商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

NEWS 記事一覧

オススメの鉄道記事を読む
オススメの野鳥記事を読む
オススメのポートレート記事を読む
オススメの風景記事を読む
オススメの動物記事を読む
オススメの星天体記事を読む
2021.12.15 記事更新

フォトグラファー 加藤 光 氏 光と影を追いかけて。
瞬間を逃さず表情豊かに捉えるα7C

軽量コンパクトなフルサイズモデルα7Cは、「カメラ機材はなるべくコンパクトにしたい」という加藤さんの願いを叶えるカメラ。今回はα7Cと単焦点レンズで撮影された作品を見ながら、機材の魅力や加藤さんの作品の世界観について伺いました。

α7C | FE 35mm F1.4 GM | FE 50mm F1.2 GM

詳しく見る
2021.12.2 記事更新

HVL-F60RM2、HVL-F46RM Debut
大光量を安定して発光し優れた信頼性を誇る電波式ワイヤレスフラッシュ

純正フラッシュならではのカメラ本体との通信により、大光量(HVL-F60RM2:GN60、HVL-F46RM:GN46)を安定して発光できるクリップオンフラッシュです。またカメラ本体との純正ならではの正確な通信により発光ごとの光量ばらつきを抑制することで、安定した光量での発光が可能です。

α1 | HVL-F60RM2 | HVL-F46RM

詳しく見る
2021.12.2 更新

写真家 瀧本幹也 氏 × α7 IV 写真展「PRIÈRE」
国指定重要文化財「大阪市中央公会堂」にて開催

2021年12月16日(木)から12月25日(土)まで、国指定重要文化財「大阪市中央公会堂」3F特別室にて、写真家・瀧本幹也氏による「祈り」をテーマにした写真展「PRIÈRE」を開催します。作品は、2021年12月2日(木)に発表されたソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」で撮りおろされた新作映像とプリント作品によって構成されます。

α7 IV

詳しく見る
2021.12.1 記事更新

ペトグラファー 小川晃代 氏 レンズ交換で広がるペット写真の楽しさ×小川 晃代
〜ペット写真でVLOGCAM ZV-E10使いこなし〜

VLOGCAM ZV-E10を見た時、その小ささと軽さにビックリしました!ペット撮影では被写体にグッと近づいて撮ることも多いのですが、そんな時も小型なカメラであれば彼らに威圧感を与えることなく自然な姿を写せます。

ZV-E10 | FE 24mm F2.8 G | FE 40mm F2.5 G | FE 50mm F2.5 G | E 16mm F2.8 | E 35mm F1.8 OSS

詳しく見る
2021.8.18 記事更新

写真家 山田芳文 氏 24mm〜600mmで描く日本の野鳥とα1の革新

写真家の山田芳文氏がCP+2021にてお話しいただいた内容や、発表作品をα Universe記事用に再編成。
野鳥との向き合いかたや独自の撮影法、最新機種「α1」で鳥を捉えたときのインプレッションなどをみなさまに伝えます。

α1 | α9 | α7R IV | α6400 | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS | FE 24mm F1.4 GM | FE 85mm F1.4 GM | FE 135mm F1.8 GM | FE 600mm F4 GM OSS

詳しく見る
2021.7.21 記事更新

自然写真家 寺沢孝毅 氏 α1で表現革命!
静止画・動画のコラボ表現新時代が到来

自然写真家の寺沢孝毅氏がCP+2021にてお話しいただいた内容や、発表作品をα Universe記事用に再構成。地元である北海道・天売島の野鳥たちをαシリーズで捉えた静止画と動画を織り交ぜながら、役に立ったカメラの機能などを語ります。

α1 | α9 II | α9 | α7R IV | α7S III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2021.7.14 記事更新

【αアカデミーオンライン校】
『カメラの使い方基本講座』を始め、撮影テクニックが学べる録画講座から、プロフォトグラファーによる撮影テクニックなどを幅広く学べるライブ配信講座まで、幅広いジャンルの講座を提供

この度、全国5カ所にあるαアカデミー校舎に加えて、新たに第6の校舎としてオンライン校を開校いたします。校舎に来られない方や、時間や場所を選ばず学びたいお客様向けに、無料で受講できる『カメラの使い方基本講座』を始め、カメラ・写真の基本が学べる録画講座から、プロフォトグラファーによる写真や動画の撮影テクニックを学べるライブ配信講座まで、幅広いジャンルの講座を提供いたします。

