商品情報・ストア Sony's feature RX100ダイアリー vol.1 青柳徳郎 [後編]
 

2017.7.5

MY LIVING PLACE
RX100ダイアリー
暮らしの場所から

vol.1 : 青柳徳郎
_「ネペンテス」 クリエイティブ・ディレクター
[後編]

「ネペンテス」の青柳徳郎さんによる、RX100ダイアリーの後編。 引き続き、青柳さん自身が日々の中で見つけ、 カメラを向けたくなったものを紹介していきます。 5月の中旬、北海道への出張では、 春の到来を確かめながら、趣味のテンカラ釣りを。 雄大な自然の中で出会った生命は、 あらためて、じつに美しい姿をしていました。

DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5

「今回は、ちょうど北海道に行く機会もありました。社内のスタッフと定期的に道央や道北を訪れて、主にテンカラなどの渓流釣りをして、その際に撮影もしています。旭川に着いたら、まだ寒くて雪が残っていましたが、野山にはフキノトウやイタドリが生えていたり、もう少しで満開を迎えそうな桜の木も見かけました。東川町では、知り合いがやっている『LOLO Higashikawa』という菓子店にも立ち寄って。その間にもいろいろ試しましたが、このカメラは、再生ボタンを押すだけで起動できるのが、自分にとってはなにしろ便利。気になるものをサッと撮れたり、撮った写真をすぐに確認できたり。簡単な操作でストレスなく扱えると、写真を撮ろうと思う機会も、やっぱり増えるだろうと思います」

DATE_2017.05.13 CAMERA_DSC-RX100M5

「その魚ならではの自然な色彩も、やっぱりきれい」

DATE_2017.05.13 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.15 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.15 CAMERA_DSC-RX100M5

「オリジナルブランドのSOUTH2 WEST8では、釣りのためのウエア類はもちろん、釣り具メーカーとコラボレーションしてテンカラ用の竿も作っています。そうしたアイテムの使い勝手を、実際にフィールドで試してみることも、この旅の目的のひとつ。今回目指したのは石狩川の上流、層雲峡でした。オショロコマやニジマスなど、釣ったばかりの魚を撮ってみると、シャッタースピードの速さが確かめられますね。ただ、釣りをしながら撮影も行うとなると、集中力が続かなくて、なかなか難しかったのですが(笑)」

DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5

「動画もとにかく鮮明。撮る楽しみが、とても大きい」

DATE_2017.05.15 CAMERA_DSC-RX100M5
※ 通信環境によって、動画再生の解像度が低くなることがあります

DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5
※ 通信環境によって、動画再生の解像度が低くなることがあります

「このDSC-RX100M5は、なんといっても動画がきれい。その鮮明な美しさには、本当に驚きました。絞りを全開にして撮ることで、魚の目にバチっとピントが合う瞬間や、その魚特有の鮮やかな模様や色合いが、水面の光の反射とともに揺らいでいる様子なども、印象的に見えていると思います。サイズや重さのバランスがよく、手にしっくりくるので、カメラをパンしても安定して撮ることができました」

DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5
DATE_2017.05.14 CAMERA_DSC-RX100M5

「北海道で釣りをしていると、こんな鹿の骨を見つけることもあります。きっと雪が溶けてあらわになったのだと思いますが、熊が近くにいる可能性もあるので、この骨を見つけたときは恐かったですね。こうしていろいろなものを撮っていると、当然バッテリーもなくなってくるので、車で移動中にUSBケーブルを使って充電できることもうれしい。たとえば、いまはスマートフォンでしか写真を撮っていないけれど、写真に興味があって、もっといい写真を撮ったり、発信してみたいという人は、このカメラを使ってみると、すごく楽しいと思います。やっぱり、もっといい写真や動画が、きっと撮れますから」

DATE_2017.05.18 CAMERA_DSC-RX100M5

前編はこちらからご覧いただけます。

DSC-RX100M5 商品情報はこちら

RXシリーズ 商品一覧はこちら

※青柳さんには、デジタルカメラ「DSC-RX100M5」、メモリーカード「SF-G64」を使って撮影していただきました
(インタビュー時の写真は除く)
※本ページに掲載している情報は2017年7月5日現在のものであり、予告なく変更される場合がございます

PROFILE

青柳徳郎(あおやぎ とくろう)  1970年生まれ、東京都出身。1998年に渡米し、ニューヨークのネペンテス支社に勤務。2007年に帰国し、プレスルーム/クリエイティブオフィスとして「NEPENTHES SSP.」を構える。現在、東京とニューヨークを拠点とするネペンテスのクリエイティブ・ディレクターを務め、カメラマンとしても活動。植物、釣り、金魚と趣味は多岐にわたり、ブラジリアン柔術は黒帯。

NEPENTHES TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-44-1
http://www.nepenthes.co.jp/

Edit by EATer / Photography by Kiyotaka Hatanaka(UM)[interview] / Design by BROWN:DESIGN

おすすめ記事

クリエイターが撮る、日々の風景 「RX100ダイアリー」

ポケットに収まるコンパクトなサイズで、心に触れた瞬間を逃さず、鮮やかにとらえるRX100シリーズ。さまざまなクリエイターがこのデジカメを使い、自分の「暮らしの中で身近な、撮りたいもの」を撮っていきます。

進化するソニーのイメージセンサー技術

自社製イメージセンサーでカメラの進化を加速 革新を続けるデジタルカメラの“目”

気軽に「芸術の秋」を楽しもう!カメラ片手に出かけたい絵になる紅葉スポット10選

今年の秋は「芸術の秋」を気軽に楽しんでみませんか。「絵になる紅葉スポット」というテーマで写真家の福田健太郎さんにおすすめの撮影スポットを教えてもらいました

Sony Design | α7/RX series

世代を超えて価値を深める
カテゴリー
    タグ