商品情報・ストア Sony's feature RX100ダイアリー vol.5 盛永省治 [前編]

Sony's feature

ソニーのテクノロジー・デザイン・ライフスタイルのこだわりについて、ソニーの今をお届けしています。

 

2019.10.2

MY LIVING PLACE
RX100ダイアリー
暮らしの場所から

vol.5 盛永省治
_木工作家
[前編]

木の個性を見極め、その魅力が躍動するように磨き上げていく。木工作家・盛永省治さんの制作過程はまさしく、木と対話をしているかのよう。木材を回転させる木工旋盤という機械を使い、ウッドターニングと呼ばれる技法で、ボウルやオブジェなどの作品をつくり続けています。鹿児島県内にある工房で、ひとり創作に取り組む日々を、DSC-RX100M6で記録していただきました。

DATE_2019.06.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/2.8
露出補正:0ステップ ISO:ISO-400 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.06.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:25.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/3.2
露出補正:0ステップ ISO:ISO-640 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.06.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/1000秒 絞り値:f/6.3
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動

「普段作業している工房で、いろいろと撮ってみました。最初のほうの写真は、外側を削り終えたので、次に内側を削っているところです。こうしてボウル状のものをつくる場合には、丸太の状態からチェーンソーでカットしたブロックを、木工旋盤と専用の道具を使って削り上げて、そのあとに乾燥させます。僕のつくる作品は比較的薄いので、だいたい2週間くらいで乾くのですが、乾燥すると歪みが生じたり、自立しなくなったりする。そうした部分に修正を加えて、全体に手で細かなやすりをかけてから、蜜蝋を塗って完成させます。ここ何年もスマートフォンで撮ることばかりでしたが、身近なものもこうしてデジカメで撮ってみると、やっぱりきれいに写るので、写真を撮ることそのものに興味が湧いてきますね」

DATE_2019.08.01 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/60秒 絞り値:f/9.0
露出補正:+0.7ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動

身近なものも、鮮やかな写真で撮りたくなる

DATE_2019.06.26 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/100秒 絞り値:f/2.8
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.06.19 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/200秒 絞り値:f/5.0
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.06.17 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/2.8
露出補正:0ステップ ISO:ISO-320 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.06.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/1000秒 絞り値:f/4.5
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動

「木の外皮の部分をふちに残した仕上げは、ナチュラル・エッジと呼ばれるものです。すぐ近くに木をチップに加工する工場があって、そこで山桜や樫など、さまざまな木材を選ばせてもらって買っているのですが、重機を使って積み下ろしをする際などに、どうしても外皮が剥げてしまうことが多いので、こうした作品はなかなか数をつくることができません。白っぽい木材は榎(えのき)。通常はもっと黄色っぽいんですけど、こういう白いものがたまたま見つかって。実際に削ってみると、木くずが本当に真っ白で、雪のようにきれいだったので撮ってみたくなりました。動画は、ボウルをつくるためにターニングしているところです。やっぱり、丸太から切り出したときに、おおっと驚くような木目が現れる瞬間はたまらないですね。虫喰いや腐れがあっても、それを生かして、しっかり素材と相談しながら使い切れたときが、いちばんうれしいです」

DATE_2019.08.07 CAMERA_DSC-RX100M6
DATE_2019.06.16 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/1000秒 絞り値:f/4.0
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.07.07 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/50秒 絞り値:f/11.0
露出補正:+1ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.08.05 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/2.8
露出補正:0ステップ ISO:ISO-400 ホワイトバランス:自動

「この工房には、いつも朝6時くらいにきて、夕方の5時にはきっかり作業を終えて家に帰ります。ひとりで作業を続ける、淡々とした毎日です。だから今回も、作業中の風景と、子どもたちと一緒のときの写真ばかりで。7歳と5歳の娘がいるんですけど、しょっちゅうケンカしていますよ。僕自身も2人とよくケンカするので、奥さんに怒られているんですけど(笑)。娘たちを走らせて、瞳AF(オートフォーカス)の機能も試してみました。こうやって遊びながら撮ることができると、また楽しいですね。自動でいろんな表情を捉えてくれるので、たくさん数を撮ってみると、いい写真が何枚か撮れていて驚きました」

DATE_2019.06.16 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/500秒 絞り値:f/5.6
露出補正:0ステップ ISO:ISO-125 ホワイトバランス:自動

自分の視点で切り取ることの大切さに気づく

DATE_2019.07.01 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:56.0mm シャッター速度:1/40秒 絞り値:f/4.0
露出補正:0ステップ ISO:ISO-800 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.07.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/4.0
露出補正:+1ステップ ISO:ISO-640 ホワイトバランス:自動
DATE_2019.07.13 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/2.8
露出補正:0ステップ ISO:ISO-160 ホワイトバランス:自動

