商品情報・ストアブラビア わが家で実現!憧れの壁掛けテレビ

わが家で実現!憧れの壁掛けテレビ実例ビフォー&アフター【実例を見る】 わが家で実現!憧れの壁掛けテレビ実例ビフォー&アフター【実例を見る】

壁掛けに対応したテレビが続々と登場中。これにともない、テレビを壁掛けにする人は着実に増えつつあります。でもいざ壁掛けテレビにするとなるといろいろと不安が・・・という人がまだまだ多いことも事実。
そこで、テレビの壁掛けに関する不明点や不安を解消すべく、4つのメニューをご用意しました。壁掛けをお考えの方もそうでない方もぜひご一読ください。テレビを壁掛けにするのは「今」が絶好のタイミングかもしれません。

①あらためて考えてみました「テレビを壁掛けにするメリットって何?」①あらためて考えてみました「テレビを壁掛けにするメリットって何?」

  • 1.お部屋がスッキリ・スタイリッシュ1.お部屋がスッキリ・スタイリッシュ
    • テレビ台を置く必要がないので、今までになかったスペースが確保できる
    • まるで壁に絵画を飾るかのような佇まいでスッキリと設置できる
  • 2.壁から浮かび上がるような映像に入り込める2.壁から浮かび上がるような映像に入り込める
    • 壁との距離が近くなることで、映像が壁から浮かび上がるような一体感が出る
    • 配線が目立たずリビング空間に調和するデザイン性により、映像に集中できる
  • 3.子どもやペットが触らないので安心3.子どもやペットが触らないので安心
    • 設置する場所や高さを、目的や好みに応じて選ぶことができる
    • テレビの画面やスタンドに指紋がつかないので、お掃除がスムーズにできる
※画像はイメージです

②実際にテレビを壁掛けにしたお客様に聞きました「テレビを壁掛けにした理由や感想を教えて!」②実際にテレビを壁掛けにしたお客様に聞きました「テレビを壁掛けにした理由や感想を教えて!」

「壁掛けテレビはカッコイイのでわが家も壁掛けにしたい!でも、みんなはどのように壁掛けにしてるの?実際に壁掛けしてみて良かったの?」そんなふうに思われている方は多いのではないでしょうか。そこで、実際にテレビを壁掛けにしたお客様に、壁掛け実施前後の写真と壁掛けにした理由や感想をいただきました。

<実例ビフォー&アフター>実例1…30代・マンション「自分の家のリビングとは思えないくらい素晴らしい!」<実例ビフォー&アフター>実例1…30代・マンション「自分の家のリビングとは思えないくらい素晴らしい!」

[左]ビフォー[右]アフター[上]Before[下]after

テレビを設置していなかった場所に、テレビを壁掛け設置
※設置のテレビはKJ-55X9000Cです
  • なぜ壁掛けにしたのか?
    リビングを広く使いたく、テレビを壁掛けにすれば場所を取らないと考えました
  • 壁掛けを実施するまでに心配だったことは?
    壁掛けを検討していた壁が部屋と部屋の間仕切りの壁だったため、強度の面でとても不安だった
  • 実際にテレビを壁掛けにしてみた感想は?
    しっかり壁も補強してくれ、仕上がりもとても綺麗で大変満足しています。テレビ自体が薄いこともあるが、とてもインテリア性が高く自分の家のリビングと思えないくらい素晴らしい

<実例ビフォー&アフター>実例2…60代・戸建「テレビが宙に浮いているようで想像以上に良い!」<実例ビフォー&アフター>実例2…60代・戸建「テレビが宙に浮いているようで想像以上に良い!」

[左]ビフォー[右]アフター[上]Before[下]after

※設置のテレビはKJ-65X9000Cです
  • なぜ壁掛けにしたのか?
    シアタールームのレイアウトをスッキリさせたかった
  • 壁掛けを実施するまでに心配だったことは?
    壁が間仕切り壁だったので重量面から壁掛けできないと思っていた。また、配線はスッキリさせたかったが、テレビの下から見えてしまってもあきらめるしかないと考えていた
  • 実際にテレビを壁掛けにしてみた感想は?
    補強のやり方や強度を事前に説明してもらって納得できた。懸念していた配線も隠ぺい処理をしてもらえたことで、テレビが宙に浮いているようで想像以上に良い

