商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

VENICE 2 Debut

α Universe editorial team

デジタルシネマカメラ最上位機の『VENICE 2』 2機種を発売します。 新たにCineAltaカメラのラインアップに加わる『VENICE 2』 は、新開発8.6Kフルフレームイメージセンサー搭載と、『VENICE』で評価を得ている6Kイメージセンサー搭載の2機種です。両機は階調豊かな16bitのシーンリニアデータ※1 での記録が可能な、ソニーが開発した記録フォーマットX-OCN(eXtended tonal range Original Camera Negative、エックスオーシーエヌ)の本体内部記録に対応することで、撮影システムの小型軽量化を実現しています。

※1シーンリニアとは、人間の視覚や感覚などの主観的要素を取り除き、現実世界の光を物理的に正確な数値で表したデジタルデータを指します

8Kモデルと6Kモデルの2モデルラインアップ

VENICE 2は、8Kセンサーと6Kセンサーを選択することができ、それぞれ、広大なラチチュードと広色域を実現し、優れた映像表現力を可能にします。 また8.6Kと6Kのイメージセンサーブロックが交換可能な設計になっているため運用に応じて様々な解像度で使用することが可能です。 新開発の8.6Kイメージセンサーは最大解像度「8640 x 5760」、6Kセンサーは「6048 x 4032」に対応し、オーバーサンプリングよる高品位な4K映像を制作することが可能です。 さまざまな撮影フォーマットでの撮影にも対応し、フルフレーム、Super35mm、6:5アナモフィックなど、さまざまな読出しモードを搭載し、多様なコンテンツ制作に対応します。

※ フルフームおよびアナモフィックモードでの撮影には別売のフルフレームライセンスおよびアナモフィックライセンスが必要となります ※ ライセンスは無期限、30日間、7日間の有効期間から選択して購入することが可能です

※『VENICE』に、『VENICE 2』の8.6Kセンサーブロックを装着することはできません

X-OCNの本体内部収録を実現し、コンパクトな筐体を実現(※)。また、4K ProRes収録にも対応。

※ VENICEにAXS-R7装着時と比較した場合

カメラ本体でのX-OCN収録に対応。これにより、これまでX-OCN収録に必要だったポータブルメモリーレコーダー AXS-R7が不要となり、筐体の小型化と、軽量化を実現。狭いスペースでの撮影や、ドローン搭載時の利便性がさらに向上しています。

16stop / 15stop+のワイドラチチュードと低ノイズを実現

8Kモデルは16stop、6Kモデルは15stop+の広大なラチチュードを実現。ハイライト部から暗部まで幅広い輝度条件の下で低ノイズで美しい映像をキャプチャーすることができ、グレーディング作業において高い自由度をもたらします。

Dual Base ISO

8KモデルはISO 800とISO 3200、6KモデルはISO 500とISO 2500の2つの基準ISO感度を持つデュアル・ベースISOを搭載。一般のビデオカメラでは、ISO 500に対してISO 2500はゲインアップに伴い大幅にノイズが増加しますが、デュアル・ベースISOによりISO500とISO2500時のノイズはほぼ同じです。明るい環境下ではISO 800/500を使用し、暗いシーンではISO 3200/2500を使用することにより、広いダイナミックレンジをいかしながらも、ノイズを抑えたクリアな映像表現が可能となります。

BT.2020を超える広色域

VENICE2はBT.2020、DCI-P3を超える色域をカバーします。ソニーが定義するワイドカラースペースS-Gamut3を搭載し、S-Log3を活用することによりグレーディング時の自由度が飛躍的に向上します。

ハイフレームレート撮影に対応

印象的なスローモーション映像を実現するHFR撮影機能を搭載しています。

VENICEのデザインやUI設計をベースとしつつ、さらに運用性が向上

・4K出力時の3D LUTに対応 ・3DLUT処理を改善し画質を向上 ・S-Log3出力に直接適用されるEIを変更 ・イーサネット/ Wi-Fiを介したLUT / ASC-CDLのコントロール ・17:9/16:9モニタリングのフルフレーム録画時にZoom to Fit(ズームトゥフィット)を追加 ・イーサネットコネクタの位置をカメラアシスタントパネルに変更 ・12V出力コネクタをLemoコネクタへ変更 ・内蔵マイク搭載 ・SDI 1/2からの12G-SDI出力時、SDI3/4からの3G-SDI(HD)同時出力に対応 『VENICE』の既存アクセサリとの互換性も持ち、VENICEエクステンションシステムは『VENICE 2』の6Kモデルで使用が可能です。 『VENICE 2 』の8Kモデル対応のエクステンションシステムは2023年初頭の発売を予定しています。

PLおよびEマウントに対応

デフォルトでPLマウントを搭載。PLマウント部を取り外すことによりEマウント(レバーロックタイプ)を使用することができます。Eマウントによりスチル系のレンズを使用することができ超広角レンズなど様々な個性を持ったレンズを使用することも可能となります。エクステンションシステム運用時など、Eマウントレンズを使用することにより、カメラモジュールの軽量化を図ることが可能です。

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる