商品情報・ストアデジタル一眼カメラ αSEL70200G特長
特長

主な特長

Gレンズならではの卓越した描写性能と磨き抜かれた操作性を備えた望遠ズームレンズ

α7シリーズにマッチする、軽量・コンパクトな望遠ズームレンズ。最新の光学技術を採用し、ズーム全域でソニーのGレンズならではのぼけ味や圧倒的な解像力を実現。非球面レンズには、ソニー独自の高度な成型技術を用いた高度非球面 AA (advanced aspherical) レンズを2枚採用。さらに、反射率を大幅低減するソニー独自の「ナノARコーティング」や、スーパーEDガラスなどの先進技術を惜しみなく投入しています。また、9枚羽根構成の円形絞りの採用により、無限遠から近距離まで鮮鋭に描くだけでなく、なめらかで自然なぼけ表現が可能。機能面ではリニアモーターを2個搭載し、高い機動性を実現。使いやすい全域開放F値4固定、ズームやフォーカス時に全長が変わらないほか、フォーカスホールドボタン、フォーカスレンジリミッターなどをレンズ本体に配し、使いやすさにも配慮しています。 

レンズ構成:15群21枚
最短撮影距離:1.0 m(ワイド端)-1.5m (テレ端)
最大撮影倍率:0.13倍
焦点距離イメージ(mm):105-300mm(*)
フィルター径:72mm

* 撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値(mm)

α7シリーズにふさわしい小型・軽量設計

FE 70-200mm F4 G OSSは、35mmフルサイズに対応した望遠ズームレンズです。撮影時の利便性を考慮して、フォーカシングによる全長変化がないインターナルフォーカシング方式を採用。さらに徹底した軽量化により、携行性にも優れています。α7シリーズのコンセプトにマッチする、高い画質とコンパクト性を両立しています。

ハイアマチュアユーザーのニーズに応える高い操作性を実現

レンズ本体の小型・軽量化に加え、撮影時の操作性も追求。レンズ本体にフォーカスホールドボタンやフォーカスレンジ切り替え、光学式手ブレ補正スイッチなどを搭載し、ハイアマチュアユーザーのニーズに応える高い操作性を実現しています。また、安定した撮影を可能にする、取り外し式の三脚座を装備しています。

※ 本製品のフォーカスホールドボタン等は、一部のカメラ本体においてお使いになれません。カメラ本体との互換情報詳細については、サポートサイトでご確認ください。(2014年3月7日追記)

「ナノARコーティング」採用により、フレア・ゴーストを抑えたヌケの良い高画質を実現 

レンズの表面に入射した光は一定の割合で反射するため、その不要な反射光が画質を劣化させるフレアやゴーストの原因になります。ソニーが独自に開発したコーティング技術「ナノARコーティング」は、ナノサイズ(1ナノメートルは10億分の1メートル)の凸凹を規則的に並べた構造で、レンズ表面に境界面をなくして光の反射率を大幅に抑えます。このコーティングをレンズ面に施すことで、通常の反射防止コートと比較して約1/5という低い反射率を達成。不要な光の反射を極限まで低減し、内面反射によるフレアやゴーストを抑え、黒が締まったヌケの良いクリアな画質を実現しています。

手持ち撮影時に威力を発揮する、光学式手ブレ補正機能

光学式手ブレ補正機能を搭載し、望遠撮影時や屋内などの暗所での手持ち撮影時に起きやすい手ブレを軽減します。また、カメラの持つブレ軽減モードや手持ち夜景モードと組み合わせることで、夜景はもちろん、室内の雰囲気を生かしたいときも、感度を上げることなく、画質を維持したままノイズを抑えられます。

防塵防滴に配慮した設計

ほこりや水滴の浸入を防ぐ設計を採用。ハイアマチュアユーザーのタフな使用にも十分耐える構造に仕上げています。

※ 防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、ホコリや水滴の浸入を完全に防ぐものではありません

 

ピンチアウトで拡大できます

撮影情報
  • シャッター速度1/250秒
  • F値F4
撮影情報
  • シャッター速度1/250秒
  • F値F4.5
撮影情報
  • シャッター速度1/200秒
  • F値F4
撮影情報
  • シャッター速度1/80秒
  • F値F11
撮影情報
  • シャッター速度1/250秒
  • F値F4

レンズ構成図

MTF曲線

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ
カメラ本体
デジタル一眼カメラ“α”[Eマウント]
デジタル一眼カメラ“α”[Aマウント]
レンズスタイルカメラ
Eマウントレンズ
マクロレンズ(Eマウント用)
コンバーターレンズ(Eマウント用)
Aマウントレンズ
マクロレンズ(Aマウント用)
テレコンバーター(Aマウント用)