<実例ビフォー&アフター>実例3…50代・マンション「インテリアとしての見た目もよく、もっと壁掛けが一般的になれば良いのに…」<実例ビフォー&アフター>実例3…50代・マンション「インテリアとしての見た目もよく、もっと壁掛けが一般的になれば良いのに…」

[左]ビフォー[右]アフター[上]Before[下]after

※設置のテレビはKJ-65X9000C、ホームシアターシステムはHT-ST9です
  • なぜ壁掛けにしたのか?
    そもそも壁掛けという発想がなかったが、X9000Cを店頭で見て、こんなに薄い機種であれば是非壁掛けしたいと考えました
  • 壁掛けを実施するまでに心配だったことは?
    壁の強度が大丈夫なのか、ケーブルがどのように納まるかよく分からなかったので不安でした
  • 実際にテレビを壁掛けにしてみた感想は?
    手持ちのパンフレットのようにしてほしいとお願いしたままに工事してもらえて大変満足です。インテリアとしての見た目もよくもっと壁掛けが一般的になれば良いのにと思います
ソニーストアの壁掛け設置パックなら
強度が不安な間仕切りの壁でも耐震試験をクリアした独自工法で補強したり、乱雑なりがちな配線も隠ぺい処理ですっきり見せる設置が可能です。壁掛けについてわからないことがあれば、ソニーストア直営店舗のスタイリストにご相談ください。訪問でアドバイスも行っております。

③壁掛け施工の専門家に質問しました「壁掛けについて、ここが知りたい!」③壁掛け施工の専門家に質問しました「壁掛けについて、ここが知りたい!」

壁掛けテレビはいろいろなメリットがありますが、不安もありますよね。そこで、壁掛けに対してお客様が感じている疑問や不安をピックアップ。よくある質問への回答をまとめました。参考にしてみてください。

掲載内容は一例です。お客様のご希望や設置業者により異なります。

テレビを壁掛けにする時には、どんな作業をするの?[回答を見る▼]
A
壁の種類や状況、お客様のご希望によって異なりますが、壁に壁掛け用の専用金具を取り付け、そこにテレビを取り付ける、という作業になります。詳しくは以下の動画でご説明しています。作業自体は、施工会社に依頼するのが一般的ですが、ご自分で設置される方もいらっしゃいます。

サポート情報、取扱説明書もご確認ください

※この動画は、あらかじめ壁掛け用に強化をした壁に取り付けております。壁掛け用に強化をしていない壁に、同じ方法で取り付けをすると脱落・破損の原因となりますのでご注意ください。壁の強化については壁掛け取り付けの施工会社にお問い合わせください。

テレビを壁掛けにする場合、施工の流れはどのようになるの?[回答を見る▼]
A
一般的にテレビを壁に取り付けるにあたって、まずは設置場所の状況や、お客様のご希望を確認するために施工会社が下見をします。事前準備として工事までにテレビと壁掛け用の金具、接続する周辺機器と接続ケーブル類の用意をします。電源やアンテナからテレビまでの距離が遠い場合、さらに延長電源ケーブルや延長アンテナケーブルが必要になり、施工会社や状況によっては、有料での延長処理になることも。石膏ボードの壁(Q2を参照ください)の場合、強度が不足していますので、多くの場合壁の補強が必要になります。補強完了後、壁掛け用の金具を取り付けてからテレビを金具に取り付けます。 配線が気になる場合は、ケーブルを壁の中に隠すなどの配線処理まで行って工事完了です。状況にもよりますが、壁の補強なども行う場合、1〜3日かけて施工を行うのが一般的です。施工の流れ施工の流れ

