環境適応性

※ 画像はイメージです

導入コストの削減

GPUやCPUへの処理負荷が低減されたことで、使用環境や目的に応じたPCの選択肢が広がりました。従来よりも低コストかつ簡単に導入ができます。(※ 必要なPCスペックに関しては「詳しくはこちら」からをご確認ください。)

※ 画像はイメージです

VESAマウント対応

VESA規格に対応しているため、多様な用途や環境で使用できます。モニターアームを使用し目的に応じたアングルで設置したり、ウォールマウントモードで設置角度を垂直にしたり、壁掛けで使用することが可能です。

視聴者切換機能

ELF-SR2は、シームレスな視聴者切替が可能です。スクリーンの前に座った2人が、席を移動することなく、それぞれに最適な3D空間映像を交互に見ることができます。商談やプレゼンテーションの際に、会話をしながらスムーズに視聴することができます。

※ 「視聴者切換」機能の利用にはFW1.20以上が必要です ※ 本体のファームウェアバージョンはこちら( https://www.sony.net/Products/Developer-Spatial-Reality-display/jp/develop/Setup/FirmwareUpdater.html )から確認できます ※ FW1.20は Spatial Reality Display App Selectからダウンロード可能です。詳しくは上記のサイトを確認ください