商品情報・ストア 月刊 大人のソニー

19’09.18UPDATE

アナログはすべて
デジタルへ替わっていく?

「機能性」と「利便性」を求める現代人に応じて、手紙やテレビ、切符、電話など、私たちを取り巻く環境は、アナログからデジタルへとシフトしたものがたくさんあります。しかし、それだけではない未来もあるのではないでしょうか?
実は、アナログとデジタルのいいとこどりによって、新しい楽しみ方を生み出すものもあるのです。例えば、レコード。アナログ特有の魅力が見直され、レコードを楽しむ人が近年増えているようです。アナログとデジタルの良いところを融合させて、もっと多様な楽しさを体験できたら素晴らしい。そんな発想から誕生したレコードプレーヤーをご紹介します。

音楽の“たしなみ”が、
テクノロジーを伴い受け継がれてゆく
ステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」

レコード盤をきれいに拭い、針を慎重にレコード盤に落とす。A面を聴き終えたら、盤を返し、再び針を落とす。そんな“たしなみ”とも言えるひと手間かけた所作・振る舞いが、音楽やアナログレコードへの愛情を深くします。
長い間、音と向き合ってきたソニーは、レコードをあらゆる世代の人に楽しんでもらおうと、レコードプレーヤーにデジタル技術を融合。ステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」は、アナログレコードの音を、専用アプリを使ってハイレゾフォーマット(※1)でPCに録音できます。さらに、曲の分割やレベル調整などの編集も簡単に行えるので、ハイレゾ対応音楽プレーヤーで、いつでもどこでも堪能できます。

レコードビギナーの方にも扱いやすく親しみやすい
ワイヤレス機能搭載の「PS-LX310BT」

デジタル技術を融合させたレコードプレーヤーは他にもあります。「PS-LX310BT」はBluetooth®機能を搭載しているので、対応する他機器とワイヤレス接続が可能。ワイヤレススピーカー、サウンドバー、ヘッドホンなどとつなげて、さまざまな場所でレコードの音を気軽に楽しめます。

「ボタンを押すだけで音楽が聴ける」。そんなシンプルな聴き方に慣れているデジタル世代にはレコードの音や作法が新鮮に感じられ、レコードと青春を過ごした世代には、デジタルの便利な機能がレコードをまた身近な存在にしてくれる。アナログとデジタルのいいとこどりとは、柔軟な思考で可能性を開き、心に響く特別な体験をかなえてくれるもの。世代を超えたコミュニケーションを生み出してくれるものなのです。

このレコードプレーヤーのさらなる魅力を知りたい方は、ソニーのベテランエンジニアが語るこちらの記事もおすすめです。“最近、アナログレコードの音が良いという人が増えたのはなぜ?”“デジタルとアナログのいいとこどりで「これまでになかった音」に再会”、というテーマを開発者ならではの視点で語っています。ぜひご覧ください。

※1 最大DSD 5.6MHz、リニアPCM 192kHz/24bit

大人のソニーがお薦めするレコード

サイモン & ガーファンクル 『明日に架ける橋』

モービル・フィデリティ/ウルトラディスク・ワンステップ
価格:16,000円(税抜)
発売元・販売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
© Columbia Records

ビリー・ジョエル 『ニューヨーク52番街』

ソニーミュージックグループ自社一貫生産アナログレコード復活第一弾
価格:3,800円(税抜)
発売元・販売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
© Columbia Records

clear