法人のお客様プロオーディオDWM-02N特長
特長

広帯域をカバーし、多チャンネル同時運用に適した5モデル

テレビホワイトスペース帯、1.2GHz帯、免許不要のB型帯域モデルをラインアップ。用途に応じてお選びいただけます。

WL:テレビホワイトスペース 低周波数帯域 TV13-24ch (470-542MHz)
WM:テレビホワイトスペース 中周波数帯域 TV29-40ch (566-683MHz)
WH:テレビホワイトスペース 高周波数帯域TV41-52ch(638-710MHz)+710-714MHz
※ テレビチャンネル1つにおける同時運余殃可能な送信機の数は12本です。隣接するTVチャンネルに地上デジタルテレビ放送がある場合、1MHzのガードバンドが必要となり、同時運用可能な送信機の数が、2本(上下にある場合は4本)減少します

G:1.2GHz帯(1.2G:1.2L、1.2M、1.2H/1.24-1.26GHz)
最大同時運用は、38波です。
B:B帯(806.125-809.750MHz)

マイクロホンカプセル交換式

別売りのマイクロホンカプセルユニットと組み合わせて、ボーカル、インタビュー、スピーチなどさまざまな用途に使用できます。マイクロホンカプセルは、DWM-02の上部の、マイクロホンカプセルユニット交換機構にねじ込むことで取り付けることができます。マイクロホンカプセルユニット交換機構は、直径31.3mm、ピッチ1.0mmという標準的な寸法になっています。

遅延量1.5msecのオーディオコーデックモードなど3種類のモード切り換えが可能

デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/W(別売)と組み合わせて使用した際、3種類のモードの切り換え設定が可能です。

■従来のDWXシリーズと同等のオーディオコーデックモード
(MODE1:アナログ出力、デジタル出力ともに遅延が3.4msec)

■遅延時間を低減したオーディオコーデックモード
(MODE2:アナログ出力の遅延1.5msec、デジタル出力の遅延2.5msec)

■安定した伝送性能を優先したオーディオコーデックモード
(MODE3:アナログ出力の遅延4.0msec、デジタル出力の遅延4.9msec)

送信出力の切り換えが可能

送信出力を1/10/50mWの3段階に切り換え可能。多チャンネル同時運用から長距離伝送まで多彩な運用に対応できます。

※ B型は、1/10mWのみ対応

有機ELディスプレイ搭載

反応が早い有機EL表示素子(OrganicLight-Emitting Diode)の採用により、設定状況を鮮明かつ正確にリアルタイムで表示することが可能です。

ローカットフィルター搭載

ローカットフィルターを搭載し、取り付けるマイクロホンカプセルの特性に対応して、細かな設定が可能です。OFFと、20 / 30 / 40 / 50 / 60 / 70 / 80 / 90 / 100 / 120 / 140 / 160 / 180 / 200 / 220(Hz)の15段階が設定できます。

アッテネーターを搭載

0から48dBまで、3dBステップで17段階の調整が可能です。

3種類の乾電池設定

単3形アルカリ乾電池2本で連続約5時間以上(10mW時)動作させることができます。
また、充電式ニッケル水素電池、リチウム電池も使用可能であり、使用する電池の種類を設定することにより、より正確に電池残量を表示できます。

ワイヤレスリモートコントロール

新機能のワイヤレスリモートコントロールを使い、デジタルワイヤレスレシーバーDWR-R02DN/W、DWR-R02DN/Gから遠隔コントロールが可能。受信機から送信機側の周波数・ローカットフィルター、アッテネーター等を調整できます。
また、電源のスリープ/立ち上げができるスリープモードを搭載。マイクロホンスタンドに取り付けられていても、本番が始まるまでスリープ状態で待機させ、電池の消耗を抑えた運用が可能です。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
プロオーディオ サイトマップ
プロオーディオ
デジタルワイヤレス(DWXシリーズ)
B帯アナログワイヤレス(UWPシリーズ)
2.4GHz帯デジタルワイヤレス(DWZシリーズ)
オーディオミキサー
ヘッドホン