商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αα7R III特長 : 飛躍的進化を遂げたAF性能
特長 : 飛躍的進化を遂げたAF性能

新AFアルゴリズムで“4Dフォーカス”に対応

α9に搭載した新AFアルゴリズムを本機用に最適化。画像処理システムの刷新も寄与し、AF速度、精度、追随性能が飛躍的に向上。α7シリーズで初めて“4Dフォーカス”に対応し、野生動物などの素早い動きも的確に捉えて離しません。

Wide:399点像面位相差AFセンサーと425点コントラストAF

撮像エリアの縦約68%×横約68%の範囲をカバーする399点像面位相差AFセンサーに加え、コントラストAF枠を従来の25点から425点に多分割化し、AF精度を大幅に向上。広範囲・高密度のAFセンサーが高精度に捉えます。

Fast:従来比最大2倍(*)に高速化したAFレスポンス

高速性と追随性に優れた位相差AFと高精度なコントラストAFを併用する「ファストハイブリッドAFシステム」が進化。低照度時のAF速度が最大2倍(*)向上し、暗いシーンでも被写体を瞬時に捉えます。

* α7R II比。ソニー測定条件

Steadfast:従来比約2倍(*)に向上した動体追随性能

イメージセンサーからの読み出し速度の高速化により連写中のAF測距・演算頻度を高め、動体追随性能が従来比約2倍(*)に向上。複雑な動きやスピードに緩急のある動体も、より高精度にAFが追随し続けます。

* α7R II比。ソニー測定条件

追随性能が約2倍(*1)に向上した瞳AF

被写体の瞳を自動検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能が進化。検出精度・速度を高め、追随性能が約2倍(*1)に向上。動きのあるポートレート撮影でも、コンティニュアスAF(AF-C)で安定して瞳にピントを追随し続け、リズムよく撮影できます。遠くの被写体で顔が小さい場合や、うつむくなど、顔のアングルに変化があるシーン、逆光で顔が暗いシーンなど、瞳にピントを合わせるのが難しいシチュエーションでも瞬時に瞳を検出し捉え続けます。また、Aマウントレンズ装着時(*2)も瞳AFに対応しました。

被写体が振り向いた瞬間も素早く瞳を捉える
被写体が振り向いた瞬間も素早く瞳を捉える

*1 α7R II比。ソニー測定条件
*2 SSMレンズまたは、SAMレンズ装着時。LA-EA3使用時。動画撮影時は「瞳AF」に対応していません。AF-CはAFシステムで「位相差AF」を選択時のみ使用可能ですが、「連続撮影:Lo」モード以外(Hi+、Hi、Mid)で撮影中はピントは1コマ目の撮影時に固定されます

Aマウントレンズ装着時(*)も399点の像面位相差検出AFに対応

専用位相差AFセンサーを搭載していないマウントアダプター(LA-EA3)を介したAマウントレンズ装着時(*)も像面位相差AFに対応。399点の像面位相差検出AFによる広いカバー範囲と高速レスポンス、高い追随性能をAマウントレンズでも発揮できます。また、瞳AFも使用できます。

* SSMレンズまたは、SAMレンズ装着時。LA-EA3使用時。動画撮影時は「像面位相差AF」に対応していません。AF-CはAFシステムで 「位相差AF」を選択時のみ使用可能ですが、「連続撮影:Lo」モード以外(Hi+、Hi、Mid)で撮影中はピントは1コマ目の撮影時に固定されます

EV-3の低輝度環境にも対応する高精度なAF

AFアルゴリズムの進化により「シングルAF(AF-S)」でのAF検出時の低輝度限界は、EV-3(ISO100相当/F2.0レンズ使用)を達成。暗いシーンでも高精度なAFを生かして撮影ができます。

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)