商品情報・ストアデジタルビデオカメラ アクションカムHDR-AS100V/AS100VR特長 : 小型・軽量・タフボディ
特長 : 小型・軽量・タフボディ

専用アクセサリーと組み合わせればハンズフリーで撮影を楽しめる

POV(Point of View Shot)ショットで斬新な映像が残せる

ヘルメットにアクションカムを固定すると、映画のPOV(Point of View Shot)ショットのような、自分の視点に近い映像が撮影できます。たとえば自転車走行中に目にしている景色といった実際に体験しなければ見られない臨場感のある映像を残すことができます。

小型・軽量ボディ

本体重量92g(*1)のコンパクトボディに広角レンズを搭載。スリムな形状により風圧や水圧を受けにくいので、頭への装着や自転車への搭載などにもジャマにならず、スノーボードなどエクストリームスポーツのプレイ中でもハンズフリー(*2)の自由なスタイルで撮影できます。また、クリアコート加工をボディに施したことで汚れにも強く、アクティブに使用できます。

*1 本体に同梱バッテリー(NP-BX1)をセットした場合の重量です
*2 専用アクセサリーと組み合わせる必要があります

ウォータープルーフケースなしで、より軽く、コンパクトに使える

水しぶきがかかっても大丈夫。本体のみで天候を選ばずに撮影できる防滴ボディ(*)

本体のみでIPX4相当の防滴性能(*)を実現。雨天のシーンや水しぶきがかかる水辺のアクティビティでも、ウォータープルーフケースなしで撮影できます。

* JIS防水保護等級IPX4

アクティブなシーンで活躍するタフボディ

付属の軽量でスリムなウォータープルーフケース(SPK-AS2)を使用すれば、水深5m(*1、2)までの水中撮影も可能です。さらに、防塵(*2)、耐衝撃(*2) 、耐低温のタフボディでサーフィンはもちろん、スキーやスノーボードなどアクティブなシーンでも活躍します。しかも、START/STOPボタンの他にメニュー操作ボタンがウォータープルーフケースにあることでマウントしたままカメラの各種設定が可能です。集音ドアで会話や環境音もクリアに記録できます。

*1 本機は防水構造となっておりますが、全ての水圧において防水を保証するものではありません
*2 ウォータープルーフケース(SPK-AS2)装着時

防水・防塵・耐衝撃・耐低温についての注意

HDR-AS100Vの品質試験は、弊社の規格に基づいて特定の環境のもとで行われています。いかなる場合においても無破損・無故障・防水を保証するものではありません。ご使用の際には、<防水・防塵・耐衝撃・耐低温についての注意>をよくお読みください。

【ウォータープルーフケースについて】
●砂・髪の毛・ほこりなどの異物を防水パッキンに挟みこまないようにしてください
●わずかな異物でも浸水の原因になるので、防水パッキンに傷がついていないことを確認してください。異物の付着が確認されたときには、繊維の残らない、やわらかい布等で拭き取ってください。先のとがったものは使わないでください。防水パッキンや、防水パッキンのあたる面に傷が付くと、浸水の原因になります
●水辺で使用中は、絶対にウォータープルーフケースのケースカバーを開けないでください
●本機をウォータープルーフケースに取り付けて水中撮影すると、画像が通常よりも鮮明に撮影されませんが、故障ではありません

【防塵・耐衝撃性能について】
●防塵・耐衝撃性能については、傷やへこみがつかないことを保証するものではありません
●MIL-STD810F Method 516.5-Shockに準拠した厚さ5cmの合板上での1.5mからの落下テストをクリアしています。ただし、すべての状態において無破損・無故障・防水性能を保証するものではありません

【耐低温について】
●本機の動作温度は-10℃から40℃、保存温度は-20℃から60℃です
●周囲の温度が低いとバッテリーの性能が一時的に低下するため、使用できる時間が短くなります
●スキー場などの寒冷地で使用した場合、雪や水滴が付いたまま放置すると、ウォータープルーフケースのホールドレバーやバックルロックなど可動部のすきまに入った雪や水滴が凍り、動きにくくなる場合がありますので、ご注意ください

【水中・水辺で使用した後のお手入れについて】
●ウォータープルーフケースのケースカバーを開けたときに水や砂がウォータープルーフケースの中に入ると、本機の故障の原因になります。濡れた手や、砂の付いた手でケースカバーの開け閉めはしないでください。完全に乾いた状態でケースカバーを開けてください
●使用後は60分以内に必ず水洗いをしてください
●温泉では使用しないでください
●容器にためた真水に5分程度つけ置いてから、水の中で本体を揺すったり、各ボタンを動かして、ボタンのすきまに入った塩、砂等をしっかりと洗い流してください
●水道などからの勢いのある水を直接あてないでください

RECランプを2箇所に搭載

RECランプ(REC/アクセスランプ)を、本体背面に加えて上部にも搭載。アクティビティ中もスムーズに、さまざまな方向から録画スタート/ストップを確認できるので便利です。

現在 ソニーストアでの取り扱いのない商品です

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタルビデオカメラ アクションカム サイトマップ
アクションカム