ページに関するアンケート
お客様の声

はじめてのWindows 8 / 8.1

タッチ操作

ここでは、Windows 8 / 8.1のタッチパネルを使った基本的な操作方法についてご説明します。

ご注意

Windows 8 / 8.1でタッチ操作をするには、タッチ機能を搭載したVAIOが必要です。

タッチ機能を搭載していないVAIOの場合は、従来のWindowsと同様にマウスを用いて操作してください。

タップ

画面の任意の場所をポンと押す操作を、タップといいます。主に、項目の選択や決定などに使用します。

  • * マウス(タッチパッド)のクリックと同じ役割です。
タップ

長押し(押し続ける)

画面をタップした後、画面から指を離さずに数秒間押し続ける操作を、長押し(押し続ける)といいます。主に、項目の詳細情報やメニューを表示するときに使用します。

長押し(押し続ける)

ピンチ

2本の指で画面を押さえて、つまむように指を近づける操作を、ピンチといいます。主に、画像や地図などの表示を縮小するときに使用します。

ピンチ

拡大

ピンチとは逆に指を広げて遠ざける操作を、拡大といいます。主に、画像や地図などの表示を拡大するときに使用します。

拡大

スライド

画面を指で押さえたまま上下または左右にまっすぐ動かす操作を、スライドといいます。主に、画面をスクロールするときに使用します。

  • * 上下のスライドは、マウスのスクロールホイールを用いた操作と同じ役割です。

画面を指で押さえたまま離さずにスライドしてから指を離すことで、項目の並べ替えなどを行うことができます。

  • * マウス(タッチパッド)のドラッグ&ドロップと同じ役割です。
スライド

スワイプ

スライドよりも短い距離をすばやく指で払う操作を、スワイプといいます。スワイプする場所によって役割が異なります。

画面右端からスワイプ

チャームを表示します。

画面左端からスワイプ

現在開いているアプリの一覧を表示します。

画面の上端または下端からスワイプ

保存、編集、削除などのコマンドを表示します。

スワイプ

以上で、Windows 8 / 8.1のタッチパネルを使った基本的な操作方法は終了です。

ページトップへ