商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

日本カメラ

αと進むまだ見ぬ世界へ
山本まりこ with α

α Universe editorial team

日本カメラ2019年2月号掲載誌面を再構成

画像処理エンジン、イメージセンサー、ソフトウェアアルゴリズム、レンズ設計の自社開発を徹底してきたソニーが打ち出す表現に革新をもたらす5つの基準「高画質、スピード、機動性、スタミナ、専用設計レンズ」が作品にもたらすものは大きい。「エアリー」をコンセプトに活躍する写真家 山本まりこさんが鳥取への旅のお供にαを選んだ。αが作り出す「エアリーフォト」の世界について話を聞いた。

α7R IIIは心に描かれたシーンをそのまま残してくれる

「作品を撮るときはいつも、ファインダーやモニターを確認しながらカメラを操作し、色やコントラスト、シャープネス、DROなどを細かく追い込んでいます。α7R IIIならどのカメラよりも私の世界観に合う画作りができますし、ファインダー、モニターで作り込んだ雰囲気をそのまま写真として見せることができます」
最新のα7シリーズはコンパクトなボディはそのままに、撮像センサーと画像処理エンジンの連携が、これまで以上に最高のパフォーマンスが発揮されるように進化している。より精細となった解像感や、驚くほど豊かになった階調性といった、αが備える独自の撮影能力が、山本さんの心に描かれたシーンをダイレクトに写真にしているわけである。また山本さんは、ファインダーやモニターで、画像を再生、微調整を繰り返しながら、撮影現場で作品を仕上げるのが基本スタイルだが、1日中撮影していても途中でバッテリー交換をしたことがほとんどないという。ハイスペックながら省電力に優れることもαの特長といえる。
「レンズも気に入っていて、特に最近よく使っているのがFE 16-35mm F2.8 GMとFE 24-105mm F4 G OSSの2本です。写りも大好きですし、α7R IIIと一緒に使って女性の私でも疲れず撮れる軽さが本当にいい! 旅に、仕事に、今ではもうなくてはならない相方となってくれました」

α7R III,FE 16-35mm F2.8 GM 23mm,F2.8,1/200秒,ISO100
鳥取砂丘にて。砂の凹凸を出したかったので夕刻の光を狙いに。足跡びっしりの砂丘はあまり見たことがないのでとっても面白いと思いました。自分を入れて撮影。影がびよーんと。高画素モデルでも、強力な手ブレ補正によって夕暮れ時の片手撮影を可能にしてくれました。
α7R III,FE 24-105mm F4 G OSS 68mm,F4,1/640秒,ISO100
夜中からの雨は朝も続いていました。朝食を食べていると雨が止み、さらには陽射しも。宿を飛び出して記憶していた撮影ポイントへ。刻々と変わる大山の美しさに息を飲みながら。女性でも気軽に携帯できる機動性もαの魅力です。
α7R III,FE 16-35mm F2.8 GM 35mm,F2.8,1/125秒,ISO100
地面すれすれローアングルでりんご園を撮影。このレンズは広いけど、ぼけも美しい。朝の陽ざしに雨上がりの草がキラリと光る。真正面逆光でも階調なめらかに描かれ柔らかな光に。マウントアダプターを介さない専用設計レンズならではの表現力を感じます。

インタビュー=曽根原 昇

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