商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

α6400 Debut

α Universe editorial team

αのAF性能は次のステージへ
進化した「リアルタイム瞳AF」搭載。

動きのあるポートレート撮影でも
安定して瞳を追いかけるリアルタイム瞳AF

フルサイズカメラで培った技術で、瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。ピントを合わせたい瞳の左右を切り換えることも可能になりました。
2019年夏に予定しているソフトウェアアップデートにより、リアルタイム瞳AFは一部の動物の瞳にも対応する予定です※。
※人物と動物ではモードの切り替えが必要です。シーンや被写体の状態によってはうまくピントが合わない場合があります。

APS-C Exmor CMOSセンサーと新世代の 画像処理エンジン BIONZ Xにより圧倒的な高画質を追求

世界最速0.02秒*1を実現したAF速度と、
被写体を確実に捉え続ける
リアルタイムトラッキング

撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に 配置。加えて、コントラストAF枠をα 6300の169点から425点に多分割化しました。さらに従来のロックオンAFを一新した「リアルタイムトラッキング」 機能を搭載。狙いたい被写体を指定し、シャッターボタンを半押し、もしくはモニター上でタッチするだけで、カメラまかせで精度高く自動追尾させることができます。

豊富な機能・性能

□ AF/AE追随 最高約11コマ/秒*2連写 連続撮影可能枚数116枚 (JPEG Lサイズ スタンダード)
□ AF/AE追随 最高約8コマ/秒*3サイレント連写
□ 常用ISO 100〜32000、拡張ISO 100〜102400(静止画撮影時)
□ 1:1アスペクト比対応
□ 高解像4K HDR(HLG)*4 動画記録
□ S-Log2、S-Log3搭載*5
□ インターバル撮影
□ スロー&クイックモーション*6
□ 180度チルト可動式液晶モニター
□ 約403g*7の小型・軽量ボディ
□「Wi-Fi対応ワイヤレス通信」機能&NFC対応

*1 2019年1月広報発表時点、ソニー調べ。APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法 プリAFオフ時、ファインダー使用時。E 18-135mm F3.5-5.6 OSS装着時
*2 連続撮影モード「Hi+」時。撮影設定によって最高連写速度が異なります
*3 撮影設定によって最高連写速度が異なります。高速で動く被写体の撮影やカメラを左右に振るなどカメラ本体を動かして撮影した場合に画像にゆがみが起こることがあります
*4 HDR(HLG)映像をテレビ表示する場合は、HDR(HLG)対応ソニー製テレビと本機をUSB接続しご覧ください
*5 S-Log2またはS-Log3は撮影後映像処理をすることが前提の機能です
*6 音声記録はできません。Class 10以上のSDHC/SDXCメモリーカードが必要です
*7 バッテリー、メモリーカードを含む

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