法人のお客様プロフェッショナルモニターBVM-HX3110特長
特長

正確な色再現に加え、4000cd/m2 の高輝度(*1)や高速動画応答(*2)を実現

ソニーが設計した新型二層液晶パネルと、ソニー独自の信号処理を用いたTRIMASTER HX(TM)技術を搭載。これにより、正確な深い黒色や色再現をしながら、4000cd/m2 の高いピーク輝度(*1)や、高速動画応答(*2)を実現します。

*1 本輝度は10%白色ウィンドウ画像かつD65 (x, y = 0.3127, 0.329)時の標準値であり、保証値ではありません。本機の電流量およびスクリーン温度が許容値を超えようとする場合、本機を保護するため自動輝度制御(ABL)機能が働きます
*2 本機能は、オプションライセンスにより対応。尚、本ライセンスは使用開始後240時間のお試しライセンスに対応します(2023年4月13日 高速動画応答に関する情報を更新いたしました)

ソニーの業務用モニター初のIP化を実現

SMPTE ST 2110信号用の標準 IP インターフェイスにソニーの業務用モニターとして初対応します。ライブ制作を効率的に実現するソニーのオンプレミスクラウド・ライブプロダクション「Networked Live」で、生放送の前や放送中に撮影チームが画質やスイッチング状況を確認することができます。

パネルの外光反射の大幅な低減と広視野角を実現

外光反射を抑える技術により、パネル表面の外光反射を大幅に抑制します。また、光学設計を最適化したことにより、広い視野角を実現します。

機能拡張により、操作性を拡充

本モニターの新しい標準ツールセットには、WF/VS(*1)、フォールス カラー、フォーカス アシスト、クローズドキャプション、3D LUT処理、画面の四分割・二分割表示モードなどの便利な機能が搭載されています。加えて、オプションのライセンス(*2)では、SMPTE ST 2110-22(JPEG-XS) のデコードおよび SNMP (Simple Network Management Protocol) のサポートも可能です。追加のライセンス(*2)により、HDR/SDR 変換やユーザー 3D LUT 信号出力などの他のオプションツールが有効になります。

*1 WF:ウェーブフォーム、VS:ベクトルスコープ
*2 本ライセンスは使用開始後240時間のお試しライセンスに対応します

モニターシリーズ間での一貫した色再現を実現

『BVM-HX310』や『PVM-X』および『LMD-A』 シリーズのモニターと同じ色再現を採用しており、シームレスに連携が可能です。

プロフェッショナルモニター サイトマップ
プロフェッショナルモニター
PVMシリーズ