法人のお客様 クラウド制作プラットフォーム Creators' Cloud C3 Portal

クラウドカメラポータル

C3 Portal

従来のメディア連携から
メディアレスでの素材伝送へ。
プレビュー・共有フローの常識が変わります。

C3 Portal

紹介動画

素材伝送の即時性を追求し映像制作ワークフローを一新するC3 Portal

 

>動画の内容テキストはこちら

概要

C3 Portal(シースリーポータル)は、 XDCAM airで得られた知見・フィードバックから生まれた、パブリッククラウド型のカメラポータルです。現場で撮影した収録素材を、スマートフォンを介して効率的にクラウドへ転送できるなど、映像制作の迅速化をサポートする一連の機能を搭載しています。
C3 Portalはパッケージソリューション(SaaS*1)のため、システム構築作業や定期的なアップデート・メンテナンスは不要です。デバイスライセンスにより、接続できるカメラの台数をフレキシブルに拡張できます。

従来はカメラ1台につき高価な送信機が必要なフローがお手元のスマートフォン*2で可能になります。
C3 Portalを導入するだけで、セキュアかつ安価に利用できます。

* 1 SaaS = Software as a Serviceの略
* 2 Android™ 10, 11以降、iOS 14以降対応

C3 Portalでできること

概要

スマートフォンとアプリケーションを活用した迅速なクラウド接続

C3 Portalは、映像制作のワークフローを一新するサービスです。

スマートフォン用アプリケーションC3 Portal App*1にログイン後、対応カメラ*2をUSB接続することで、クラウドとの接続が確立されます。収録素材は、スマートフォンを経由して自動的にクラウドへ転送されます。カメラのLCDモニター上に表示されたQRコードをC3 Portal Appで読み取る*3だけで、迅速かつ簡単にクラウドとの接続が可能です。

また、スマートフォンの内蔵カメラを中継用カメラとして使用できるアプリケーションXDCAM pocketをサポートしています。ソニーのプロフェッショナル向け5Gミリ波帯対応のXperia PROと組み合わせた場合、HDMI入力からのストリーミングが可能です。

*1 Android™ 10, 11以降、iOS 14以降対応。Google Play、App Storeで提供しています
*2 XDCAM™ メモリーカムコーダーPXW-Z280、Cinema Lineカメラ FX9・FX6、XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750・PXW-Z450・PXW-X400・PXW-X500で対応。Cinema Lineカメラ FX9での利用時には、拡張ユニットXDCA-FX9が必要です
*3 Cinema Lineカメラ FX9・FX6、PXW-Z280で対応。XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750・PXW-Z450・PXW-X400は2022年11月下旬に実施予定のファームウェアアップデートで対応します

スマートフォン用アプリケーション「C3 Portal App」

スマートフォン用アプリケーション
「C3 Portal App」のイメージ

QR コードによる簡単カメラ設定&スマートフォン接続

QR コードによる簡単カメラ設定&スマートフォン接続

主な特長

1.収録素材の高速転送と効率的なワークフロー

MMLT拡張ライセンスをプラスすると、5Gを含む複数のモバイル回線を活用したアルゴリズム「マルチ・モバイル・リンク・トランスファー(MMLT)*1」により、ファイルのアップロードを高速化できます。

カメラからのファイル転送はバックグラウンドで行われるため、カメラマンは個別に転送操作を行う必要がなく、撮影に集中できます。また、カメラからスマートフォンへのファイル転送は高速なUSB接続で即座に終わります。撮影終了後、速やかにスマートフォンをカメラから取り外せば、直ぐに移動ができます。

C3 Portal App 経由でのファイル転送

C3 Portal App 経由でのファイル転送の概念図

C3 Portal App*3を使用して移動中の空き時間にプレビューやファイル転送を継続することもできます。チャンク形式でのプロキシクリップの収録にも対応しているため、撮影中クリップのファイル転送も可能*4です。撮影現場のカメラの遠隔制御にも対応*2しており、録画の開始・停止のほか、絞りやフォーカス、ズーム、ホワイトバランスの調整、カメラ設定のバックアップや書き戻しが可能です。

収録素材を高速転送できることで撮影現場の効率化につながります。

*1 Androidのみ対応。オプションです
*2 Cinema LineカメラFX9・FX6、PXW-Z280に対応
*3 Android™ 10, 11以降、iOS 14以降対応。Google Play、App Storeで提供しています
*4 XDCAM™ メモリーカムコーダーPXW-Z280、Cinema Lineカメラ FX9・FX6、XDCAMショルダーカムコーダーPXW-Z750・PXW-Z450・PXW-X400・PXW-X500で対応。Cinema Lineカメラ FX9での利用時には、拡張ユニットXDCA-FX9が必要です

高速化アルゴリズム「MMLT*5」- 概要

マルチ・モバイル・リンク・トランスファー(MMLT)の概念図

2.メタデータとAIによる効率的なコンテンツ管理

取材/収録項目名・記者/ディレクター名・カメラマン名などのストーリーメタデータを撮影されたクリップと紐付けることにより、クラウド上にメタデータを持つフォルダーが自動的に作成され、ファイル転送されます。 転送されたクリップはフォルダーのメタデータとリンクされた状態で管理されるため、個別にメタデータ入力を行うことなく、効率的なコンテンツ整理が行えます。

メタデータの入力タイミング / クラウド上での素材管理の概念図

メタデータの入力タイミング / クラウド上での素材管理の概念図

C3 Portal の画面イメージ

C3 Portal の画面イメージ

メタデータは、撮影中や撮影前後を問わず、C3 Portal Appで入力・編集することが可能なため、現場のカメラクルーやスタッフが撮影内容を入力する際や、重要なポイントや制限事項を申し送りする際にも活用できます。また、ソニーのAIプラットフォームA2 Productionと連携すると、音声認識エンジンにより、クラウド上に転送されたコンテンツの音声を自動でテキストとして文字起こしを行うことも可能です。文字起こしされたテキストは、撮影素材の内容チェックや検索などに活用できるほか、メタデータとして出力することもできます。

*従量課金制になります

3.撮影中の映像ファイルの先行編集*

チャンク形式で転送されている撮影中の映像ファイルは、C3 Portalでプレビューできます。IN/OUT点を指定して、新規クリップとして切り出したり、プロキシクリップで先行編集を行うことも可能です。プロキシクリップでの先行編集の結果はカットリストとして出力し、同時収録されたハイレゾクリップとの再リンクが可能であるため、現場で撮影しながら迅速に編集作業をスタートできます。

*Cinema LineカメラFX9・FX6、PXW-Z280に対応

撮影中クリップのファイル転送(チャンク形式のプロキシ転送)の概念図

撮影中クリップのファイル転送(チャンク形式のプロキシ転送)の概念図

4.報道支援システム / Media Backbone報道ソリューションと連携

報道支援システム / Media Backbone報道ソリューションと連携*するために、ソニーのMedia Backbone報道ソリューションNews MAMに加えて、ニシコンの報道支援システムJaprsとの連携も可能です。
将来のバージョンアップでの対応を検討しており、今後ものニーズに合わせたソリューションを追求します。

*将来のバージョンアップでの対応を検討しています

C3 Portalの運用イメージ

C3 Portalの運用イメージ
デモ・トライアル依頼/お問い合わせはこちら

※これより先は、当社が委託した
株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。