詳しく見る
2021.7.14 記事更新

写真家 井上浩輝 氏 驚きと発見の連続
〜フラッグシップフルサイズ一眼 α1〜

α1の静止画撮影における高画素化とAFのさらなる高性能化という2点の進化はめざましいものがあり、動物の撮影でもっとも頼りになるカメラになっています。また、8K 30pの動画撮影では、僕たちの視力を超えた迫力の映像を楽しむことができるようになりました。

α1 | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 400mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2021.7.14 記事更新

「α1」カメラグランプリ2021大賞を受賞!
3人の選考委員が「投票のホンネ」を語る
阿部秀之さん・熊切大輔さん・大村祐里子さんによる写真家座談会

「α1」の大賞受賞を受けて、デジカメWatchでは3名の写真家をお呼びして座談会を実施。3名ともカメラグランプリにおいて、「α1」に実際に得点を入れた外部選考委員だ。参加いただいたのは阿部秀之さん、大村祐里子さん、熊切大輔さん。彼らは「α1」をどう評価したのだろうか。

α1

詳しく見る
2021.7.7 記事更新

野生動物写真家 野口純一 氏 α9 II、α7S III、そしてα1で追い続けた
「野生の躍動と瞬間の姿」

野生動物写真家の野口純一氏がCP+2021にてお話しいただいた内容や、発表作品をαUniverse記事用に再構成。最新のフルサイズミラーレス一眼「α1」を中心に、このセミナーのために撮り下ろした作品を紹介しながら、野鳥撮影について語ります。

α1 | α9 II | α7S III | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 600mm F4 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2021.6.30 記事更新

カメラグランプリ2021 大賞受賞記念
α1愛用写真家たちのコメント集 第3弾
〜受賞モデルの魅力とは〜

2021年5月17日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2021」の各賞が発表された。今回、α1が大賞を受賞し、これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点から受賞モデルの魅力についてコメントをいただいた。

α1 | FE 85mm F1.4 GM | FE 400mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2021.6.30 記事更新

天体写真家 沼澤茂美氏 FE 14mm F1.8 GM × 天体写真家 沼澤茂美氏
「14mm F1.8が魅せる星空風景の深淵」

14mm F1.8のスペックのレンズが出ることを初めて知ったとき、これはまさに星空風景のためのレンズではないかと、興奮を隠せませんでした。広い画角とF1.8の明るさ、そして何よりもそのMTFデータの内容には驚かされました。開放での画角全面の画質の優秀さを示していたからです。

α1 | FE 14mm F1.8 GM

詳しく見る
2021.6.30 記事更新

カメラグランプリ2021 大賞・受賞
日本一のカメラに輝いたソニーα1とαシステムの力

CAPA 他の追従を許さないほどの圧倒的な性能により 「カメラグランプリ2021大賞」に輝いたソニー α1。止まることのない進化を続けるフルサイズミラーレスαシステムの強さはどこにあるのか?CAPA副編集長 福田祐一郎が語る

α1 | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2021.6.23 記事更新

カメラグランプリ2021 大賞受賞記念
α1愛用写真家たちのコメント集 第2弾
〜受賞モデルの魅力とは〜

2021年5月17日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2021」の各賞が発表された。今回、α1が大賞を受賞し、これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点から受賞モデルの魅力についてコメントをいただいた。

α1 | FE 12-24mm F2.8 GM | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS | FE 400mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2021.6.23 記事更新

写真家 福田健太郎 氏 FE 14mm F1.8 GM × 写真家 福田健太郎氏
「表現領域を広げる、新世紀レンズ」

ミラーレス専用設計レンズの最高峰G Master。本来両立しえない高い解像力ととろけるようなぼけ味。精度とスピードを兼ね備えたAF性能。静止画、動画を問わず、新たな映像体験を実現するために生まれたこのレンズはプロの現場にどのような革新をもたらすのか。今回は写真家・福田健太郎氏×FE 14mm F1.8 GM編。実際にFE 14mm F1.8 GMで撮影した静止画・動画作品とともに、このレンズについて語っていただいた。

α7R IV | α7S III | FE 14mm F1.8 GM

詳しく見る
2021.6.16 記事更新

カメラグランプリ2021 大賞受賞記念
α1愛用写真家たちのコメント集 第1弾
〜受賞モデルの魅力とは〜

2021年5月17日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2021」の各賞が発表された。今回、α1が大賞を受賞し、これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点から受賞モデルの魅力についてコメントをいただいた。

