法人のお客様ラージセンサーカメラPMW-F5特長
特長

4K Super35mm相当 CMOSイメージセンサー搭載

総画素 約1160万画素、有効画素 約890万画素のSuper 35mm相当CMOSイメージセンサーを搭載。ISO2000(F5)、ISO1250(F55)(ともにS-Log2時)の高感度(*)とトータル14stopの広いラチチュードを実現しました。

* F55はカラーフィルターの特性をF65と合せることにより、より高い色再現性を実現しており、そのため感度特性がF5と異なります

マルチフォーマット

XAVC、MPEG-4 SStP(*1)、MPEG HD422と3種類のフォーマットに対応し、バジェットやワークフローなど用途に合わせたフォーマットの選択が可能です。XAVCは制作用途に適した4:2:2、10bit、イントラフレーム圧縮を採用し、HD 29.97p時:約100Mbpsのビットレートを持つ、新しいフォーマットです。ソニー独自の圧縮技術により高画質を実現しています。映像は高い信頼性を誇るSxSメモリーカードで収録。ハイフレームレート撮影に必要な大容量データの高速書き込みに対応するため、最低書き込み速度1.3Gbpsを実現したSxS PRO+(エス・バイ・エス・プロプラス)(*2)を新たにラインアップしました。また別売のRAWレコーダー AXS-R5とダイレクト接続することにより16bitリニアRAWで収録することも可能です。(*3)

*1 MPEG-4 SStPは将来のファームアップ(2013年度第2四半期リリース予定)にて対応予定
*2 XAVCおよびMPEG-4 SStPはSxS PRO+にて収録します
*3 別売のAXSメモリーカードにて収録します

16ビット リニアRAW収録

F55/F5とダイレクトドッキングが可能な別売のRAWレコーダー AXS-R5と組み合わせることにより16bitリニアRAWでの4K/2K収録にも対応。16ビットの広い諧調を活かして本格的なグレーディング作業に対応することができます。RAWファイルは2.4Gbpsの高速書き込み速度とファイルシステムに一般的なexFATを採用することによりPC環境との高い親和性を実現したAXSメモリーカードに収録します。

※ 2Kはファームアップ(2013年度第2四半期リリース予定)にて対応予定でS&Q専用となります

対応コーデック

*1 ファームアップ(2013年度第2四半期リリース予定)にて対応予定
*2 ファームアップ(2013年12月末リリース予定)にて対応予定

印象的なスロー映像を実現するHFR撮影機能

スロー&クイックモーション(S&Q)機能

撮像フレームレートを変えることのできるS&Q機能を搭載。2K RAW収録時、HD XAVC収録時ともに最大120fps。4K RAW収録時で最大60fpsでの撮像が可能。2K RAW時に23.98p収録であれば最大5倍のスローモーション撮影が可能です。

※ S&Qで選択できるコマ数はファームアップにて段階的に対応します。また59.94p収録は発売時より可能です
※ RAW収録には別売のRAWレコーダー AXS-R5が必要です
※ 4K記録でのスローモーション撮影時に4K出力映像(SDI/HDMI)が乱れる場合があります。(記録映像には影響ありません)

同時収録

パラレルレコーディング

RAWレコーダーで4K RAW記録をしながら、本体のSxSメモリーカードにXAVCやMPEG HD422でHD記録を行うなど、オフライン編集を意識した同時記録を行うことができ、効率的なワークフローの構築が可能です。

PMW-F55/F5のために開発された新しいアクセサリー群

PMW-F55/F5の発売に合わせて、数多くのアクセサリー群も同時開発。
トータルシステムでPMW-F55/F5を強力にサポートします。

フォーマットサポート

多くのベンダーがXAVCのサポートを表明。今後、ノンリニア編集ソフトウェア、カラーグレーディングシステム等においても制作環境の充実が予定されています。
また、ソニー製ソフトウェアRAW ViewerやContent BrowserもRAWおよびXAVCファイルのビューイングに対応を予定しています。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
ラージセンサーカメラ サイトマップ
ラージセンサーカメラ
ラージセンサーカメラ
ラージセンサーカメラ アクセサリー