「6月の終わりから、九州南部にはずっと大雨が降り続いていました。この工房は床が少し浸水したくらいだったのですが、県内の学校が休校になったり、近くの川が氾濫したり、一時は本当に大変でした。連日の雨がようやく少し落ち着いてきたころ、盛岡の『Holz』というショップで個展が始まることになっていたので、そのオープニングに向かったところです。こうした展示では、皿やボウルをはじめとした実用的なものと、そうではないオブジェのような作品と、その都度、全体のバランスを見ながら構成を考えるようにしています。このときは合間の時間で、『岩手県立美術館』に行くこともできて。すごくいい空間だったので、いろいろと撮ってみたくなりました。こうしてカメラを普段から使ってみると、ものでも風景でも、自分なりに切り取ってみることの大切さに気づきますね」

DATE_2019.07.12 CAMERA_DSC-RX100M6
焦点距離:24.0mm シャッター速度:1/30秒 絞り値:f/4.0
露出補正:+1ステップ ISO:ISO-1000 ホワイトバランス:自動

DSC-RX100M6の商品情報はこちら

RXシリーズ 商品一覧はこちら

※盛永省治さんには、デジタルカメラ「DSC-RX100M6」を使って撮影していただきました(インタビュー時の写真は除く)
※本ページに掲載している情報は2019年10月2日時点のものであり、予告なく変更される場合があります

PROFILE

盛永省治(もりなが しょうじ) 木工作家。1976年生まれ。鹿児島県出身。大工、家具職人を経験したのちに独立。2007年、鹿児島県の日置市・東市来町に工房兼ショップとして「Crate」をオープン。当初は主に注文家具をつくるつもりだったが、以前から関心のあった木工旋盤を用いたターニングによるウッドボウルづくりを、YouTubeで見つけた動画によって独学で習得し、その制作に専念するようになる。2008年より、業者向けの合同展示会「FOR STOCKISTS EXHIBITION」に出展。2011年には、カリフォルニア州ジョシュア・ツリーを拠点にする彫刻家アルマ・アレンのもとに2カ月ほど滞在し、創作活動を手伝う機会を得た。現在も「Crate」の工房で、木工作品をはじめとした創作の日々を送り、日本各地のゆかりあるショップやギャラリーで個展の開催を続ける。2020年5月には、サンフランシスコの「Playmountain EAST」で個展を予定している。

盛永省治 オフィシャルホームページ
http://www.crate-furniture.net/

インスタグラム
https://www.instagram.com/shojimorinaga/

Edit by EATer / Photography by Kiyotaka Hatanaka(UM)[interview] / Design by BROWN:DESIGN


Sony’s feature最新記事はMy Sonyアプリで

Sony’s featureの更新情報はMy Sonyアプリでお届けしています。
新製品の情報や、登録した製品の活用情報なども確認できるソニーの公式アプリです。

おすすめ記事

常識にとらわれない、魅せる花撮影(春の花編)

花々が彩り豊かに咲きはじめる季節。目を楽しませてくれる春の花も、カメラを持って少し視点を変えるだけで、まだ見たことのない美しさに出会えます。そこで写真家 並木隆氏に常識にとらわれない花の撮影術を伝授してもらいました。並木さんのアドバイスを参考に、春の花を撮りに出掛けてみませんか。

料理家 冷水さんが撮る、日々の風景「RX100 ダイアリー」

旬の食材を活かした、やさしい料理がファンの多い冷水希三子さん。定期的に更新している彼女のインスタグラムには、日々の料理が並び、その料理を楽しみにしているフォロワーの方がたくさんいらっしゃいます。そんな冷水さんがRX100M3を使い撮影した、日々の写真を紹介します。

建築家が撮った、日々の風景「RX100 ダイアリー」

今回は、横尾忠則氏の美術館「豊島横尾館」の設計や「木屋旅館」「カヤバ珈琲」のリノベーションなどを手掛けてきた建築家・永山裕子さん。建築家ならではの視点で、RX100M3を使い撮影した建築写真や日常の風景は、残すだけではなく、次のアイディアを考えるための大切な日々の記録でした。

クリエイターが撮る、日々の風景 「RX100ダイアリー」

ポケットに収まるコンパクトなサイズで、心に触れた瞬間を逃さず、鮮やかにとらえるRX100シリーズ。さまざまなクリエイターがこのデジカメを使い、自分の「暮らしの中で身近な、撮りたいもの」を撮っていきます。
カテゴリー
    タグ