α1 | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
2021.6.9 記事更新

天体写真家 沼澤茂美 氏 Super Blood Moon 2021
〜α1、α7S III、α7R IV、α7R III、G Master で捉えた皆既月食〜

2021年5月26日の夕方から宵にかけて起きた皆既月食。今年最大の満月「スーパームーン」と月食のタイミングが重なったため、大きな話題となりました。
沼澤氏による、皆既月食の美しい動画と写真作品をお楽しみください。

α1 | α7R IV | α7S III | α7R III | FE 50mm F1.2 GM | FE 85mm F1.4 GM | FE 600mm F4 GM OSS | Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2021.6.9 記事更新

フォトグラファー 八木淳 氏 「α1」で創るスタジオポートレート
〜自然光編&ライティング編〜

フォトグラファーの八木淳氏がCP+2021にてお話しいただいた内容や、発表作品をαUniverse記事用に再構成。最新のフルサイズミラーレス一眼「α1」で、このセミナーのために撮り下ろした作品を紹介しながら、スタジオポートレートの極意を語ります。

α1 | FE 24-70mm F2.8 GM

詳しく見る
2021.5.19 記事更新

写真&映像…それぞれのクリエイターが「α7C」を語る!
フォトグラファー&ビデオグラファー対談 PART 3
Shabonさん・AUXOUTさん編

今回対談をお願いしたShabonさんとAUXOUTさんは、どちらも2021年2月25日(木)から28日(日)まで開催されるCP+2021 ONLINE ソニーブースに登壇されます。写真と動画それぞれの領域で、「α7C」についてどのような印象を抱いているのでしょうか。

α7C | FE 24mm F1.4 GM | FE 35mm F1.4 GM

詳しく見る
2021.5.12 記事更新

新時代のコンパクトなフルサイズミラーレス「α7C」
フォトグラファー&ビデオグラファー対談! PART 2
wacameraさん・DAIGENさん編

今回登場いただくのは、wacameraさんとDAIGENさん。登場以来フルサイズミラーレスのユーザーを広げ、今なお評価されているベーシックモデル「α7 III」をベースに、フルサイズミラーレスカメラとして世界最小最軽量※を実現した「α7C」。基本性能を落とすことなく、持ち出しやすいサイズになったフルサイズミラーレスカメラがもたらすものとは、一体なんでしょうか。

α7C | FE 20mm F1.8 G | FE 135mm F1.8 GM | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA | Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2021.4.28 記事更新

新時代のコンパクトなフルサイズミラーレス「α7C」
フォトグラファー&ビデオグラファー対談! PART 1
6151さん・Ryoya Takashimaさん編

登場以来フルサイズミラーレスのユーザーを広げ、今なお高い定評あるベーシックモデル「α7 III」をベースに、小型・軽量化に成功。フルサイズミラーレスの世界に、新たな可能性を問いかけてくれるニューモデルです。その使い勝手や実力はどのようなものでしょうか。このページでは2名のクリエイターに「α7C」を使っていただき、その印象をお聞きしました。

α7C | FE 24-70mm F2.8 GM | Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2021.4.20 記事更新

映像クリエイター Ussiy 氏 純正レンズはココが凄い「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」動画レビュー

映像クリエイターUssiy氏がフルサイズ用Eマウントレンズ「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」を動画レビュー。開放F1.8の明るさを生かしたぼけ感や使いやすい画角などこのレンズならではの特長から、純正レンズに共通する強みとして解像・AF・動画性能のパフォーマンスについて語っていただいた。

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2021.4.14 記事更新

ビデオグラファー DAIGEN 氏 純正が引き出す、αの真価。動画撮影におすすめのレンズ「FE 24mm F1.4 GM」動画レビュー

ビデオグラファーDAIGEN氏がご自身で購入したフルサイズ用Eマウントレンズ「FE 24mm F1.4 GM」を動画レビュー。Vlog撮影をはじめとする動画性能から、ポートレート・風景など写真作品撮りでの使用感について、純正レンズならではのパフォーマンスについて語っていただいた。

FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る
2021.4.7 記事更新

この強烈なハイスペックは何をもたらすのか?ソニー「α1」徹底討論
とどまることなく進化する“αワールド”を3名が熱く語る

デジカメ Watchではα1をテーマに、αに詳しい3名のプロによる座談会を実施。座談会に参加したのは、元アサヒカメラ編集者の猪狩友則さん、写真家の大村祐里子さん、同じく写真家の桃井一至さん。業界最先端のα1の圧倒的スペックが表現にどのような変化をもたらすのか。さらにはα1をフラッグシップとしたαシリーズの魅力はどこにあるのか。話は「αワールド全体」へと及んだ。

