商品情報・ストアサイバーショット 運動会はサイバーショットで決まり!

運動会はサイバーショットで決まり!

おすすめ 1

光学30倍ならわが子の表情まで大きく残せる

運動会には光学30倍ズームが大活躍。遠く離れている子どもの表情まで大きく撮影できます。また、サイバーショットは先進の光学式手ブレ補正を搭載。子どもが遠くにいても高倍率ズームで大きく迫り、小さなブレも逃さず抑えて鮮明に撮影できます。

運動会には光学30倍ズームがおすすめな理由!

一般的な小学校の運動場の大きさは、約40m×60m程度。光学30倍ズームがあれば約60m離れた位置から、子どもを画面いっぱいに撮影することができます。たとえば、徒競走のスタート時の子どもを正面から大きく残すことができます。

おすすめ 2

ブレない「フルハイビジョン動画」で臨場感も逃さない

サイバーショットの高倍率ズームモデルは、ハンディカムの映像技術を投入した「フルハイビジョン動画撮影」を搭載。元気に動き回る子どもたちを高精細な動画で記録できます。また、WX500/HX90Vは、動画撮影時のブレにさらに強くなった「5軸手ブレ補正(インテリジェントアクティブ)」を搭載。動き回る子どもたちを追いかけながら撮影しても、より自然でブレのない高精細な動画を残せます。

運動会には光学30倍ズームがおすすめな理由!

サイバーショットWX500/HX90Vは、従来のAVCHD記録に加え、50Mbpsのフルハイビジョン1920×1080 60pの高画質記録のXAVC S(TM)(*)フォーマットを採用。動きの多い運動会での撮影も、高解像でなめらかな映像で残せます。

* XAVC S(TM)記録時はClass10以上のSDXC/microSDXCメモリーカードが必要です。本体もしくはPlayMemories Homeでの再生になります

おすすめ 3

「高速オートフォーカス」で撮りたい瞬間を逃さない

撮りたかったわが子の表情を、ピント合わせが遅くて逃してしまう。そんな失敗もサイバーショットの高倍率ズームモデルなら解消。「高速オートフォーカス」で日中の明るいシーンはもちろん、夕方の薄暗いシーンでもわが子の表情を瞬時に捉えます。

徒競走の撮影で活躍! 「ロックオンAF」も搭載!

サイバーショットの高倍率ズームモデルは、動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」も搭載。
徒競走など、走る子どもにピントを合わせ続けるので失敗写真が少なくなります。

おすすめ 4

電池長持ち、動画も写真もたくさん撮影できる!

WX500は約400枚まで、HX90Vは約390枚(*)まで1回のバッテリー充電で撮影可能。運動会の開会式から閉会式まで、バッテリー切れを気にせず、たくさんの写真を撮影できます。

*液晶モニター使用時。ファインダー使用時は約360枚

HX90Vならファインダー内蔵!運動会撮影には、ファインダーがあるとさらに便利!

屋外でも被写体が見やすく、さらに手ブレを抑える効果も

HX90Vは、ポップアップ式のファインダーを内蔵。晴天下で液晶が見えにくいシーンでも、ファインダー越しに被写体や構図をしっかり確認できます。また、ファインダーを覗くと、両手でカメラをしっかりと構える格好になるので、手ブレの防止にもつながります。

運動会におすすめのモデルはこちら

HX90V

有機ELファインダーを搭載。
本格的な撮影を楽しめる
光学30倍ズームモデル

WX500

シーンに合わせてキレイに撮影。
カジュアルに使える
光学30倍ズームコンパクト

さらに高画質で
本格的に残したい方にオススメ

RX10M3

超望遠と高速撮影で、表現をさらに自由に。大口径・高倍率ズームレンズ搭載

* XAVC S(TM)記録方式での動画撮影時は、Class10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です。100Mbps記録時にはUHS-I(U3)のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です

カタログPDFダウンロード
デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット サイトマップ