商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

カメラマン

α7R IVの圧倒的な高画質、
描写力で新時代飛行機撮影の幕開け!

α Universe editorial team

佐々木豊 Yutaka Sasaki 1966年京都府生まれ。これまでモータースポーツや様々なスポーツ競技を撮影。雑誌などに作品を発表。その経験を活かし、現在は航空機撮影を主に行う。どんなシーンでも自分独自の視点とエッセンスをちりばめることに主眼を置いて撮影に挑む。伊丹空港を中心に全国各地の空港で活動。日本航空写真家協会(JAAP)準会員。

私がα7R IVを使う理由は明確だ。それは何よりも高画質を優先にするからだ。特にα7R IVに搭載される裏面照射型CMOSセンサー、それに伴う画像処理エンジンから生み出される被写体の解像感は、どのカメラよりも抜きん出ていると感じる。塗装が新たに施された機体の描写がどこまで高精細なのかを十分に確認したいくらいだ。

α7R IV,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 470mm,F8,10秒,ISO100

α7R IIIからソニーのカメラを使い始めたのだが、α7R IVの高精細の解像力、描写力、ダイナミックレンジの広さは秀逸だと思っている。さらにAF性能の速度、精度ともにα7R IIIより、格段に向上していると実感した。従来までは撮影時に神経を尖らせないといけなかった撮影でも、AF性能の向上によりストレスが軽減し、撮影により集中できるようになった。

また、α7R IVは初めて持った時に「カメラ自体の剛性感が上がったな」と感じた。と同時に、操作系の各部の改善も有難いと思った。ボタン類も大きくなってα7R IIIよりも使いやすくなり、露出補正ボタンのロック機構が追加されたのも歓迎したい点だ。前モデルからのメモリーカードのダブルスロットの上下順の変更もそのうちに慣れることだろう。私は縦位置グリップを装着しているが、これにより撮影の自由度が広がっただけでなく、バッテリーの保ちも良くなって、一日中撮影してもほぼ不安を感じない。そしてEVF(電子ビューファインダー)がOVF(光学ファインダー)に遜色ないほどに改善されたことも、初めて手にしてファインダーを覗いた瞬間に感じた点だ。

α7R IV,Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 50mm,F1.4,1/640秒,ISO400

航空機の撮影では、私は晴れた天気だけではなく、土砂降りの雨上がりの後に、機体に水しぶきが上がるようなシーンを撮ることもある。そんな時には雨が上がる前にカメラの設定をしなければならない。また、今回の伊丹空港周辺の撮影地点では着陸機の砂ボコリが舞ってカメラへの影響が心配になる時もある。そんな時にもα7R IVの防塵防滴に配慮した設計の信頼性はとても心強いと思う。

これは私の想像だが、写真を楽しむユーザーにとっては「自分が見たままに撮れる」ことが重要ではないだろうか。そうした点ではソニーのミラーレスカメラは露出補正や被写界深度も、リアルタイムで確認することができるので、すぐに違和感なく使うことができるのではないかと思う。

航空機の撮影と言うと屋外でのジェットエンジンの轟音と隣合わせだから、シャッター音の静粛性など無関係と思われるかも知れない。だが、機内から撮影する仕事もある。そんな時に仕事帰りに疲れて眠っていると思しき隣席のサラリーマンの方を起こさないためにもサイレントシャッターは実に有難いのだ。ミラーショックがない利点に加え、α7R IVではシャッターユニットの改善でメカシャッター時のシャッターショックが少なくなったこともすぐに感じた。

αシリーズの小型・軽量であるシステムも気に入っている。飛行機で移動する際、手荷物での機内持ち込みのスペースの余裕はもちろんのこと、西日でギラギラ光る機体を撮るためには、松山空港のように山登りをしなければならないこともある。そんな時に、従来の一眼レフのシステムでは撮影後の疲労は目に見えているのだが、αのシステムなら「よし、もう少し行動範囲を広げて撮ってみるか」と思うことも少なくない。

私にとって撮影機材は、大げさな言い方かも知れないが「武装」に近い感覚だ。いつでも不安なく使えるツールとしてだけでなく、「よし、このカメラとレンズなら、どんなシーンも撮れるぞ!」という自信を持たせてくれるものであって欲しいのだ。さらに言えば「この機材なら、もっと新しい表現ができる予感がする」という気持ちにさせてくれることも必要となる。そうした意味ではα7R IVとG Masterのコンビは、現在の私にとって「最善の撮影装備」と言えるだろう。

α7R IV,FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS 463mm,F6.3,1/400秒,ISO200
α7R IV,FE 600mm F4 GM OSS 600mm,F9,1/500秒,ISO100
α7R IV,Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 50mm,F1.4,1/320秒,ISO5000
α7R IV,FE 400mm F2.8 GM OSS 400mm,F8,20秒,ISO200
α7R IV,FE 16-35mm F2.8 GM 16mm,F11,1/2000秒,ISO200

今回の撮影でこれぞ!と感じた作品を、12月号の『月刊カメラマン』で公開しています。ぜひプリントでご覧ください。また、『WEBカメラマン』では現場風景を動画で紹介しています。そちらもぜひご覧ください。https://cameraman.motormagazine.co.jp/_ct/17316225

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