α1

詳しく見る
2021.3.31 記事更新

映像作家・映画監督 関根光才 氏 FX6の機動力と映像表現を生かし、短編作品を制作。ストーリーテリングで魅せる「不穏」な空気感

映画監督のほか、企業のCMや有名アーティストのミュージックビデオなどの映像作品を手掛ける関根光才氏が、FX6を使って短編作品を制作。作品のコンセプトをはじめ、実際に現場で使用した印象や、ストーリーテリングへのこだわりについても語ってもらった。

FX6

詳しく見る
2021.3.31 記事更新

映像作家・映画監督 山田智和 氏 FX6の機動力とAF性能がワンオペ撮影を可能に。「このカメラだから撮れるもの」で魅せる、優しい世界

有名ミュージシャンのMVを数多く手がけ、話題性のある作品を続々と世に送り出している気鋭の映像作家・山田智和氏。自身もカメラを回す山田氏が、今回はCinema LineカメラFX6を手に作品を制作。MVで魅せる表現とはひと味違った作品のコンセプトや、撮影で生きたカメラの性能、今後このカメラで撮ってみたいものなどを語ってもらった。

FX6

詳しく見る
2021.3.31 記事更新

シネマトグラファー 前田比都美 氏 α7S III 結婚式前撮り作品公開

ウエディングは人生の中でも大切なイベントのひとつ。ウエディングムービー制作の第一線で活躍する前田比都美氏は、新郎新婦や参列者が見せる心情の変化をていねいに拾い集めて1本の映像作品をつくり上げることを信条としている。限られた時間の中でテンポよく撮影しなければならないウエディングの撮影の現場で、α7S IIIに初めて見出した価値、表現できた映像世界についてお聞きした。

α7S III

詳しく見る
2021.3.24 記事更新

鉄道写真家 金盛正樹 氏 高解像の「α7R IV」と高感度の「α7S III」。
強みを生かした撮影で見えた鉄道写真の新たな視点

実物から模型まで「鉄道」と名の付くものは何でも撮影し、その魅力を長年に亘り伝えつづけている鉄道写真家の金盛正樹さん。今回は「α7R IV」と「α7S III」を使い、それぞれの特性を生かして実車と鉄道模型の両方を撮影。撮影で生きたカメラの機能、鉄道に対する今の思いなどを語っていただいた。

α7R IV | α7S III

詳しく見る
2021.3.24 記事更新

ウエディングビデオグラファー 次石悠一 氏 FE 35mm F1.4 GM
インプレッション
The Last Dance
〜花嫁が全身で表現する想いを捉えるレンズ〜

開放F値1.4から圧倒的な高解像性能と美しいぼけ描写を小型・軽量設計で実現。幅広いシーンで活躍する大口径広角単焦点レンズ FE 35mm F1.4 GM(SEL35F14GM)がラインアップ。ウエディングの映像制作の現場でこのレンズがどのような表現をもたらしたのか、ウエディングビデオグラファー 次石悠一氏に語ってもらった。

α7S III | FE 35mm F1.4 GM

詳しく見る
2021.3.3 記事更新

写真家 萩原れいこ 氏 南国風景写真女子
萩原れいこ at 志賀高原 Heart of Nature
第6回 目指せ!風景写真の達人

風景写真 FE 24-70mm F2.8 GMは、私の勝負の一本です。よく使用するレンズの焦点距離は、望遠、広角、標準とマクロの順番となるので、比較的活躍する機会が少ないのが標準レンズです。特徴が出にくく、どちらかというと平凡な画角の標準レンズを使いこなしてこそ、風景写真の達人と言えるのではないかと思っています。ソニーEマウント用の24-70mm域の標準ズームレンズはさまざまなものが販売されていますが、私がこのレンズを選んだのは、α7R IVが誇る高い解像感と階調表現を最大限発揮できる描写力であること、そして妥協のない美しいぼけ味が魅力的であることが決め手でした。

α7R IV | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 135mm F1.8 GM

詳しく見る
2021.2.24 記事更新

写真家 魚住誠一 氏 そのレンズが、世界を一変する
魚住誠一 with FE 35mm F1.4 GM

日本カメラ 大口径レンズで高い人気の焦点距離である35mm F1.4単焦点レンズラインアップに、高い解像力を誇り、ぼけ味も滑らかなG Masterが登場。写真家の魚住誠一さんは、このレンズは、大口径ながら小型で、AFの精度、速度ともにポートレートには最適だと語る。

