ページに関するアンケート
お客様の声

はじめてのWindows 8 / 8.1

Internet Explorer 10の使いかた

Windows 8 / 8.1には、デスクトップ画面上で使うInternet Explorerと、スタート画面上のタイルを選択して使う新しいユーザーインターフェースのInternet Explorerの2種類が存在します。

デスクトップ画面上で使うInternet Explorerは、以前のInternet Explorerと操作感にほとんど違いはありませんので、抵抗なく利用できると思います。

そこで今回は、スタート画面上のタイルを選択して使う、新しいユーザーインターフェースのInternet Explorerを中心に、基本的な操作方法をご紹介します。
なお、Windows 8には「Internet Explorer 10」、Windows 8.1には「Internet Explorer 11」が搭載されております。以下の目次から、お使いのOSを選択してください。

Windows 8.1の「Internet Explorer 11」の使いかた

ご注意

「Internet Explorer 11」からセキュリティーが強化され、Active Xやアドオンを使用しているページで、以下のメッセージが表示されることがあります。
ソニーのページを閲覧している際に以下のメッセージが表示された場合は、[コントロールの実行]を選択してください。

  • * 画像は一例です。ボタン名が[アドオンの実行]になっている場合もあります。

インターネットで検索をする

Internet Explorer 11では、アドレスバーに検索したい単語を直接入力して、検索することができます。

  1. スタート画面の[Internet Explorer]のタイルを選択します。
  2. Internet Explorerが起動し、ページが表示されます。
    • * 最初に表示されるページは、環境によって異なります。
  3. ページ下部に表示されているアドレスバーの中を1回選択して、表示されているURLがすべて選択された状態にします。
    • * 通常、アドレスバーの中を1回選択すると、URL部分の色が青くなり、選択された状態になります。

    ちょこっとメモ

    アドレスバーが表示されていない場合は、画面下部から上方向に向かってスワイプして、表示します。

  4. 選択された状態のまま、検索をしたいキーワードを入力します。
    ここでは例として「ソニー」と入力しています。
    • * アドレスバーのURLが選択された状態のまま入力をすると、そのURLが消えて文字が入力されます。URLを消すためにキーボードの「Delete」キーを押す必要がないので、効率よく作業することができます。
    • * キーワード入力後に自動的に検索候補が表示されることがあります。検索候補に表示されたキーワードを選択すると、すぐに検索結果を表示することができます。
  5. 入力後にキーボードの「Enter」キーを押すと、「ソニー」というキーワードで検索した検索結果のページが表示されます。
ページトップへ

複数のInternet Explorerの画面を分割して表示する

以前のInternet Explorer 10では、2つのページを同時にひとつの画面の中に開くことができなかったため、それぞれのページを比較しながら閲覧する作業には向いていませんでした。そのため、そういった作業を行う場合は、デスクトップ版のInternet Explorerに切り換えて作業する必要がありました。

Windows 8.1のInternet Explorer 11では、以下のように2つのウェブページを同時に表示することができるようになりました。

2つの画面を同時に出すには、1つ目のページを表示したあと、もう1つのページを別ウィンドウで表示する操作を行います。
詳細は以下の手順をご確認ください。

  1. スタート画面の[Internet Explorer]のタイルを選択します。
  2. 1つ目のウェブページを表示します。
  3. 開きたいリンクの上でロングタップし、ページ下に表示されるバーから[新しいウィンドウで開く]を選択します。
    • * マウスの場合は、開きたいページのリンクの上で右クリックをし、[リンクを新しいウィンドウで開く]を選択します。
  4. ページが左右に分かれて表示されます。
    中央に表示されている黒い線を左右にドラッグすることで、ページの表示幅を調整することができます。
ページトップへ

ページを印刷する

表示しているインターネットのページの印刷は、次の手順で行います。

  1. 印刷したいページを表示します。
  2. 画面の右端からスワイプしてチャームを表示し、[デバイス]を選択します。
    • * マウスの場合は、画面の右上角、または右下角にポインターを合わせてチャームを表示し、[デバイス]を選択します。
  3. 「デバイス」チャームが開くので、[印刷]を選択します。
  4. 「印刷」チャームが表示されるので、印刷するプリンターを選択します。
  5. 印刷の設定を行う画面が表されるので、印刷プレビューを確認しながら、必要な項目を設定し、[印刷]を選択します。

ちょこっとメモ

印刷の設定を行う画面で[その他の設定]を選択すると、用紙サイズの変更ができます。

  1. [その他の設定]を選択します。
  2. 用紙サイズなどを変更できる画面が表示されます。
    設定が終わった後は、左上のを選択して前の画面に戻ります。
ページトップへ

