法人のお客様業務用ディスプレイ・テレビ[法人向け] ブラビア 導入事例 株式会社ランドスキップ様

導入事例
「キレイ」「カンタン」「フレキシブル」なブラビアをご導入いただいたお客様の事例を紹介します。

株式会社ランドスキップ

■業種:飲食店/クリニック ■用途:バーチャルウィンドウ


※ 画像は2018年9月時点

ランドスキップ様は「風景の流通」に取り組む企業です。4K/8K解像度の風景配信サービスの運営や360度VRコンテンツの開発、バーチャルウィンドウによる空間演出などの事業を手掛けています。コンテンツ数はすでに3,000以上。世界各国の風景が現在も増え続けています。

バーチャルウィンドウ用ディスプレイとして

ランドスキップ様は、世界中のさまざまな風景を映し出す仮想の窓「バーチャルウィンドウ」で使用するディスプレイとして法人向けブラビアを採用されました。

「バーチャルウィンドウは、世界中の風景をその場所に連れてくることがコンセプトです。壁の向こうにある風景を眺める、本物の窓のように見せるために、建具でディスプレイを装飾することもあります。」とランドスキップ・代表取締役の下村一樹氏は言います。

バーチャルウィンドウのコンテンツは、季節や時間、場所などを指定できます。都会のオフィスや会議室にいながら自然を感じられる風景を眺めたり、外出しづらい方の集まる施設で、四季折々の外の景色を味わったりできます。オフィスや会議室、クリニックやレストラン、バーなどさまざま場所に導入が進んでいます。

「風景は実在のものばかりではなく、フルCGで作成することもあります。バーチャルウィンドウとプロジェクションマッピングを組み合わせて、魔法の世界を再現した事例もあります。バーやレストランのお客様では、このような空間演出にこだわってのご相談いただく場合があります」

バーチャルウィンドウにブラビアをご採用。枠や装飾を施し、窓の向こうに海中の景色が広がっている景色を作り出しています。(北海道札幌市 マッピングバー「The World」)

これまでランドスキップ様では、バーチャルウィンドウに採用するディスプレイを、その時々で異なるメーカー・製品を採用してきました。しかし、課題も多かったとのこと。

ディスプレイはバーチャルウィンドウの要となります。そのため、画質がきれいなことや、さまざまなディスプレイサイズがあることが前提。さらに、色味などの個体差が少ないことが必要となります。

「過去使用したディスプレイでは同じメーカー、モデルでも映像に個体差があることがありました。バーチャルウィンドウは複数枚のディスプレイを使って風景を表示するケースが多いので、個体差が大きいと、色味の調整だけでも手間がかかってしまいます。」と代表取締役の下村一樹氏。

また、「ディスプレイを壁に埋め込むこともあるので、製品のサポートや堅牢性も重要となっています。しかし、これらを満たすディスプレイはなかなかありません」とのこと。

品質の高さと長期サポートで安心

これらの課題を解決できるディスプレイを探し見つけたのが、「法人向けブラビア」です。

「ブラビアは色味が鮮やかで、個体差もほとんどありません。また、サポートも長期にわたっており安心して使用できます。バーチャルウィンドウのディスプレイとして申し分ない製品です。さらに、4K対応の業務用ディスプレイとしては価格も抑えられており、お客様へのメリットにも繋がっています」

法人向けブラビアは、民生用のパーツを流用することで部材調達コストを低減し、リーズナブルな価格を実現。それでいて画質、音質の品質にはこだわっています。

ランドスキップ様は、「風景の流通」を具現化し、多くの建物にバーチャルウィンドウを提供していきます。今後の展開に、市場からの期待も高まっています。

複数のブラビアを組み合わせることで、風景の広がりをより強く体感いただけるバーチャルウィンドウ。クリニックの待合い室を癒しの空間に変えています。(北海道札幌市 高柳眼科クリニック)