ページに関するアンケート
お客様の声

Windows 8と何が違う?どう変わる? Windows 8.1 新機能チェック

スナップ機能とは、ディスプレイの解像度が1366×768以上*のときに、2つの画面を左右に並べて表示することができる機能です。

  • * 一部の機種では対応していないものもあります。

画面を分割して、2つのアプリを同時に表示できるので便利ですが、Windows 8では、画面の幅の変更は右側と左側のどちらを広く(狭く)表示するかのみで、幅の細かい調整はできませんでした。

Windows 8.1ではこのスナップ機能が強化され、画面の幅の変更が以前よりも自由に変更できるようになりました。

以下の画像は、画面中央で分割しています。
両画面の境目に表示されているバーをドラッグすると、表示幅を変更することができます。

Windows 8のときは、右側と左側のどちらを広く(狭く)表示できるだけだったのに対し、Windows 8.1では、ドラッグで表示幅を調整できるようになったので、以前よりもスナップ機能が使いやすくなりました。

スナップ機能を使用する方法は、以下のページをご参照ください。

  • * Windows 8の操作方法ですが、Windows 8.1でも同様の操作で可能です。
ページトップへ