アドレスバーやタブバーを常に表示する

通常、アドレスバーやタブバーは非表示になっています。そのため、今閲覧しているページが何かをウェブページのURLで確認したり、開いている複数のページをタブで切り換えることが、すぐにはできません(画面上部、または下部からスワイプをして、その都度表示させて確認する必要があります)。

Windows 8.1のInternet Explorer 11では、設定を変更することで、常にアドレスバーとタブバーを表示することができます。

設定方法は、以下の手順をご確認ください。

  1. Internet Explorerが表示されている状態で、画面の右端から中央に向かってスワイプし、チャームを表示した後、[設定]を選択します。
    • * マウスの場合は、画面の右上角、または右下角にポインターを合わせてチャームを表示し、[設定]を選択します。
  2. 「設定チャーム」が表示されるので、[オプション]を選択します。
  3. オプションの設定チャームが表示されるので、[常にアドレスバーとタブを表示します]をオンにします。
  4. ページ下部に常にアドレスバーとタブが表示されるようになり、タブについてはコンパクトなサイズで表示されます。
ページトップへ

お気に入りに登録する

Windows 8.1のInternet Explorer 11のお気に入りの登録は、以下の手順で行います。

  1. お気に入りに登録するページを表示します。
    ここでは例として、VAIOのサポートページを表示しています。
  2. 画面下部から上方向に向かってスワイプして、タブバーを表示します。
  3. [お気に入り]アイコンを選択します。
    • * 登録が完了したお気に入りを表示する場合も、このアイコンを選択します。
  4. お気に入りバーが表示されるので、[お気に入りの追加]アイコンを選択します。
  5. お気に入りを登録する画面が表示されます。
    このままお気に入りを登録する場合は、お気に入りの登録名称を入力し、どこのフォルダーに追加するかを選択した後、[追加]を選択します。

    ここでは、新たにフォルダーを作成してお気に入りを登録しますので、[新しいフォルダー]を選択します。

  6. フォルダーの作成画面が表示されるので、 1 フォルダー名称を入力し、 2 フォルダーをどの場所に作成するかを選択し、 3 [作成]を選択します。
    ここでは、「テスト」というフォルダー名にしています。
  7. 「テスト」フォルダーが選択された状態で、お気に入りを登録する画面が表示されるので、 1 お気に入りの登録名を入力して、 2 [追加]を選択します。
  8. お気に入りバーの表示が「テスト」フォルダー内の表示に切り替わります。ここでは、手順7で登録した「サポート VAIO ソニー」のページが、「テスト」フォルダーの中に追加されています。
  9. 下図の赤枠部分は、フォルダー構成を表しています。 1つ前のフォルダーに戻る場合は、左側に表示されているフォルダー名を選択します。
    下図の場合、前のフォルダーに戻るには[すべて]を選択します。
  10. 作成したフォルダーや登録したお気に入りは、下図のようにデスクトップ版 Internet Explorer 11の方にも反映されています。
    • * デスクトップ版 Internet Explorer 11でお気に入りを登録した場合も、新しいユーザーインターフェイスのInternet Explorer 11に反映されます。
情報

参考情報として以下の内容もご確認ください。

ページトップへ

閲覧した履歴を削除する

ページを閲覧した履歴は、Internet Explorer 11に保存されています。

Windows 8.1には、デスクトップ画面上で使うInternet Explorer 11と、スタート画面上のタイルを選択して使う新しいユーザーインターフェースのInternet Explorer 11の2種類が存在しますが、履歴の情報をお互いに共有していますので、どちらかの履歴を削除すれば、もう一方の履歴も同時に削除される仕様になっています。

履歴の削除は、次の手順で行います。

  1. Internet Explorerが表示されている状態で、画面の右端から中央に向かってスワイプし、チャームを表示した後、[設定]を選択します。
    • * マウスの場合は、画面の右上角、または右下角にポインターを合わせてチャームを表示し、[設定]を選択します。
  2. 「設定」チャームが表示されるので、[オプション]を選択します。
  3. 「オプション」チャームが表示されるので、「履歴」の[選択]を選択します。
    • * 「履歴」が見つからない場合は、チャーム内を上下に動かして探します。
  4. 「履歴」チャームが表示されるので、[閲覧の履歴]にチェックを付けて、[削除]を選択します。
    今回は、閲覧の履歴を削除するので、そのほかのチェックははずします。
  5. [削除]の右側に「選んだデータは削除されました。」と表示されます。

