商品情報・ストア ニュースリリース一覧 360立体音響のサウンドバー2機種発売。立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」商品ラインアップ拡充

2022年8月23日

新商品

360立体音響を実現するサウンドバー2機種を発売

〜独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」※1搭載商品のラインアップを拡充〜

サウンドバー『HT-A5000』の使用イメージ
サウンドバー『HT-A5000』 サウンドバー『HT-A3000』

ソニーは、独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)」※1を搭載する5.1.2chサウンドバー『HT-A5000』と3.1chサウンドバー『HT-A3000』を発売します。
両機は、別売の専用リアスピーカーと組み合わせることで、 「360 Spatial Sound Mapping」によって圧倒的な音の広がりと臨場感を創出するだけでなく、独自のバーチャルサラウンド技術により、バースピーカー単体でも臨場感のある音響を実現します。さらに、ソニーのテレビ ブラビア®と接続することで※2、サウンドバーからの音に加え、テレビのスピーカーをセンタースピーカーとして駆動させるため、映像内の人の声が画面から聞こえてくるような視聴体験を提供します。
『HT-A5000』と『HT-A3000』の発売により、ソニーのサウンドバーのラインアップを拡充し、お客様からの幅広い要望へこたえていきます。

商品名 型名 発売日 価格
サウンドバー 『HT-A5000』 10月22日 オープン価格
『HT-A3000』 9月10日

共通の主な特長

1. ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」搭載

「360 Spatial Sound Mapping」による立体音場のイメージ
「360 Spatial Sound Mapping」による
立体音場のイメージ

「360 Spatial Sound Mapping」※1は、サウンドバーと別売の専用リアスピーカーによって広大な音場と臨場感を創出する独自の立体音響技術です。サウンドバーとスピーカー間、壁や天井までの距離を内蔵マイクで自動計測し、スピーカーの置かれている空間を把握します※3。それらの情報を元にサウンドバーとリアスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成して広大な音場空間を創出することで、まるでその場にいるような没入感を体感できます。

2. 一本のバースピーカーで臨場感のある音響を実現する独自のバーチャルサラウンド技術

『HT-A5000』のサラウンドイメージ
『HT-A5000』のサラウンドイメージ

5.1.2chの『HT-A5000』は、天井からの音の反射を生むイネーブルドスピーカーと、独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」で、高さ方向の音の豊かな表現力を実現しています。加えて、壁からの音の反射で横方向の表現力が得られるビームトゥイーターと、フロントスピーカーで豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PRO(エスフォース プロ) フロントサラウンド」との連携により、濃密な音の広がりとリアリティ豊かな音響空間を楽しむことができます。

3.1chの『HT-A3000』は、3基のフロントスピーカーとデュアルサブウーファーに、『HT-A5000』にも搭載されている「X-Balanced Speaker Unit」を使用し、振動板の面積を拡大させることでさらなる迫力の音とともに、歪みの少ないクリアな高音質を実現しています。また、「Vertical Surround Engine」と「S-Force PRO フロントサラウンド」によって、より密度の濃いサラウンド音場が体感できます。

5.1.2ch構成の『HT-A5000』
5.1.2ch構成の『HT-A5000』
3.1ch構成の『HT-A3000』
3.1ch構成の『HT-A3000』

3. ブラビアとの接続でさらなる臨場感と使いやすさを実現

「アコースティックセンターシンク」のイメージ
「アコースティックセンターシンク」のイメージ

ソニーのテレビ ブラビアと接続することで※2、テレビのスピーカーをセンタースピーカーとして駆動させることができる「アコースティックセンターシンク」を搭載しています。『HT-A5000』と『HT-A3000』のスピーカーからの臨場感あるサウンドに加えて、画面から音が出ているかのようなブラビア独自の音響技術により、大画面における映像と音の定位感が向上します。
また、ブラビアのクイック設定にサウンドバーのメニューが追加でき※4、両機のサウンドフィールドのオン/オフをはじめとする各種機能の設定がテレビのリモコンから簡単に行えます。
加えて、『HT-A5000』や『HT-A3000』に別売のサブウーファー※5を接続すると、より豊かで深みのある低音を楽しめます。

<先行展示のご案内>

今回の新商品を、ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、8月23日(火)より展示します。

発売前先行展示情報

主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください

サウンドバー/ホームシアターシステム

市場推定価格(税込)

サウンドバー

『HT-A5000』 121,000円前後

『HT-A3000』  88,000円前後

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口