商品情報・ストアICレコーダー/集音器 「Sound Organizer 2」によるアップデートとは

本体アップデート情報

「Sound Organizer 2」によるアップデートとは

「Sound Organizer 2」起動時にインターネット経由でサーバーに接続して、接続されているICレコーダーまたはリニアPCMレコーダー(以下、レコーダーと記載)本体のソフトウェアのアップデート情報を自動的に確認します。
最新版がある場合は、アップデートを実行することで、本体のソフトウェアを最新の状態に保つことができます。
「Sound Organizer 2」からアップデートできるものは、対応しているレコーダー本体のソフトウェアとSound Organizer 2自身のアップデートのみです。

■アップデートの方法および注意事項

【アップデート方法】

最新のソフトウェアがリリースされると、レコーダーをパソコンに接続して「Sound Organizer 2」を起動したときに、アップデート通知ウィンドウが現れます。アップデート内容、注意事項をお読みになった上で右下の「上記の内容に同意します。」にチェックを入れ、[今すぐアップデート] のボタンをクリックしてください。画面の指示に従って、アップデートを実行してください。プログラムをダウンロードし、本体ソフトウェアを更新します。

  • ※アップデート作業を後で行う場合は、[後で] を選択してください。この場合は、一定期間後に再び、アップデートの通知ウィンドウが現れます。

アップデート完了のメッセージが表示されたら、[OK] をクリックしてください。
以上でアップデートは完了です。

【注意事項】
  • 本体ソフトウェアのアップデート実行中は、レコーダーとパソコンの接続を解除したり、レコーダーの操作を行わないでください。
  • アップデート前にレコーダー本体のバッテリーを充分に充電しておいてください。
  • アップデート作業は、「コンピューターの管理者」または「管理者」に所属するユーザー名でログオンした後に実行してください。
  • 「ユーザーアカウント制御」のダイアログボックスが表示されることがあります。内容を確認の上、画面のアナウンスにそってそのまま作業を続けてください。

■アップデートに関する主なQ&A

Q1. アップデートの通知ウィンドウが現れないのですが。

A1. 以下を実行してください。

  • インターネットに接続されているか確認する
  • 自動通知機能の設定を確認する
    「Sound Organizer 2」の上部メニューから [ツール] ⇒ [設定] をクリックし、[ソフトウェアのアップデート] ⇒ [ソフトウェアの自動アップデート]の「Sound Organizer 起動時に、アップデート情報を自動的に確認する」にチェックが入っていることを確認してください。
  • アップデートを手動で確認する
    「Sound Organizer 2」の上部メニューから [ツール] ⇒ [ソフトウェアのアップデート] をクリックしてください。

アップデートがあれば通知ウィンドウが現れます。

Q2. アップデート前のバージョンに戻すことはできますか?

A2. できません。最新のソフトウェアでご使用ください。

カタログPDFダウンロード
ICレコーダー/集音器 サイトマップ