以上で、閲覧したページの履歴の削除は終了です。
デスクトップ版のInternet Explorerの履歴も同時に削除されています。

ページトップへ

Windows 8の「Internet Explorer 10」の使いかた

新しいWindowsユーザーインターフェースのInternet Explorer 10は、タッチパネルを用いた操作に最適化されていて、従来のInternet Explorerとは大きく異なります。

起動方法

スタート画面のInternet Explorerのタイルをタップ(クリック)します。

  • * スタート画面のタイルの構成やデザインは、上記と異なる場合があります。

画面構成

ここでは、VAIOサポートページを開いている状態を例に説明します。

ページが全画面で大きく表示されます。起動直後は画面下部にアドレスバーが表示されますが、しばらくすると非表示になります。

ページをスクロールするには、上下または左右にスライド(上下の場合はスクロールホイールを利用)するか、画面の端にカーソルを移動すると表示されるスクロールバーをスライド(ドラッグ)します。キーボードの の各キーを押してスクロールすることもできます。

主な機能の使いかた

従来のInternet Explorerのメニューやツールバーにあった機能は、必要なときだけ表示して使います。主な機能の使いかたをご紹介します。

アドレスバー

画面下部または上部から画面内側に向かってスワイプ(右クリック)すると、画面下部にアドレスバーが表示されます。URLの入力、戻るボタン、進むボタン、更新ボタンなど、従来のInternet Explorer上部のツールバーにまとめられていた機能を使うことができます。

タブ

タブを追加して、タブごとに違うページを表示することができます。アドレスバーを表示する操作と同様に、画面下部または上部から画面内側に向かってスワイプ(右クリック)することで、画面上部に現在開いているタブの一覧が表示されます。新しいタブを追加するにはボタンをタップ(クリック)します。

ピン留め・お気に入り

後でもう一度見たいページを記録したいときは、「ピン留め」または「お気に入り」機能を使います。

ピン留めしたページはデスクトップのInternet Explorerからは利用できませんが、スタート画面にタイルを表示できるので、新しいWindowsユーザーインターフェースを主体で使う場合に便利です。お気に入りはデスクトップのInternet Explorerからも利用できるので、2つのInternet Explorerを頻繁に使い分ける場合に便利です。用途によって使いわけましょう。

後でもう一度見たいページを開いて、アドレスバーのボタンをタップ(クリック)し、サブメニューから[スタート画面にピン留めする]か[お気に入りに追加]をタップ(クリック)します。

ピン留めしたページは、新しいWindowsユーザーインターフェースのInternet Explorerの「ピン留めページ」とWindows 8の「スタート画面」の2箇所に、タイル(*)として追加されます。次回からはこのタイルをタップ(クリック)するだけで、ピン留めしたページを開くことができます。

  • * タイルにはピン留めしたページの色やアイコンが自動的に反映されます。

ピン留めしたページの一覧は、アドレスバーのアドレス入力欄をクリックすることで表示できます。

スタート画面は、キーボードのを押すことで表示できます。ピン留めしたページのタイルは、スタート画面の右側に追加されます。画面の外に見切れている場合は、画面下部にカーソルを移動してスクロールバーをスライド(ドラッグ)するか、キーボードのを押して、右側にスクロールします。

お気に入りに登録したページは、新しいWindowsユーザーインターフェースのInternet Explorerの「お気に入り」と、デスクトップのInternet Explorerの「お気に入り」の2箇所に追加されます。新しいWindowsユーザーインターフェースのお気に入りにはピン留めと同様にタイル(*)として追加されるので、次回からはこのタイルをタップ(クリック)するだけでページを開くことができます。

  • * タイルにはお気に入りに登録したページの色とアイコンが自動的に反映されます。

お気に入りに登録したページの一覧は、アドレスバーのアドレス入力欄をクリックすることで表示できます。画面の右側に見切れている場合は、画面下部にカーソルを移動してスクロールバーをスライド(ドラッグ)するか、キーボードのキーを押して、右側にスクロールします。

ページ内検索

現在表示しているページ内で文字検索を行うには、キーボードのキーを押します。
画面下部に検索バーが表示されるので、入力欄に検索したい文字列を入力して前へボタンや次へボタンを押すことで、ページ内の該当する文字を順番に表示します。

ページトップへ

新しいWindowsユーザーインターフェースからデスクトップに切り替える方法

  1. 新しいWindowsユーザーインターフェースのInternet Explorerのアドレスバーを表示して、ボタンをタップ(クリック)します。
  2. サブメニューが表示されるので、[デスクトップで表示する]をタップ(クリック)します。
  3. 新しいWindowsユーザーインターフェースのInternet Explorerで開いていたページが、デスクトップのInternet Explorerで開きます。

以上で、Windows 8の「Internet Explorer 10」の使いかたは終了です。

ページトップへ