商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

Ryoya Takashima×α7C

Ryoya TakashimaGALLERY

α7CDistagon T* FE 35mm F1.4 ZA

[コーヒー焙煎]日常になっているコーヒー焙煎をミュージックなしでリアルに見せる。望み通りのカラーを追求するためにはS-Logでの撮影はもはや必要不可欠の存在となっている。

α7CFE 35mm F1.8,35mm,F5.6,1/40秒,ISO160

[さえみどり]自宅で気軽に行う茶道。俯瞰撮影は軽い機材で行うのが良い。被写体を鮮明に映し出すフルサイズならではの描写。

α7CFE 35mm F1.8,35mm,F5.6,1/40秒,ISO160

[さえみどり]自宅で気軽に行う茶道。俯瞰撮影は軽い機材で行うのが良い。被写体を鮮明に映し出すフルサイズならではの描写。

α7CFE 35mm F1.8,35mm,F1.8,1/100秒,ISO100

[抹茶ラテ]抹茶とミルクが合わさる瞬間。開放F値の低い明るいレンズが一瞬を写し止める。

α7CFE 35mm F1.8,35mm,F1.8,1/100秒,ISO100

[抹茶ラテ]抹茶とミルクが合わさる瞬間。開放F値の低い明るいレンズが一瞬を写し止める。

α7CFE 85mm F1.8,85mm,F1.8,1/100秒,ISO100

[ハンドドリップ]85mm単焦点レンズでの独特な空気感と柔らかさで朝のひと時を表現。カメラが遠くに設置してあるがスマートフォンを使用したリモート撮影で一人でもこのような写真が楽に撮れる。

α7CFE 85mm F1.8,85mm,F1.8,1/100秒,ISO100

[ハンドドリップ]85mm単焦点レンズでの独特な空気感と柔らかさで朝のひと時を表現。カメラが遠くに設置してあるがスマートフォンを使用したリモート撮影で一人でもこのような写真が楽に撮れる。

α7CFE 85mm F1.8,85mm,F1.8,1/4000秒,ISO500

[ボリビア]真上からの俯瞰撮影は普段見ることがない新鮮な景色を見せてくれる。バリアングル液晶とボディ内手ブレ補正が撮影をより快適にしてくれる。

α7CFE 85mm F1.8,85mm,F1.8,1/4000秒,ISO500

[ボリビア]真上からの俯瞰撮影は普段見ることがない新鮮な景色を見せてくれる。バリアングル液晶とボディ内手ブレ補正が撮影をより快適にしてくれる。

Gear Impression機材インプレッション

外見はちょっと持ち出して気軽に撮影といった雰囲気があるが、中身は写真も動画も本気で撮影に臨める仕様となっている。

フルサイズなのにコンパクトなボディに、バリアングル液晶モニター、被写体を追いかけ続けるリアルタイムトラッキング、大きく押しやすい録画ボタンなどが搭載されており、外見はちょっと持ち出して気軽に撮影といった雰囲気があるが、中身は写真も動画も本気で撮影に臨める仕様となっている。サブカメラとしてはもちろん、メインカメラとしても充分に使える性能であり、旅や登山など機材重量を少しでも削りたい時にはまず選択の候補に入るだろう。小型の大口径の単焦点レンズとも相性が良く、フルサイズ機であるということを忘れてしまうほどの機動力の高さはこれからも自分の撮影スタイルの中で存分に活躍してくれることだろう。

α7C 商品情報ページへ

不安定になりやすい手持ちでの俯瞰撮影時も小型軽量な本レンズであればブレに強く、大きなメリットだ。

料理動画の撮影には音声の収録も非常に重要だ。FE 35mm F1.8は最短焦点距離が22?と短く、被写体にグッと寄ってマイクを間近に設置できるため鮮明な音声を収録することが可能である。また写真・動画ともに開放F値1.8という明るさは被写体深度を非常に浅く撮影できるので、ぼけ味を生かした雰囲気のある画作りが容易にできる。不安定になりやすい手持ちでの俯瞰撮影時も小型軽量な本レンズであればブレに強く、大きなメリットだ。

FE 35mm F1.8 商品情報ページへ
Ryoya Takashima

Ryoya Takashima

料理動画を皮切りに、旅・DIY・vlog・タイムラプスなど様々なジャンルの動画を発信している。

facebook instagram YouTube

※Facebookにログインしていないと、Facebookページが表示されない場合があります。

デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