商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

スナップフォトグラファー鈴木知子氏
すべてのスナップ愛好家へ

鈴木知子氏が、待望の新レンズ「 FE 35mm F1.8 」で 撮りおろした写真とそのインプレッションをご覧ください。

α Universe editorial team

すっかりご無沙汰しておりました。こんにちは。スナップフォトグラファーの鈴木知子です。 スナップ好きの人は、きっと楽しみにしていたのではないでしょうか。焦点距離35mmの単焦点レンズが新たに登場しましたね! 35mmという焦点距離は、私たちの目に映っている景色とほぼ同じに撮れる画角です。狭すぎず広すぎず、自然な印象の写真が撮れるので、私は特にスナップ向きのレンズだと思っています。 今回、実際に撮影に出掛けてみて、もしも「単焦点レンズ1本だけしか持っていってはいけません」と言われたならば、きっと今、私はこのレンズを選ぶのではと思うほどに気に入ってしまいました! 実際に撮った写真をご覧いただきつつ私が気に入ったポイントを幾つか挙げてみましたので、しばしお付き合いいただけたら嬉しいです!どうぞよろしくお願いします。







その1.
「大口径単焦点レンズなのに小型軽量」

F1.8と明るいレンズですが、重量は約280gと実にコンパクト。街歩きはもちろんのこと、旅行にも持って行きやすいサイズです。いつでも持ち歩きたくなりますね。防塵・防滴に配慮されているので、いろいろなシーンでスナップが楽しめます。

その2.
「被写体にグッと近づける」

35mmは広角レンズになるため、小さな被写体には不向きかなと思うかもしれません。このレンズは最短撮影距離が0.22(m)なので、小さな被写体の近接撮影も可能です。実際、撮影していると、驚くほど被写体に近づくことができ、被写体を大きく印象的にとらえられます。そして大きなぼけも楽しめます。

その3.
「AF/ MFを瞬時に切り替えられる」

近接撮影時など、MFに切り替えて撮影したいシーンがあります。フォーカスモードスイッチを搭載しているので、すぐに切り替えが可能です。この操作が手元で行えるのは、とても嬉しいポイントです。 このレンズは大口径で最短撮影距離が短いので、ボケもしっかり楽しめます。私も実際に撮影して、思った以上にぼけるので驚きました。また暗所に強い点も魅力です。薄暗い室内や日没時から夜にかけての撮影にも、画質を気にせずスナップできる点が心強いですね。

それではここからは、実際に撮ってきた写真を、ご覧ください。 ちなみに私はスナップをメインに撮影しておりますが、屋外室内、時間や天候など、さまざまなシチュエーションで日々撮影に臨んでいます。ですから通常、撮影に出かける時は、幅広い焦点距離をカバーするため、ズームも単焦点も組み合わせて複数のレンズを持って行きます。 思いがけない素敵な出遭い!がスナップの醍醐味でもあるのでやはり必然的にそうなります。でも、この新しいレンズ「 FE 35mm F1.8」は、本当にマルチに活躍してくれました。私が愛用しているフルサイズセンサーのα7IIIとの組み合わせで、描写力も素晴らしかったです。

α7III,FE 35mm F1.8,F3.5,1/60秒

1枚目の写真です。窓際に飾られた花を撮ってみたのですが、このレンズの最短撮影距離が短いことを思い出し、被写体にググッと近づいて撮ってみました。如何でしょう?なんだか浮き出てくるかのように見えませんか。 撮影距離を短くできることは、もうそれだけで表現の幅を大きく広げてくれます。ですから、こんな風に花瓶の花をハイアングルでとらえて、ポジション、アングルを自由に決めながらフルサイズならではの美しいボケも計算して、印象的な1枚に仕上げられたのではないかと思います。

α7III,FE 35mm F1.8,F3.5,1/800秒

2枚目にご覧いただく写真は、夕暮れ時の海岸で撮影しました。できるだけ杭に近づいて構図を追い込みつつ、人物のシルエットをエッセンスとして入れこむようにしてみました。小さなシルエットですがこのシルエットがあることで、写真にストーリーを感じていただけるのではないでしょうか。 こうした構図を追いこみながら、しゃがんだ姿勢で動き回るような撮影では特に、小型軽量のレンズは助かります(笑)

α7III,FE 35mm F1.8,F4,1/125秒

3枚目は、水たまりに映り込んだ建造物の屋根にフォーカスを合わせて撮影してみました。地面も一部分フレーミングして、大きくぼかすため地面ギリギリのポジションでの撮影です。本当に美しいボケ、それに水たまりを撮ったとは思えない描写! α7IIIのパワーもあるとは思いますが、このレンズの表現力のポテンシャルの高さを痛感した1枚だったりします。

α7III,FE 35mm F1.8,F3.2,1/100秒

4枚目になります。 ご覧の通りサングラスを被写体にしました。1枚目の花もですが、こちらは思い切って最短撮影距離の限界まで近づいて撮影しました。如何でしょう?素敵ですよね!!「近づけることは正義です!(笑)」 メインの被写体を大きくとらえることで、ディティールなども伝わりますし、さらに背景もしっかりと構図内に収めることができています。ちょっと一工夫で、サングラスに窓のフレームを映し込ませて広がりが感じれるような写真にしてみました。 この他にも、いろいろ撮りましたのでよろしければご覧ください。とにかく私には、どんなシーンでも応えてくれる大満足のレンズでした。

α7III,FE 35mm F1.8,F2.8,1/40秒
α7III,FE 35mm F1.8,F6.3,1/40秒
α7III,FE 35mm F1.8,F3.2,1/800秒
α7III,FE 35mm F1.8,F5.6,1/640秒
α7III,FE 35mm F1.8 ,F1.8,1/60秒

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。 鈴木知子でした。

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