなどの適正配置やグリップの形状、ポジションの変更などにより、さらに使い勝手が向上しています。

拡張ユニット

別売の拡張ユニットXDCA-FX9を装着することにより、16ビットRAW出力やスロットインワイヤレスレシーバーに対応するなどFX9の機能を拡張することができます。

動画撮影で求められる操作性と光学性能を実現したフルサイズ対応電動ズームレンズを付属 ※ PXW-FX9はレンズ付属なし

ズーム・フォーカス・絞りの独立3連リングを搭載。フォーカス中の画角変動(ブリージング)やズーム時の軸ズレを最小限に低減し、非球面レンズやマルチコーティングの採用により諸収差を抑制。また静音性にも配慮し、大口径レンズながらSSM(超音波モーター)を採用し静粛なズーミングを可能にしています。光学式手ブレ補正機能も備えています。

その他

・12G-SDI(*)
・TC / Gen-lock(In/Out切替)
・4K+HD同時収録
・2スロット同時収録(HD時)
・リレー記録
・インターバルレック
・キャッシュレック

* 4K出力は59.94pのみとなります。23.98p、29.97pは将来のファームアップで対応します

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
ラージセンサーカメラ サイトマップ
ラージセンサーカメラ
ラージセンサーカメラ
ラージセンサーカメラ アクセサリー