商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

α6600
E 16-55mm F2.8 G
E 70-350mm F4.5-5.6 G OSS
Debut
この機動力で、一瞬に応える。

α Universe editorial team

α6600

「リアルタイムトラッキング」×「高速連写」で、
最高の一瞬を描写

α9に搭載されているAI※1を活用した「リアルタイムトラッキング」を搭載。シャッターボタンを半押しするだけで、画像内の動く被写体を自動追尾します。また、最高約11コマ/秒※2のアフタービュー方式での高速連写に加え、最高約8コマ/秒※3のライブビュー方式での高速連写が可能。露出やホワイトバランスなどの設定がファインダー上に即時反映される電子ビューファインダーのメリットはそのままに、表示タイムラグを限りなく低減させることで、光学ファインダーに近い感覚で使えます。

光学式5軸ボディ内手ブレ補正を
コンパクトボディに搭載

フルサイズ機で採用されている光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構をAPS-Cセンサー内手ブレ補正ユニットとして本機に搭載。焦点距離が長くなるほど顕著に表れる角度ブレ(Pitch/Yaw)、マクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるにしたがって顕著に表れるシフトブレ(X/Y)、手持ちでの動画撮影時や長秒撮影時などに顕著に表れる回転ブレ(Roll)など、さまざまなブレを高精度に検出し、補正。高精度ジャイロセンサーも搭載し、5.0段分※4の手ブレ補正効果を実現しています。

APS-C機としては初※5のZバッテリーを採用

α6500のボディサイズを保ちながら、α9などで採用している高容量Zバッテリーを採用。NP-FW50の約2.2倍の容量を保つため、α6500比で2.3倍以上の約810枚※6の静止画を撮影することが可能です。さらにZバッテリーの採用にともない、グリップ部が厚くなったためホールド性が大幅に向上。小型・軽量のボディサイズと相まって、機動力を生かした長時間のスナップ撮影や、望遠レンズ装着時の撮影における負担を軽減します。

スーパー35mmフォーマットによる
本格的な4K動画記録をサポート

画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍※7(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力。このオーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像度を誇る4K動画画質を実現しています。また、S-Log3、S-Log2にも対応し、撮影後のグレーディングによる幅広い映像表現が可能。さらにはマイク端子に加え、ヘッドホン端子を新たに搭載したことで、録音時の正確なモニタリングが可能です。

※1 機械学習を含むAI(人工知能)の技術を活用しています
※2 連続撮影モード「Hi+」時
※3 連続撮影モード「Hi」時
※4 CIPAガイドライン準拠、Pitch/Yaw方向、Sonnar T* FE55mm F1.8 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時
※5 APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。2019年8月広報発表時点、ソニー調べ
※6 液晶モニター使用時
※7 24p記録時。30p記録時は約1.6倍です。

E 16-55mm F2.8 G

Gレンズならではの高解像と小型・軽量を両立
ズーム全域開放F値2.8のAPS-C標準ズームレンズ

35mm換算で24-82.5mmをカバーするAPS-C対応で初のズーム全域開放F値2.8の高性能標準ズームレンズです。

α6600、E 16-55mm F2.8 G、F2.8、1/640秒、ISO200

Gレンズならではの優れた光学性能

高度非球面AAレンズ2枚、非球面レンズ2枚、EDガラス3枚を効果的に配置し、諸収差を補正しています。ズーム全域において、開放絞りF2.8から画面全域で、Gレンズならではの高解像を実現しています。更に、ソニー独自のナノARコーティングの採用により、フレアやゴーストを大幅に抑えたクリアで抜けの良い描写が可能です。円形絞り(9枚羽根)採用や球面収差を抑えた設計で、美しく自然なぼけ味も楽しんで頂けます。

小型・軽量デザイン

最新の光学設計、最適なメカ設計により、使用頻度の高い16-55mm(35mm判換算24-82.5mm)をズーム全域開放F値2.8ながら、494gという軽量かつコンパクトデザインで実現しています。風景、ポートレートから日常のスナップまで、コンパクトなEマウントボディと合わせて携行性が必要とされる幅広い撮影シーンに最適なレンズです。

高速・高精度・高追随かつ静粛なAF

Gマスターにも採用されるソニーの最先端技術であるXD (eXtreme Dynamic) リニアモーターをAPS-Cレンズに初搭載しています。カメラボディのスピード性能を最大限に発揮し、動きのある被写体を高速・高精度にとらえ、優れた追随性でピントを合わせ続ける快適なAFを実現しています。

プロユースにも応える優れた操作性・信頼性

・ カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタン
・ 繊細なリング操作にもレスポンスよく反応するリニア・レスポンスMF
・ 過酷な環境にも耐える防塵・防滴*に配慮した設計
・ 汚れの付着を防止し、汚れが拭き取りやすいフッ素コートをレンズ最前面に採用

*防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ホコリや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

Gレンズならではの高解像とコンパクトを両立した
350mm(35mm判換算525mm)の世界まで
切り取るAPS-C超望遠ズームレンズ

超望遠ズームレンズでありながら高い機動性を有するコンパクトデザインです。高い描写性能を備え、光学式手ブレ補正内蔵により山登り、トレッキングなどのアウトドアや、運動会などのスポーツ撮影などで手軽に超望遠撮影を楽しんで頂けます。

α6100、E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS、F6.3、1/1000秒、ISO200

Gレンズならではのシャープな描写と美しいぼけ味

非球面レンズ1枚、EDガラス3枚を最適に配置することで、諸収差をズーム全域で効果的に補正するとともに、超望遠で目立ちやすい色収差を徹底的に抑制。ズーム全域かつ画面全体にわたりシャープな描写を生み出します。また、円形絞りや球面収差形状の最適化により、Gレンズならではの美しく柔らかなぼけ描写を生かした印象的な写真を楽しめます。

機動性に優れたコンパクトデザイン

5倍ズームを実現しながら約625gという小型・軽量デザインを実現。APS-Cボディのコンパクトさを活かし、レンズを含めたシステム全体で高い携行性を備えます。

高速・高精度・高追随かつ静粛なAF性能

Gマスターシリーズに採用されたソニーの最先端技術であるXDリニアモーターを搭載しています。高速で動く被写体を一瞬でとらえ、優れた追随性でピントを合わせ続ける快適なAFを実現します。最新のボディの性能を最大限に引き出し、スポーツ・動物なども快適に撮影可能です。

さまざまなシーンに最適な携行性と操作性

・手持ちでもブレを抑えて被写体を捉えられる光学式手ブレ補正機能を搭載
・カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタン
・撮影状況に応じてAF/MFを瞬時に切り換えられるフォーカスモードスイッチ
・持ち運び時に自重で鏡筒が伸びることを防ぐズームロックスイッチを搭載
・防塵・防滴*に配慮した設計

* 防塵・防滴に配慮した構造となっていますが、ホコリや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