商品情報・ストアビデオプロジェクター ソニー「LSPX-P1」meets 金子ノブアキ|ベッドサイドシアターへの誘い

「LSPX-P1」meets 金子ノブアキ|ベッドサイドシアターへの誘い 「LSPX-P1」meets 金子ノブアキ|ベッドサイドシアターへの誘い

コンパクトかつシンプルなデザインで注目を集めているポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」。本体にバッテリーとスピーカーを内蔵し、最大で80インチの大画面で映像視聴ができるほか、スマートフォンで操作できる手軽さなど、その小さなボディからはイメージできないほどの機能と魅力が備わっている。

今回、俳優、ドラマーとしてマルチに活躍する金子ノブアキが「LSPX-P1」を体験。
自身の楽曲である「illusions」のミュージックビデオや気になるNetflix作品などを、 寝室を舞台にしたベッドサイドシアターで楽しんでもらった。

LSPX-P1

寝室でくつろぎながら映像が観られる 寝室でくつろぎながら映像が観られる

──これまでのプロジェクターに対してはどういう印象を持っていましたか?

敷居が高い印象ですね。観るためにスクリーンも設置しなきゃいけないし、なかなか手が出ないイメージでした。

──わかります。でも「LSPX-P1」は狭い部屋でも、壁さえあれば映像鑑賞ができるんです。

すごいコンパクトですよね。プロジェクターって大きいイメージがあるから置く場所に困ると思ってたんですけど、今までの悩みが解消される。画質も柔らかい感じで睡眠前にくつろぎながら映像を観られる気がします。寝る前に映画を高精細なテレビで観るとなると、あまりリラックスできないときがあるんです。例えば「男はつらいよ」の「寅さん」シリーズを観ているときに、映像がきれいすぎてストーリーが頭に入って来なかったり(笑)。

LSPX-P1

──映像の鮮明さに目が奪われちゃう。

そうそう。それがよさでありつつ、たぶん僕らぐらいの年代の人たちっていうのは、懐かしさを味わいたくて「昔の映画が観たいな」と思うときがある気がして。そういうときには、プロジェクターで大きく投影した映像のほうが余韻が残る気がします。

──ご自身の家でプロジェクターを使ったことはありますか?

ないんです。僕は仕事現場と言うか、ライブなどで使うことが主で。

──「LSPX-P1」で鑑賞いただいた「illusions」のMVもプロジェクションを多用した作品でした。

ええ。ほかの現場でもルーメン(光源からの光の量)も1万くらい出力する業務用プロジェクターを使うことが多かったので、家庭用のものを使うのは初めてで。「LSPX-P1」は100ルーメンと聞きましたが、こんなに映像がきれいなんだって驚きました。

──デザインはいかがでしたか?

このコンパクトさで、これ以上求めてしまってはいけないぐらいのところまで追求されてる気がします。僕の場合、ツアーや撮影で地方に行くことが多いんですが、ホテルの部屋でテレビを付けっぱなしにすると部屋がまぶしいんですよ。だから、何か映像を観たいと思ったとき、スマホやタブレットの小さな画面で観ることになる。もちろんそのサイズで観るのもいいんですけど、「LSPX-P1」を持ち込んで、壁に映像を流していたらだいぶリラックスできるのかなって。

LSPX-P1

──従来のプロジェクターに比べると、かなりコンパクトですから持ち運びも楽ですね。バッテリー内蔵なので設置場所を選ばないし、付属のワイヤレスユニットに Google Chromecast やBlu-rayレコーダーなどを接続して、映像を観ることもできます。

Chromecast は小さいし、お手軽ですよね。さっきも、スマホを操作して YouTube をキャストしたときも遅延がほとんどなかったし。Wi-Fiがあればどこでも使える。個人的には「LSPX-P1」みたいなものがあると、もう一度映画を観る習慣ができそうな気がして。家電製品の根っこにある「暮らしが豊かになる」という価値を感じることができる。

Chromecast
金子ノブアキ 金子ノブアキ

「LSPX-P1」で鑑賞したい作品は? 「LSPX-P1」で鑑賞したい作品は?

──プロジェクターで映像を鑑賞する魅力や醍醐味ってどんなところでしょうか?