ソニーストアの壁掛け設置パックなら

基本定額料金&下見なしで壁掛け設置が可能。さらに、すべての施工を2〜3時間で対応できます。
もっと詳しく見る

どのような壁であればテレビを取り付けられるでしょうか?[回答を見る▼]
A
多くの壁に取り付けることが可能です(土壁や特別な壁を除く)。一般的な家の壁は石膏ボードでできていますが、石膏ボードの壁はテレビを取り付けるには強度が不足しているため壁の補強が必要になります。
<自宅の壁の種類の確認方法>左:画びょうを刺して白い粉が付くようであれば石膏ボードの可能性が高い、中:画びょうを刺して白い粉が付かない場合は木壁の可能性が高い、右:壁を叩いてあまり響かない「コンコン」という硬い音であればコンクリートの壁の可能性が高い左:画びょうを刺して白い粉が付くようであれば石膏ボードの可能性が高い、中:画びょうを刺して白い粉が付かない場合は木壁の可能性が高い、右:壁を叩いてあまり響かない「コンコン」という硬い音であればコンクリートの壁の可能性が高い ※画像はイメージです
テレビに接続している配線を隠すことはできるの?[回答を見る▼]
A
テレビには電源コードやアンテナなどのケーブル類を接続しますが、そのまま接続すると配線が壁面に見えてしまうので、気になる場合は配線を隠す工事が必要になります。
例えば、石膏ボードの壁の場合は壁の中にある隙間を利用して、テレビに隠れる位置に穴を開け、ケーブルをその穴から壁の中に入れてから真下に落とし、床付近から壁の表側に出します。これを隠ぺい処理と言います。
横方向は壁を貫通できません(一般的に壁の中は縦方向に数本の柱が通っていて壊すことができません)ので、多くの場合は、モールというプラスチックのカバーで配線を隠します。コンクリート壁などは壁の中に隙間がありませんので、縦方向もすべてモールでの処理になるのが一般的です。モールの色を壁紙の色に近いものにすることで、なるべく目立たないように処理することができます。 左:正面から見たイメージ(隠ぺい処理を含む)、右:横から見たイメージ(隠ぺい処理を含む)左:正面から見たイメージ(隠ぺい処理を含む)、右:横から見たイメージ(隠ぺい処理を含む) ※画像はイメージです

ソニーストアの壁掛け設置パックなら…

隠ぺい処理は定額料金内で対応いたします。モール処理の場合も壁紙に近い色で、目立たず処理できます。
もっと詳しく見る

レコーダーやホームシアターシステムは一般的にどのように設置されていますか?[回答を見る▼]
A
テレビ台がある場合はテレビ台の上にホームシアターシステム、テレビ台の中にレコーダーを置かれる方が多いようです。テレビ台の位置は、配線を延ばせばテレビの下でなくても良くなりますので、お部屋の邪魔にならないところに移動できます。なお、「ソニールームリンク」に対応したレコーダーとテレビをホームネットワーク接続することで、別の部屋に置いているレコーダーに録画した番組を、壁掛けテレビで楽しむことができます。
なお、ホームシアターシステムは壁掛けにされるお客様もいらっしゃいます。(ホームシアターシステムを壁掛けする場合は別途費用がかかります)テレビ台がある場合はテレビ台の上にホームシアターシステム、テレビ台の中にレコーダーを置かれる方が多いようです(イメージ)テレビ台がある場合はテレビ台の上にホームシアターシステム、テレビ台の中にレコーダーを置かれる方が多いようです(イメージ) ※画像はイメージです →「ソニールームリンク」について詳しくはこちら
概算費用はどれくらいですか?[回答を見る▼]
A
壁に掛けるTVのサイズや壁の状況などによって変化するので現地見積をとるのが一般的です。
ソニーストアであれば面倒な現地見積が不要でテレビの壁掛け工事を行います。

ソニーストアの壁掛け設置パックなら…

[壁の補強が不要な場合] 43,000円+税(42型以下の場合)〜となります。
[壁の補強が必要な場合] 60,000円+税(42型以下の場合)〜となります。
もっと詳しく見る

