商品情報・ストアテレビ ブラビア Soft Minimalism Slice of Living 2018
xx

Slice of Living 2018

Soft Minimalism

映像体験を心地よく人のそばへ

リビング空間に自然と寄り添うテレビの在り方を模索してきたBRAVIA®。その佇(たたず)まいが空間に調和するほどにテレビの設置場所は自由になってきました。壁際から離れ、人との距離が近づいたとき、そこに心地よく存在するテレビのあるべき姿とは何か。映像体験を高めるミニマムな構成と親しみやすい造形やテクスチャーが一つになったデザインテーマ「Soft Minimalism」が、人とテレビの新しい関係を築きます。

映像体験を心地よく人のそばへ

調和と主張の間

リビング空間に調和するテレビを考えたとき、存在感をなくして空間に溶け込ませることだけが正解とは限りません。例えば、オブジェや彫刻は、存在を主張しながらもスタイリングの一部として空間に自然に佇んでいます。「調和」と「主張」という一見矛盾する要素を兼ね備え、そこに在ることで暮らしにゆとりや豊かさをもたらしてくれます。映像を映していないときのテレビも、そのような存在にできないかと考えました。

人のそばにあるもの

テレビがオブジェや彫刻のような存在になれば、設置場所はより自由になり、人とテレビの距離感は近くなるでしょう。そのときテレビに求められるのは、人のそばにあるものとしての心地よさです。しかし、テレビは画に没頭できるよう要素は最小限にすべきですが、そうしたミニマリズムを突き詰め過ぎると無機質で冷たい印象になりかねません。

そこで導き出したデザインテーマが「Soft Minimalism」。最小限の構成のなかに、人が親しみを感じる柔らかなディテール、触りたくなる素材や質感、温かみある色味を同居させるという発想です。映像を見ているときはその体験を最大限に高め、映像を見ていないときはオブジェのように空間に調和し人に寄り添う。そんなデザインが、シンプルさと心地よさを求める現代の暮らし方にフィットする、新しいテレビの姿を創り出します。

チーフアートディレクター 田幸

二律背反から生まれる新たな価値

私たちは常に二律背反するモノづくりに挑戦し、新たな体験や価値を生み出してきました。今回のSoft Minimalismも例えるなら「白い黒」と言っているようなものです。存在を主張しつつも、空間に調和し、映像機器の冷たい印象を抑えた、今の時代に合う気持ちの良いテレビを目指しました。

チーフアートディレクター 田幸

柔らかさを纏(まと)うミニマリズム

柔らかさを纏(まと)うミニマリズム

有機ELディスプレイを採用し、画と音の体験を一枚に凝縮したA9F。音を鳴らすアクチュエーターとサブウーファーを背面スタンドに集約することで、画面とそれを支える板という最もシンプルな構成を実現。ベゼルの角は柔らかな丸みを帯び、背面パネルはファブリックで覆うなど、手に馴染む造形や素材を採用。空間に自然と調和しながらも、力強い存在感を放ちます。

高性能が滲み出る質感表現

高性能が滲み出る質感表現

クリエイターの求める画質をあますところなく引き出すZ9F。ベゼルは、一眼レフカメラなどにも採用される、傷に強いプロット塗装で仕上げ、他パーツの金属な質感と対比させることで黒の多様なテクスチャーを際立たせています。アルミの金型鋳造によるスタンドは、角棒を組み合わせたミニマムな造形。洗練されたオブジェのような美しい佇まいです。

アートディレクター 横田

使っていないときのテレビの見方を変える

リビングには、オブジェや彫刻のように機能を持たないものがあります。使っていないときのテレビも同様に、機能は持たずとも生活に華やかさや潤いをもたらす存在にできないか。邪魔な存在ではなく、意義のある存在として捉える視点の切り替えが、新しいデザインアプローチを生みました。

アートディレクター 横田

存在感を放つ彫刻的な佇まい

一点の彫刻のような美しい存在感を追求したBRAVIA®のスタンド。金属の角棒をシンプルに組み合わせたスタンドのデザインは、点で接地させることで、彫刻の持つ独特のバランスと緊張感を生み出しました。最小のスペースで安定するハの字の構成により設置できる場所も広がり、リビングに調和しながら美しく佇みます。

存在感を放つ彫刻的な佇まい

スタンドとパネル、2枚の板でミニマルに構成されたデザインでは、板のエッジをラウンドさせることで薄さを際立たせ、軽快な印象に仕上げました。

心地よい一体感

さまざまな物が置かれているリビング空間のなかで、全く異なる物同士でありながら一緒に置いた瞬間に居心地よくその場に収まることがあります。そんな風に物と物がごく自然に寄り添う関係性を求めて、スタンドの角度とサウンドバーの筐体の角度を合わせ、心地よいフィット感を作り出しました。画と音のより一層の一体感を生み出し、映像体験を増幅します。

クラフト感のある柔らかな造形

クラフト感のある柔らかな造形

人の手で作られた家具や器が手に馴染むように、クラフト感のある造形は自然と親しみやすさを覚えます。そこで、ベゼルやサウンドバーの筐体の角に丸みをもたせるなど、一手間をかけて柔らかなフォルムに仕上げました。作り手の存在を感じさせる造形が、人との距離感を縮めます。

機能を美しくみせるパターンとマテリアル

機能を美しくみせるパターンとマテリアル

デザインタイルやファブリックのように空間のアクセントとなる存在を目指して。背面パネルの放熱用スリットや端子カバーを幾何学的なパターンの中に溶け込ませるなど、360度どこから見ても美しい佇まいに。サウンドバーでは、異なるマテリアルを組み合わせることで、各パーツの役割や機能を主張しながらも空間に調和する外観を創り出しています。

シニアマネージャー 和田

バランスのとれた存在の追求

サウンドバーはテレビだけでは表現できない音を高次元で、かつ手軽に表現できる存在です。 その存在感をテレビとの親和性や、インテリアとの調和を高い次元でバランスさせることがデザインのポイントでした。

シニアマネージャー 和田

人とテレビの心地よい関係を築くデザインが、 リビング空間における映像体験の在り方をまた一歩進化させます。

ブラビアの特長

4Kブラビアラインアップ

  • KJ-A9F
  • KJ-A8F
  • KJ-A1
  • KJ-Z9F
  • KJ-X9000F
  • KJ-X8500F
  • KJ-X7500F

※2018年12月から放送が開始される「BS・110度CSによる4K・8K衛星放送」を受信する機能は搭載していません。A9F/A8F/A1/Z9F/X9000F/X8500F/X7500Fで放送を楽しむには、今後発売予定の別売のチューナーが必要です