商品情報・ストアコンポーネントオーディオSA-CS9特長
特長

SA-CS9は、CSシリーズを使ったマルチチャンネル環境を構築、あるいはステレオ再生時の低域を補強するためのサブウーファーです。コンパクトなサイズでありながら、音楽に深みを与え、映画の迫力ある低音を再現します。

250mmのウーファーユニット
250mmのウーファーユニット
ソニー独自のMRC(発泡マイカ)
ソニー独自のMRC(発泡マイカ)

ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を採用した、250mmのウーファーユニット

力強く、クリアでありながら豊な低音を実現するウーファーユニットには、ソニー独自の「MRC(発泡マイカ)」素材を振動板に採用。マイカフレークを発泡セル状に成型し、パルプや合成繊維を配合することで、軽量、高剛性かつ適度な内部損失を備えた特性を実現。また振動板のベース材と表層を異なる種類のMRCを組み合わせる2層抄紙(しょうし)技術を採用。立ち上がり良く力強い低音のためにベース材には発泡倍率が高く軽量で剛性の高い第一世代MRCを使用し、表層の素材には発泡倍率が低くしなやかで素直な音質の第二世代MRCを配置することにより、SS-CS3、CS5、CS8と組み合わせた際の音色の統一に配慮しています。

高品位なオーディオパーツを採用した内蔵アンプ

最大出力 115Wの内蔵アンプには、エントリークラスながら高品位なオーディオパーツを使用。AVアンプのプリアウトから出力されたサブウーファーチャンネルの信号をロスすることなく再生します。また振動に対してデリケートな電気回路をキャビネットの外に配置することでエンクロージャ内部の高い圧力から解放し、クリアで力強いサウンドを実現しています。さらに、スピーカー入力端子を備えており、ステレオ再生時の低音補強にもお使いいただけます。

力強い低音をうけとめるエンクロージャー

SA-CS9では、深みのある低音を再現するために、バスレフ方式のエンクロージャーを採用しています。MRC振動板のウーファーユニットによる力強いキレのある低音と相まって、より迫力のある低音を再生します。また、エンクロージャーの不用な振動による音の濁りを抑え、ユニットが発生するエネルギーに負けることのない強いキャビネットを実現するために、バッフル板、エンクロージャーともに十分な厚みを持つMDF材を使用することで基本的な強度を確保しています。さらに、入念な検討と試聴を繰り返し、13箇所もの補強を施してエンクロージャー剛性を高めています。

ソニーストアで購入すると
18,500 円+税

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
コンポーネントオーディオ サイトマップ
コンポーネントオーディオ
HDDオーディオプレーヤー
ステレオアンプ
マルチチャンネルインテグレートアンプ
スーパーオーディオCDプレーヤー
レコードプレーヤー
ヘッドホンアンプ