商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

鉄道写真家 中井精也 氏 「ゆる鉄画廊」 訪問記

中井氏が長年夢見てこられた
『自身のフォトギャラリーを持つ』こと。
その夢が、ついに叶う日がきました!
鉄道写真を撮り続け、鉄道のある風景をこよなく愛する
中井氏の想いが詰まった中井氏のギャラリー
「ゆる鉄画廊」を訪ねてまいりましたのでその模様を
お届けいたします!

α Universe editorial team
■ 画廊の正面で満面の笑顔で出迎えていただきました

2018年5月3日。鉄道写真家の中井精也氏が、長年の夢であった 画廊をオープンされました!その名も「ゆる鉄画廊」 中井氏の想いの全てが詰まった空間と言っても過言では無いワクワク満載の画廊に、オープン前日にお邪魔して参りました! 実際に足を運ばれることをお勧めいたしますが、雰囲気だけでもお伝えさせていただけたらと思います。

入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、お馴染の中井氏の キャラクターアイコンです。この奥に、中井氏が厳選した珠玉の鉄道写真の数々が所狭しと飾られています。 オープン日の5/3〜5/24までは「ゆる鉄の世界へようこそ!展」が開催しています。

ふらりと出掛ければ、いつでも中井氏の写真を好きなだけじっくりゆっくり見れる場所。素敵です!ご本人も「何時間居ても愉しい!厭きない!」とのこと(笑)1枚、1枚、思い出がたくさん詰まった写真。 まさに集大成のように圧感の写真ばかりが飾られており本当に何時間でも過ごせる空間になっていました。

画廊の中には、これまで中井氏が発刊した写真集をはじめさまざまな書籍やグッズなどが一堂に置かれているコーナーもあります。 「The 中井精也 アーカイブ」といった感じです。 こちらは希望があれば、購入することも可能です!

まだまだご紹介したいポイントが他にも有るのですがやはり実際に足を運ばれて愉しんでいただくのが一番かと思いますので、本当に駆け足で申し訳ありませんが画廊の紹介はこの辺で終わりとさせていただきます。

最後にご覧いただくのは、こちらの写真になります。ご案内するのが最後になってしまいましたが、こちらの「ゆる鉄画廊」の所在地ですが、あまりにも素敵な場所に建っています。都電荒川線という鉄道はご存知でしょうか?画廊はその都電荒川線が走る三ノ輪橋駅から歩いて2〜3分のところに在るのです。中井氏がどうしてこの地に念願の画廊をオープンさせたのか?その最大の理由はこれでした! 皆さんもお越しになられたら、是非、都電荒川線に立ち寄られ写真撮影を楽しむこともお勧めします!

■「ゆる鉄画廊」
東京都荒川区南千住1-19-3
月〜金 13:00〜19:00
土日祝 10:00〜19:00
不定休

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
アンケートのお願い
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