テレビが落下しないか不安ですが、どの程度の揺れに耐えられるのでしょうか?[回答を見る▼]
A
施行方法によりますが、ソニーストアの壁掛け設置パックをご利用いただいた場合、施工するアースクリーン株式会社では、石膏ボードに補強をして壁掛けした状態でさまざまな試験を行っています。
●垂直荷重試験:536kg クリア!
●耐震試験:震度7相当 クリア!
テレビを壁掛けする位置は一般的にどのくらいが良いですか?[回答を見る▼]
A
テレビを視聴される環境やお客様の好みによりますが、一般的にはテレビを見るために腰かけた際の目の高さかそれより若干低めが、楽に視聴できる位置として好まれているようです。 実際の施工の際に、お客様のご希望を伺いながら設置位置を決定できます。一般的には腰かけた際の目の高さかそれより若干低めが、楽に視聴できる位置(イメージ)一般的には腰かけた際の目の高さかそれより若干低めが、楽に視聴できる位置(イメージ) ※画像はイメージです
部屋のレイアウト変更などで壁を元に戻したい場合はどうすればいいの?[回答を見る▼]
A
レイアウト変更などで壁を元に戻したい場合は、壁掛け用の金具で空いたネジ穴などを、パテ(塗料)埋めしてからクロス(壁紙)の張り替えをしていただくことで壁掛け前の状態にすることができます。クロスの張り替えは専門の業者にご依頼ください。専門業者にテレビを取りはずしてもらう→壁の中に入れていたケーブル類を取り出す→壁のクロスを張り替えて穴をふさぐ専門業者にテレビを取りはずしてもらう→壁の中に入れていたケーブル類を取り出す→壁のクロスを張り替えて穴をふさぐ ※画像はイメージです

④壁掛けにおすすめのテレビはこれ「壁から本体前面までの距離がわずか約36.7mm*の4KブラビアX9300Dシリーズ」④壁掛けにおすすめのテレビはこれ「壁から本体前面までの距離がわずか約36.7mm*の4KブラビアX9300Dシリーズ」

すっきりとした壁掛けスタイルを実現し、テレビのあり方が変わる

4KブラビアX9300Dシリーズは、壁掛け時に壁から本体前面までの距離が約36.7mm*に抑えられ、壁との美しい一体感を演出します。リビングの心地よい環境に調和する美しい佇まいで、よりいっそう映像に入り込めます。
さらに薄さだけでなく、忠実なコントラスト表現の両立を実現するためソニーが独自に開発した「Slim Backlight Drive(スリムバックライトドライブ)」を搭載。バックライトの光を緻密(ちみつ)にコントロールし、明暗のくっきりとした描写が可能に。映像のリアリティーをよりいっそう高めます。さらに、「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」との連携でさらに高いコントラストを再現。つややかな輝きのある映像を描きだします。
*別売の壁掛けユニット 『SU-WL805』(65V型)・『SU-WL800』(55V型)でコンクリート壁用壁掛けブラケット使用時

液晶テレビ 4Kブラビア X9300Dシリーズ

ソニー独自技術とHDR対応により、映像の輝きと高コントラストを実現する高画質&薄型4Kモデル
―スリムな壁掛けも可能な壁ピタ設計―

65v型 55v型

商品情報

壁掛けスタイルイメージ

別売の壁掛けユニット 写真 ①U字型壁掛け金具、②コンクリート壁用壁掛けブラケット、③木柱壁用壁掛けブラケット

  • SU-WL805オープン価格

    対応モデル:KJ-65X9300D
    商品情報
  • SU-WL800オープン価格

    対応モデル:KJ-55X9300D
    商品情報

  • KJ-65X8500D
    *別売の壁掛けユニットSU-WL450で標準壁掛け時

  • KJ-65X9300D
    *別売の壁掛けユニットSU-WL805でコンクリート壁用壁掛けブラケット使用時
※ビデオ入力/コンポーネント入力端子等を使用する場合は、別売りの壁掛けユニットSU-WL450をご使用ください 画像はイメージです

別売 壁掛けユニットSU-WL805/WL800/WL450の取付方法(X9300Dシリーズの場合)

壁掛け対応ブラビア ラインアップ ※壁掛けを行うには壁掛けユニット(別売)が必要です。

協力してくれたのは:アースクリーン株式会社
アースクリーン株式会社は、簡単な工事でテレビ壁掛けを可能にした画期的なシステム「ジャストップシステム」(特許取得済み)による壁掛けテレビ取り付け施工を全国展開する企業です。ソニーストア「壁掛け設置パック」へお申し込みいただいた場合も、施工を担当いたします。
アースクリーン株式会社のホームページはこちら

液晶テレビ BRAVIA ブラビア サイトマップ