α7R IV | FE 35mm F1.4 GM

詳しく見る
2021.2.10 記事更新

映像作家 鈴木佑介氏 FE C 16-35mm T3.1G インプレッション
〜ソニーが挑戦する“フルフレームシネマレンズの新要件”〜

シネマやドキュメンタリー、プロモーション映像などの幅広い映像制作用途に向けたフルサイズ対応の大口径広角ズームのシネマレンズFE C 16-35mm T3.1 G(SELC1635G)がラインアップ。
シネマレンズシリーズとしてEマウントレンズラインアップに加わった本レンズのインプレッションを映像作家鈴木佑介氏に語ってもらった。

FX6 | FE C 16-35mm T3.1G

詳しく見る
2021.1.28 記事更新

野生動物写真家 野口純一 そのレンズが、世界を一変する
野口純一 with FE 600mm F4 GM OSS

日本カメラ 大きく重いとされていたプロ用超望遠レンズのイメージを一新したソニーFE 600mm F4 GM OSS。今回はテレコンバーターとの組み合わせも含めて、その高い描写力、正確で速いAF性能などを中心に、使い心地を野生動物写真家の野口純一さんが語る。

α7S III | FE 600mm F4 GM OSS

詳しく見る
2021.1.27 記事更新

α1 Debut
THE ONE 新次元へ

高解像と圧倒的なスピードを高次元で両立する新開発有効約5010万画素メモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーと、従来比最大約8倍の高速処理が可能な新画像処理エンジン「BIONZ XR(ビオンズ エックスアール)」を採用。有効約5010万画素の高解像でありながら、ブラックアウトフリーで最高約30コマ/秒のAF/AE追随高速連写が可能となり、これまで撮り逃していたコマ間の一瞬の動きも、より確実に捉えることができます。

α1

詳しく見る
2021.1.20 記事更新

天体写真家 沼澤茂美氏 α7S IIIとG Masterによるふたご座流星群の動画撮影

流れ星(流星)は一瞬の輝きだ。明るいものでも輝いている時間は0.4秒〜0.8秒、しかも高速で動くので星を撮影するように光を蓄積して明るく明瞭に記録することが困難だ。星空を撮影中に明るい流れ星がフレーム内に出現しても、画像には何も写っていないのはそのような理由だ。

α7S III | FE 12-24mm F2.8 GM

詳しく見る
2021.1.14 記事更新

映像作家 鈴木佑介 氏 一眼動画との共存と脱却。Cinema Line「FX6」の真価
〜「Inter BEE 2020」オンラインセミナーを紐解く〜

毎年秋に幕張メッセで行われていた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE」。2020年はオンラインでの開催となり、ソニーからも多数のセミナーが配信された。FX6の真価について語ったのは、ソニーのミラーレス一眼カメラにも初期から精通し、FX9やα7シリーズ、α6400などをフレキシブルに使いこなしている映像作家の鈴木佑介氏。ここではセミナーを通して伝えたかったことや、FX6の魅力、FX6とα7S IIIの使い分けなどについて語ってもらった。

FX6

詳しく見る
2021.1.14 記事更新

映像作家 江夏 由洋 氏 映像クリエイターが見た
FX6とCinema Lineの魅力
〜「Inter BEE 2020」オンラインセミナーを紐解く〜

毎年秋に幕張メッセで行われていた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE」。2020年はオンラインでの開催となり、ソニーからも多数のセミナーが配信された。映像クリエイターとして過去にVENICEやFX9、α7S IIIの製品プロモーションにも関わった江夏由洋氏もセミナーに登壇。ここではセミナーを通して伝えたかったことや、FX6の魅力、Cinema Lineの付加価値などについてお聞きした。

FX6

詳しく見る
2021.1.14 記事更新

フォトグラファー/ビデオグラファー AUXOUT 氏 αを選択するクリエイターから見るCinema Line「FX6」の存在とは
〜「Inter BEE 2020」オンラインセミナーを紐解く〜

毎年秋に幕張メッセで行われていた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE」。2020年はオンラインでの開催となり、ソニーからも多数のセミナーが配信された。FX6の印象やソニーのカメララインアップについて語ったのは、シネマティックな作品を数多く手がけているαユーザー、AUXOUT氏。ここでは、一眼カメラとシネマカメラの違いや、AUXOUT氏がもつシネマカメラへの憧れ、セミナーで語り切れなかったFX6の魅力についてお聞きした。

