商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

アサヒカメラ

草花が持つ「生命力」を余すことなく表現できる至高のカメラ

α Universe editorial team

草花をテーマにした印象的な写真を撮り続ける写真家の並木隆氏。ソニーのα7R IVで表現できる写真表現について聞いた。

並木 隆/写真家 1971年生まれ。高校時代、写真家・丸林正則氏と出会い、写真の指導を受ける。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)中退後、フリーランスに。花や自然をモチーフに各種雑誌誌面で作品を発表する。日本写真家協会、日本自然科学写真協会会員。

数字では見えないカメラとしての完成度

日々進化し続けるソニーのαシリーズ。その中でも圧倒的な解像力とトータルバランスの優れたカメラとして注目されているのがα7R IVの存在だ。微細な変化を楽しむ植物写真においてα7R IVの魅力を写真家の並木隆氏に聞いた。
「カメラとしての完成度はα7R IIIで感じていました。『IV』が発売しても当初は使ってみたいとそれほど思いませんでした。しかし、実際に手にしてみたときに『これは欲しい』と感じるほどのインパクトがありましたね。その理由は数字には出てこない細かい変更点がしっかりとなされていたという点です。触った瞬間に違いを感じることができました。ボタン一つひとつの印象が細かく変わっている。今までは『ボタンを押している』という感覚がとてもありましたが、α7R IVは指先が吸い付くようなイメージでボタン類を押すことができます。これは撮影に集中しているときに意識を散らすことなく、被写体と向き合えるということですね。細かい変更点が基本スペックの高さをより際立たせてくれているのだと実感できます」
そう話してくれた並木氏。具体的にはどんな「深化」を感じたのか。

α7R IV,FE 135mm F1.8 GM 135mm,F1.8,1/3200秒,ISO100

アサヒカメラ掲載の際にはメインカットで使用。花々の生き生きとした空気感がしっかりと伝わる写真だ。

「α7R IVは有効画素数が約6100万画素になりましたが、その恩恵は意外なところにありました。それは、マニュアルフォーカス時の『ピーキング』の精度が上がったことです。高画素化すると難しくなるのはピントを合わせるときです。少しのズレもわかってしまう。しかし、このカメラはピーキング精度がより正確になり、本当に合わせたい部分が非常にわかりやすくなりました。そのおかげで生き生きとした描写と正確なピントで快適な植物写真が撮れます。
また、EVFがさらに見やすくなりました。576万ドットになったことで、全体的に見やすくなっています。またバックライトの輝度も的確で『見たまま』に非常に近い印象を受けました。視認性が上がったことで、さらに詰めた構図が可能になり、作品の完成度が高くなりますね。僕は手持ち撮影が基本なので、EVFをのぞきながらの撮影が多いので助かります」
手持ち撮影を支える上で、このカメラのメリットはほかにもまだまだあるという。「約5.5段の5軸ボディ内手ブレ補正機構のおかげで、中望遠域での撮影においてもブレのない撮影が可能です。さらに握りやすくなったグリップ形状もありがたい。今まではより安定感を求めるためにグリップマウントをつけたりしていました。しかし、α7R IVではその必要がなくなるほどグリップ時の安定性が向上しています。強力なボディ内手ブレ補正機構とホールドしやすいグリップの両方で格段に手持ち撮影がしやすいカメラになりました。その分、機動力が上がるので撮影が楽しくなりますね」

α7R IV,FE 90mm F2.8 Macro G OSS 90mm,F2.8,1/160秒,ISO250

マクロレンズだからこそ近接撮影でき、葉脈から読み取れる生命力をリアルに感じることができる。α7R IVならではの解像力が実感できる一枚だ。

これこそまさに「正常深化」を追求したカメラのカタチなのだと実感できる話が。これだけ完成度が上がると気になるのがレンズだ。「高画素化してもG Masterのレンズであれば解像度不足だとまったく感じません。それだけレンズはオーバースペックだったんですね(笑)。高画素化したときに問題になりやすいレンズ性能ですが、専用設計だからこそのメリットを感じます。G Masterのレンズに共通して感じるのは、シャープさとぼけの柔らかさの両立です。ピント面はとてもシャープですが、ぼけ味は非常に柔らかくざわつきの少ない素直なぼけです。これを両立できるのがG Masterの魅力ですね。前ぼけや後ろぼけを積極的に入れていく僕の作風には欠かせないレンズです」
そう話してくれた並木氏。草花の生命の営みを表現するのに必要なのは、解像感のある描写力と、それを包み込む柔らかさと演出なのだと感じた。それこそα7R IVがもたらしてくれる「写真の世界」だ。

<本誌では紹介し切れなかった作品>

α7R IV,FE 135mm F1.8 GM 135mm,F1.8,1/1600秒,ISO100

中望遠レンズらしい前後のぼけ味が写真に立体感をもたらせてくれる。光が当たっている花びらのディテールがしっかり表現されている一枚。

α7R IV,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 200mm,F2.8,1/500秒,ISO320

FE 70-200mm F2.8 GM OSS の望遠側で撮影された写真で適度な圧縮効果が写真全体に見られ、この写真が見せたい主題がわかりやすい。前ぼけを大胆にいれることで、幻想的な世界を演出している。

α7R IV,FE 70-200mm F2.8 GM OSS 200mm,F2.8,1/800秒,ISO320

FE 70-200mm F2.8 GM OSSの開放値で撮られた写真。開放値でもにじみのない芯のあるぼけ味が味わえる。G Masterのポテンシャルがわかる一枚。

撮影/並木 隆 文/大貝篤史 企画・制作/アサヒカメラADセクション、Blackbox Promote

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
商品TOP
デジタル一眼カメラαの商品一覧を見る
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