ページに関するアンケート
お客様の声

Windows 8と何が違う?どう変わる? Windows 8.1 新機能チェック

Windows 8では「すべてのアプリ(アプリビュー)」を表示する場合、以下のようにスタート画面の下端から上方向に向かってスワイプし、表示されたアプリバーから[すべてのアプリ]を選択するという2回の操作を行っていました。

  • * マウスの場合は、スタート画面のタイルが表示されていないところで右クリックし、アプリバーから[すべてのアプリ]を選択していました。

Windows 8.1では、「すべてのアプリ(アプリビュー)」の表示方法がシンプルになり、タッチパネルを利用している場合も、マウス・タッチパッドを利用している場合も、1度の操作で表示できるようになりました。

タッチパネルを利用している場合 

  1. スタート画面の中央部分から上方向に向かってすばやくスワイプします。
    • * タイルのない余白部分をスワイプすると簡単です。
  2. すべてのアプリ画面(アプリビュー)が表示されます。
  3. スタート画面に戻る場合は中央部分から下方向にすばやくスワイプします。
    • * アプリアイコンのない余白部分をスワイプすると簡単です。
ページトップへ

マウス・タッチパッドを利用している場合 

  1. スタート画面上でマウスカーソルを動かすと、画面左下に下向き矢印が表示されるので選択します。
  2. すべてのアプリ画面(アプリビュー)が表示されます。
  3. スタート画面に戻る場合は、すべてのアプリ画面上でマウスカーソルを動かすと、画面左下に上向きの矢印が表示されるので、選択します。

このように、Windows 8.1ではよりシンプルな操作で「すべてのアプリ(アプリビュー)」を表示させることができるようになりました。

ページトップへ

ちょこっとメモ

新たにインストールしたアプリは、すべてのアプリ画面(アプリビュー)に表示されます。
すべてのアプリ画面(アプリビュー)には、とても多くのアプリが並んでいるため、よく利用するアプリは、スタート画面にタイルが表示されるように「スタート画面にピン留め」を行うことをおすすめします。
「スタート画面にピン留め」は、次の手順で行います。

  1. ピン留めしたいアプリをロングタップ(マウスの場合は右クリック)します。
    ここでは例として「メモ帳」を選択します。
  2. 画面下にバーが表示されるので、左端にある[スタート画面にピン留めする]を選択します。
  3. スタート画面に切り換わり、メモ帳のタイルが作成されます。