FX6

詳しく見る
2020.12.23 記事更新

写真家 清家道子 氏 そのレンズが、世界を一変する
清家道子 with FE 12-24mm F2.8 GM

日本カメラ フルサイズ対応のズーム全域開放F値2.8通しのレンズとして最広角は12mmに達し、逆光耐性も高く、諸収差を徹底的に抑え、高画質を実現したソニー最高峰のレンズ「G Master」FE 12-24mm F2.8 GM。風景写真にはぴったりのレンズだと写真家の清家さんは語る。

α7R IV | FE 12-24mm F2.8 GM

詳しく見る
2020.12.23 記事更新

写真家 萩原れいこ氏 南国風景写真女子 萩原れいこ at 志賀高原
Heart of Nature 第5回
深い色をたたえた移りゆく季節

風景写真 志賀高原は私にさまざまな色を教えてくれます。ツタウルシの鮮烈な「紅の八塩」、青空を映す雪の「天色」、逆光に輝くシラカバの黄葉の「金糸雀色」、新緑の山肌の「若菜色」など、南国生まれの私が今まで知り得なかったさまざまな色と出合うことができました。言葉を知り思考を深めるように、色を知ることで感性が豊かになるような気がします。

α7R IV | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2020.12.23 記事更新

ビートないとー コンパクトなフルサイズα7C一台で写真も動画も思いのまま!

CAPA 世界最小・最軽量フルサイズミラーレス一眼カメラのソニーα7C。幅広い写真・ムービーファンからの熱い視線を集める今、新進気鋭の映像クリエーター、ビートないとー氏が南の島でのんびり、時々マジで使ってきた。「衝撃だった」と語る、その真意とは?

α7C | FE 24mm F1.4 GM | FE 20mm F1.8 G

詳しく見る
2020.12.18 記事更新

写真家 山本まりこ 世羅&宮島 α7Cで撮る動画撮影の旅

目の前に広がるのは、カラフルなダリアの花畑。ここは広島県世羅高原農場。見渡す限り一面にダリアの花が咲いている。私はお気に入りのダリアを探し、α7Cを構え、バリアングルの液晶画面をクルリと回してピントを合わせてシャッターを切る。カシャッ。トロリとしたぼけがなんて美しいのだろう。ダリアがより一層美しく輝いて見えるような気がする。

α7C | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2020.12.09 記事更新

トラベルフォトグラファー もろんのん 氏 被写体に恋して――
α7Cの軽快なフットワークで
拾い集める「心のときめき」

学生時代に独学でカメラを学び、今では空気感や物語性まで伝わるような印象的な作品を撮り続けているトラベルフォトグラファーのもろんのんさん。今回、写真友達との旅行に持って行ったのは、軽量コンパクトなフルサイズカメラα7C。カメラやレンズの魅力とともに、もろんのんさんが描く作品の世界観についても語ってもらった。

α7C | Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2020.11.18 記事更新

業界に押し寄せる変化の波。
αシステムが実現する自社での映像制作

映像をつくる時はプロに依頼するのが常識だったが、時代とともにその常識は変わりつつある。プロ仕様の機材を使わずとも高精細な映像が撮れるようになり、自分たちが扱える機材を選びさえすれば、映像制作も難しいことではなくなったからだ。デジタルトランスフォーメーションの「基盤」となるカスタマーデータプラットフォームを提供するトレジャーデータ株式会社も、自社での映像制作を実現。そのために選ばれた撮影機材はソニーαシリーズだった。

α7 III | α6400 | FE 70-200mm F4 G OSS | Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

詳しく見る
2020.11.4 記事更新

写真家 萩原れいこ氏 南国風景写真女子 萩原れいこ at 志賀高原
Heart of Nature 第4回
注目の超広角ズームで捉えた2020秋

風景写真 大きすぎて画角に入らなかった巨大な滝や天の川を、すっぽりと画面に収めることができる。16ミリ、14ミリでは見られない世界。「12ミリだからこそ」できるダイナミックな表現が存在し、その迫力は病みつきになります。

α7R IV | FE 12-24mm F2.8 GM

詳しく見る
2020.09.30 記事更新

Travel Photographer KYON.J 氏特集:CP+で届けたかった思い
「余計なことを考えずに、その瞬間だけに集中する
〜α7Rシリーズで切り取った世界の光」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのための撮り下ろした珠玉の作品群をご紹介します。今回は、α7Rシリーズを使って世界の絶景を撮りつづけているトラベルフォトグラファーのKYON.J氏が登場。カメラの進化とともに自身の撮影スタイルも変化してきたこと、そして、撮影時に頼りになるカメラの機能について語ります。

