ページに関するアンケート
お客様の声

Windows 8と何が違う?どう変わる? Windows 8.1 新機能チェック

スタート画面には、はじめからInternet Explorerや地図、ニュースなど、さまざまな「Windows ストア アプリ」が登録されています。

Windows ストアにアクセスすれば、アプリを自分で探してダウンロード、およびインストールすることができます。

Windows 8のときは、Windows ストアの画面上にアプリを検索するための検索窓がなく、キーワード検索するためには毎回チャームを出す必要がありました。

Windows 8.1では、このWindows ストアのデザインが変更され、右上にアプリの検索窓が表示され、キーワードでの検索がしやすくなりました。

ちなみにこの検索窓は、画面を切り替えても常に表示されるようになっているので、アプリを検索した後に、別のアプリを再検索したいときなどにも利用できます。

ちょこっとメモ

Windows ストアでは、アプリをカテゴリー別に整理して検索することもできます。

  1. ストア画面の上端から下方向に向かってスワイプします(マウスの場合は右クリックします)。
  2. カテゴリーが表示されるので、興味のあるカテゴリーを選択します。
    ここでは例として、[写真]を選択します。
  3. 「写真」というカテゴリーに属するアプリが表示されます。
ページトップへ