ページに関するアンケート
お客様の声

Windows情報

2014年4月9日 Windows Updateで配信開始「Windows 8.1 Update」に更新されると何が変わる!?

「Windows 8」「Windows 8.1」に加えて、2014年4月9日より、Windows Update経由で「Windows 8.1 Update」という新しいOSの配信が開始されました。

現在「Windows 8.1」のパソコンをお使いの方で、Windows Updateを有効にしている場合は、順次「Windows 8.1 Update」がお使いのパソコンに適用され、 このページでご紹介している機能の追加が行われます。

ご注意

「Windows 8.1 Update」の更新プログラムのインストールが完了するまでには、約30分〜1時間程度の時間がかかる場合があります(環境によってはそれ以上の時間がかかることもあります)。

  • * 現在「Windows 8」のパソコンをお使いの方で、このページに掲載されているような機能を使いたい場合は、以下の手順を参照し「Windows 8.1」へアップデートしてください。

今回の「Windows 8.1 Update」では、主にマウスでの操作を考慮した改善が行われており、タッチパネルではない環境で利用するユーザーや、マウスでの操作を好むユーザーにとって、より使いやすくなっています。

このページでは、「Windows 8.1 Update」によって、どのような変更が起きるのか、主な5つのポイントをご説明しています。

起動時に「デスクトップ画面」がはじめから表示されるようになります

これまでは、パソコンを起動するとタイルの並んだ「スタート画面」が最初に表示されていましたが、 「Windows 8.1 Update」に更新された後は、以下の「デスクトップ画面」が起動したときに最初に表示されるようになります。
ただし、お使いの機種によっては、これまで通り「スタート画面」が表示される場合があります。

<デスクトップ画面>

起動時に「スタート画面」が表示されるように元に戻したい場合、または「デスクトップ画面」が表示されるように設定したい場合は、次の方法で対応可能です。

  1. 「デスクトップ画面」のタスクバーをロングタップ(マウスの場合は右クリック)をし、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。
  2. 「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面が表示されるので、 [ナビゲーション]タブを選択し、 [サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する]についているチェックをはずした後、 [OK]を選択します。
    • * 起動時にデスクトップ画面が表示されるようにしたい場合は、このチェックをオンにします。
ページトップへ

スタート画面に、「電源アイコン」と「検索アイコン」が追加されます

「Windows 8.1 Update」に更新されると、スタート画面の右上に、「電源アイコン 」と「検索アイコン 」が追加されます。

  • * VAIO Duo13シリーズについては、「検索アイコン」のみが追加されます。「電源アイコン」は追加されません。

これまでパソコンの電源を切る操作や、アプリ・ファイルなどを検索する操作は、チャームを表示して行う必要がありましたが、 今回のアップデートにより、これらの操作をスタート画面上ですぐに行うことができるようになりました。

「電源アイコン」を選択すると、 下図のように「スリープ」「シャットダウン」「再起動」が表示されます。

「検索アイコン」を選択すると、下図のように検索チャームが表示されます。

ページトップへ

右クリックでタイルの設定が変更できるようになります

これまでタイルの設定を変更する場合は、タイルを右クリックした後、画面下に表示されるアプリバーから行う必要がありました。

「Windows 8.1 Update」に更新された後は、 タイルを右クリックすると、 その場にメニューが表示されるようになり、マウス操作で簡単にアプリのピン留めや、アンインストール、タイルサイズの変更などができるようになります。

  • * 表示されるメニューは、右クリックをするタイルの種類によって異なります。

ページトップへ

アプリに「タイトルバー」が表示されるようになります

これまで、スタート画面にあるタイルから起動するアプリ(ストアアプリ)には、タイトルバーは表示されませんでした。 そのため、新しいユーザーインターフェイス上でアプリの最小化はできず、またアプリを終了する際も、画面の上部から下部へスワイプ(ドラッグ)するという少し特殊な操作が必要でした。

「Windows 8.1 Update」に更新された後は、起動しているアプリに「タイトルバー」が表示されるようになります。
これにより、アプリの最小化やアプリの終了を、タイトルバーに表示される から行えるようになります。

アプリの「タイトルバー」は、画面の上端にマウスカーソルを合わせると表示されます。

  • * 「タイトルバー」は、マウス操作でのみ表示させることができます。

を選択すると、 デスクトップ画面に切り替わり画面下のタスクバーに起動中のアプリとしてアプリのアイコンが表示されます。
アプリをもう一度画面上に表示したい場合は、タスクバーのアイコンを選択します。

  • * ここでは「天気」アプリを起動しています。

を選択すると、アプリが終了し、 デスクトップ画面に切り替わります

どちらもデスクトップ画面に切り替わることがポイントです。

ページトップへ

デスクトップ画面から、ストアアプリを起動できるようになります

これまでは、デスクトップ画面からストアアプリを起動したい場合は、一度スタート画面に切り替えた後に、起動したいアプリのタイルを選択する必要がありました。

「Windows 8.1 Update」に更新された後は、 スタート画面のタイルを右クリックし、  [タスクバーにピン留めする]を選択すると、 画面下部に表示されるタスクバーにストアアプリを登録することができます。

次回以降はタスクバーに表示されているアイコンを選択することで、アプリをすぐに起動することができます。

よく利用するアプリがある場合は、この方法でタスクバーにピン留めしておくと便利です。

タスクバーからアプリのアイコンを削除したい場合は、アイコンを右クリックして[タスクバーからピン留めを外す]を選択します。

以上で、Windows 8.1 Updateでの主な変更点のご説明は終了です。