α7R IV | α7R III | α7R II | FE 12-24mm F4 G | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS

詳しく見る
2020.09.16 記事更新

最上もが × ooxoフルサイズミラーレスα7シリーズで撮る“鏡の世界”の裏側

PASHA STYLE Vol.6の巻頭を飾る「最上もが × ooxo × Sony」のPhotoコラボレーション。ボディにフルサイズミラーレス機Sony α7R IVとα7 IIIの2台、16mmから200mmまでの7本のレンズを準備し万全の体制で撮影に臨んだ。

α7R IV | α7 III | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 24mm F1.4 GM | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

詳しく見る
2020.09.15 記事更新

FE 28-60mm F4-5.6 Debut
自由にフルサイズの高画質を持ち運べる 世界最小・最軽量フルサイズEマウント用 標準ズームレンズ

世界最小・最軽量でありながらも撮影時に使用頻度の高い28-60mmの焦点距離をカバーし、高い光学性能で画面周辺までフルサイズならではの高解像を実現。αシリーズの高画質を引き出すことも可能な標準ズームレンズです。

α7C | FE 28-60mm F4-5.6

詳しく見る
2020.09.09 記事更新

写真家 佐藤健寿 氏特集:CP+で届けたかった思い
「α7R IVと旅する未知なる世界 〜サウジアラビア編」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのために撮り下ろした珠玉の作品群をご紹介します。今回は、これまでに120ヵ国以上を巡り、世界各地の不思議な光景を撮りつづけている写真家・佐藤健寿さんが登場。α7R IVを持って訪れたサウジアラビアへの旅について語ります。

α7R IV|FE 24-70mm F2.8 GM|FE 70-200mm F2.8 GM OSS

詳しく見る
2020.09.02 記事更新

最新のEマウントボディのAF機能をAマウントレンズユーザーに提供する
35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター
LA-EA5

35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター。EマウントカメラボディにすべてのAマウントレンズを装着が可能です。また、最新のEマウントボディ本体の像面位相差AF*3に対応し、リアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキング(搭載モデルのみ)のような高性能のAF機能を使用した撮影が可能で、決定的な瞬間を逃さずとらえられます。

α7R IV | Planar T* 85mm F1.4 ZA | LA-EA5

詳しく見る
2020.08.26 記事更新

天体写真家 沼澤茂美氏特集「そのレンズが、世界を一変する。」
天体写真家 沼澤茂美氏 × FE 12-24mm F2.8 GM

このレンズが発表された時期はちょうど夏の天の川のシーズンで、その長大な光の帯と地上風景とのかかわりを表現するには最適なレンズが誕生したと感じました。何しろ12mm〜24mm超広角ズームレンズでは世界初の開放F値2.8ですし、GMとして発売されるわけですから、開放からのパフォーマンスは間違いないだろうという期待感がありました。

α7R IV | FE 12-24mm F2.8 GM 12mm

詳しく見る
2020.08.26 記事更新

「グランツーリスモ」シリーズの実景表現を支える
αシリーズの解像感とリアリティー
自動車フォトグラファー 北畠主税 氏
ポリフォニー・デジタル 神崎浩 氏

息を呑む一瞬を追い求めてきた自動車フォトグラファーの北畠主税氏と、グランツーリスモの制作会社「ポリフォニー・デジタル」の神崎浩氏に、世界中のグランツーリスモユーザーを虜にする「スケープス」の魅力や、実景撮影にフルサイズミラーレスαシリーズを選んだ理由、撮影時のエピソードなどを語ってもらった。

α7R IV | α7R III

詳しく見る
2020.08.26 記事更新

写真家 萩原れいこ氏南国風景写真女子 萩原れいこ at 志賀高原
Heart of Nature 第3回
雲海パラダイス 渋峠のぞき

風景写真 志賀高原の素晴らしい朝景や夕景に出会うと、幸せに満ち溢れ、笑顔になれるから不思議です。人の目や感覚でしか感じられなかった繊細な美のオーラを、見事な臨場感で捉えられる時代になった。α7R IVを使うようになって、そう感じています。

α7R IV | FE 12-24mm F2.8 GM | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

