ページに関するアンケート
お客様の声

Windows 8と何が違う?どう変わる? Windows 8.1 新機能チェック

Windows 8.1で大きく変わったことの一つに「スタートボタン」の追加が挙げられます。
デスクトップ画面の左下に表示されているWindowsマークが、追加されたスタートボタンです。

スタートボタンの外観は、Windows 7のときにあったものと似ていますが、機能は異なります。
実際にこのスタートボタンを選択すると、次のようなスタート画面が表示されます。

従来のスタートボタンと機能が異なり、スタート画面にすぐに移動するという役割を持っていると言えます。

なお、このスタートボタンをロングタップ(マウスの場合は右クリック)すると、リストメニューが表示され、ここで、「コントロールパネル」や「ファイル名を指定して実行」ができます。
さらに、これまでチャームから操作する必要があった「シャットダウン」や「再起動」も、このリストメニューから行えるようになり、使い勝手がよくなりました。

このように、以前のスタートボタンと同じものが追加されたわけではありませんが、このボタンから「シャットダウン」や「再起動」ができるようになった点を考えると、ユーザーの操作感としてはWindows 7に近くなったと言えるかもしれません。

ページトップへ