やっぱり画面が大きいことですね。ただ昔のプロジェクターって、映像が大きい=劣化するっていうイメージがあったし、ホントに部屋を真っ暗にしないと見えないとか、そういうレベルだったと思うんです。でも「LSPX-P1」はそういう部分が解消されていて。壁一面に映してもきれいに映像が見えるし、まるで映画館にいるような感覚になる。それは驚きました。

──せっかくなので、「LSPX-P1」で鑑賞してみたい作品を教えていただきたいのですが。今回は Google Chromecast を使って視聴できるNetflixの中から選んでいただきましょうか。

まずは「寅さん」シリーズですね。でも50作近くあるから、観始めたら止まらなそうだな。あとドキュメント作品も大画面で観ると面白いでしょうね。Netflixだと伝記映像もあって、クインシー・ジョーンズの「クインシーのすべて」とか、ジョニー・キャッシュのドキュメンタリー「リマスター:ジョニー・キャッシュ」とかオススメです。

──ミュージシャンならではのセレクトですね。

ほかにも「RAPTURE ヒップホップの世界」っていうヒップホップ系のドキュメントも面白い。デイブ・イーストとか、2チェインズとかがオムニバスで紹介されてるんです。日本とアメリカの音楽シーンってけっこう乖離しちゃってて、今、何がアメリカで人気あるのかとかちゃんと観なきゃいけないなと思って。

──Netflixのオリジナル作品はクオリティが高いですよね。

すごい高い! 最近では、海外の映画スターがどんどんNetflixの作品に参加するようになって。だからこそ、「LSPX-P1」を使って映画館のような環境で観たくなる。あと風景や自然がキレイな作品も大画面で観るのにオススメですね。

──お好きなシリーズはありますか?

BBC EARTHの「ワイルド・アラスカ」ですね。このシリーズは季節ごとに分かれていて、映像がすごいきれいなんです。壁一面に大自然が投影されるのは迫力がありますね。

──ちなみに今回の企画のように、ベッドサイドでまどろみながら観たい作品はありますか?

Netflixでは配信されてないけど、ジム・ジャームッシュかなあ。「ストレンジャー・ザン・パラダイス」とか「デッドマン」とかモノクロの作品。「コーヒー&シガレッツ」とかは観ながら気持ちよく寝ちゃいそう(笑)。

──では「LSPX-P1」をどういう人に楽しんでもらいたいですか?

家族がいる方は寝室での生活が変わるでしょうね。あと、20代の若い人。自分が1人で部屋でくすぶってるような時代にあってもよかっただろうな。値段も手頃だし、部屋が小さくても壁さえあれば使うことができるし。今って、ミニマリズムと言うかミニマルな暮らしを大事にする人が増えてるからぴったりでしょうね。好きなモノクロ映画とかを、部屋全体を飲み込むように投影したりして、自分の好きな空間を作ってみたり。それこそ東京で暮らしていると、部屋は狭いし、隣も近いし、そんな中でも自分だけの空間が欲しいというときもある。そういう人にも合うと思います。

金子ノブアキ 金子ノブアキ
金子ノブアキ LSPX-P1

製品紹介

ポータブル超短焦点プロジェクター
LSPX-P1

商品情報

金子ノブアキ(カネコノブアキ)

幼なじみのJESSEと共にRIZEを結成し、2000年にデビュー。高いドラムセンスが高い評価を受け、2002年に史上最年少で「リズム&ドラム・マガジン」の表紙、2005年にはパールドラムのバナー広告をチャド・スミス(Red Hot Chili Peppers)、ジョーイ(ex. Slipknot)に並び日本人で初めて飾る。2009年にはRIZEと並行してソロプロジェクトも始動させ、同年7月に1stアルバム「オルカ」、2014年2月に2ndアルバム「Historia」を発表した。2015年にはギタリストにPABLO(Pay money To my Pain)を迎え、初ソロライブを実施。音楽、映像、照明を駆使し総合芸術として表現するライブは高い評価を受ける。また同年10月に清川あさみ作の絵本「シートン動物記 狼王ロボ」にインスパイアされ制作をした楽曲「LOBO」 を配信リリース、2016年5月には3rdアルバム「Fauve」を発売した。2018年10月にSKY-HIをフィーチャリングゲストに招いた新作「illusions」を配信リリース。また俳優としてもテレビドラマやCM、映画などでも活躍し、2018年11月公開の映画「ギャングース」にも出演している。

金子ノブアキ | Nobuaki Kaneko
Google Chromecast 、 YouTube は、Google LLC の商標です。
カタログPDFダウンロード
ビデオプロジェクター サイトマップ