詳しく見る
2020.08.19 記事更新

写真家 井上浩輝 氏「細かな要望にも応えてくれるレンズ」
井上浩輝氏×FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS の登場で、これまで諦めていた望遠域の撮影が可能になったことは、僕の飛行機撮影の自由度を格段に向上させました。」と語る井上氏。今回はカメラグランプリ2020にてレンズ賞を受賞したFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSで航空機を撮影してもらい、レンズの魅力について伺った。

α9 | α7R IV | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2020.08.05 記事更新

写真家 佐々木 豊 氏特集:CP+で届けたかった思い
「αで磨く、ヒコーキ写真テクニック」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのための撮り下ろした珠玉の作品群をご紹介します。今回は、光と影をテーマに航空機の作品を撮りつづけている佐々木豊氏が登場。高解像の「α7R IV」で捉えた印象的な作品を披露しながら、撮影時の状況やカメラとレンズの魅力について語ります。

α7R IV | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 600mm F4 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2020.07.29 記事更新

鉄道写真家 山下大祐 氏特集:CP+で届けたかった思い
「写真と動画で彩る鉄道写真の旅 with α7R IV」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのための撮り下ろした珠玉の作品群をご紹介します。今回は、美しい風景とともに撮影することで鉄道写真の新たな魅力を伝え続けている山下大祐氏が登場。「α7R IV」を持って出かけた四国への鉄道旅のほか、カメラの性能やレンズの魅力についても語ります。

α7R IV | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24-70mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2020.07.22 記事更新

天体写真家 沼澤茂美 氏特集:CP+で届けたかった思い
「天空の輝き・α7R IVの次元」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのために撮り下ろした作品も加えた 珠玉の作品群をご紹介します。今回は、天体写真家として多方面で活躍している沼澤茂美氏が登場。この1年で世界を飛び回り「α7R IV」を中心に撮影した幻想的な作品を見ながら、撮影状況やカメラの性能について語ります。

α7R IV | α7R III | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 24mm F1.4 GM | FE 400mm F2.8 GM OSS | FE 20mm F1.8 G | Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS | Planar T* FE 50mm F1.4 ZA | Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

詳しく見る
2020.07.15 記事更新

写真家 清家道子 氏特集:CP+で届けたかった思い
「α7R IVで撮る、愛する九州の風景」

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2020」。ここでは、ソニーブースのスペシャルセミナーで講師のみなさんが伝えたかった思いとともに、セミナーのために撮り下ろした珠玉の作品群をご紹介します。今回は、拠点である九州の風景を感性豊かに切り取る清家道子さんが「α7R IV」で撮影した作品を披露。自然風景をより印象的に写し撮るαの実力についても語ります。

α7R IV | FE 16-35mm F2.8 GM | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100mm F2.8 STF GM OSS | FE 24-105mm F4 G OSS

詳しく見る
2020.07.08 記事更新

カメラグランプリ2020
3冠受賞記念
愛用写真家たちのコメント集 第3弾
〜受賞モデルの魅力とは〜

2020年5月18日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2020」の各賞が発表された。今回、『α7R IV』が「大賞」と「あなたが選ぶベストカメラ賞」、『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』が「レンズ賞」を受賞。ソニーとして初の3冠を受賞し、これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点から受賞モデルの魅力についてコメントをもらった。

α7R IV | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

詳しく見る
2020.07.08 記事更新

特集:CP+で届けたかった思い
「αcafe第9回スペシャルフォトコンテスト作品講評」
清家道子 氏、舞山秀一 氏、山本まりこ 氏

残念ながら中止になってしまったカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2020」。ソニーブースでは「αcafe第9回スペシャルフォトコンテスト」の作品講評が実施される予定でした。今回、審査員の清家道子氏、舞山秀一氏、山本まりこ氏による総評のほか、惜しくもあと一歩で受賞を逃した作品の講評をαUniverse特別版としてお届けします。

詳しく見る
2020.07.01 記事更新

カメラグランプリ2020
3冠受賞記念
愛用写真家たちのコメント集 第2弾
〜受賞モデルの魅力とは〜

2020年5月18日、カメラ記者クラブが主催する「カメラグランプリ2020」の各賞が発表された。今回、『α7R IV』が「大賞」と「あなたが選ぶベストカメラ賞」、『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』が「レンズ賞」を受賞。ソニーとして初の3冠を受賞し、これに伴い届いた著名写真家たちの祝福の声と、各々の視点から受賞モデルの魅力についてコメントをもらった。

α9 II | α7R IV | FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS | FE 70-200mm F2.8 GM OSS | FE 24mm F1.4 GM

詳しく見る