商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

高解像で魅せる野鳥の美しさ
〜 α7R III×「G Master」レンズの群を抜く表現力 〜

写真家 山田 芳文氏

α Universe editorial team

世の中にあふれる多くのカメラの中から、写真家の山田芳文氏が相棒に選んだのはα7R III。なかでも卓越した解像感が気に入って発売直後から使い始めたという山田氏に、使い込んで改めて感じたα7R IIIの魅力や、レンズを含めたαの総合力についてお聞きしました。

山田 芳文/写真家 「鳥がいる風景写真を必然撮り」と「100種類の鳥よりも1種類を100回」をモットーに野鳥を撮り続ける。撮った写真はカメラ雑誌やバードウォッチングの専門誌、自然保護団体の会報誌などで発表。最新刊は『やまがら ちょこちょこ』(文一総合出版)

αとの出合いでミラーレスの概念が一変。
時代が変わったことを実感した

――山田さんがαシリーズを初めて使ったときの印象を教えてください。
私が初めて使ったαは、α9です。初めて撮影したときはAFの性能に驚きました。速いのはもちろん、あらゆる動きにも一瞬でフォーカスを合わせてくれて、そのときの感動は今でも忘れられません。

α9,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 358mm,F5.6,1/3200秒,ISO6400

上の作品はα9で初めて撮ったものです。最近のカメラはどれもAF性能が上がっていて、鳥が横向きに飛んでいる場合は比較的フォーカスを外すことはありません。でも向かってくる鳥に関してはフォーカスが遅れるカメラが多い。そんな中で、α9はまったく遅れずにしっかり被写体を捉え続けてくれました。1秒間に60回※演算しているからこその優れたAF性能だと思います。
そのため、α9を使ってからはミラーレスの概念がガラリと変わりました。それまではデジタル一眼レフとミラーレスは棲み分けて共存していくものだと思っていましたが、デジタル一眼レフはフィルムカメラと同じ運命を歩む、「時代が変わった」。そう実感したことを覚えています。
さらにミラーレスはEVFも便利です。私にとっては被写界深度を確認できるのがとてもありがたい。今までは時間に余裕があればF4、5.6、8、11、16くらいまで絞りを1周させて撮影していましたが、今はほとんどすることがなくなりました。被写界深度による仕上がりの違いが撮影前から見えることは撮影時間の短縮にも繋がっています。
※シャッタースピードが1/125秒以上の場合。装着レンズ、カメラ設定によって演算回数は異なります。

野鳥の細部や毛の質感まで映し出す
卓越した解像感が最大の魅力

――発売以来、α7R IIIをずっと使い続けているそうですが、その理由を教えてください。
α7R IIIは解像感の高さが一番の魅力です。それは第一印象から変わらないところ。野鳥撮影では毛の質感から細かな毛色の違いまで写し取れるカメラが求められます。それを高解像できっちりと描写してくれるのがα7R IIIです。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 400mm,F11,1/125秒,ISO500
上の画像を拡大。

上のモズは高い解像感がわかる1枚です。フォーカスを合わせた目の周辺を拡大しても、目の下に少しだけある白い毛が1本1本描写されています。通常は、このくらいのフル画面で撮ると、拡大したときに白い部分が毛だということすらわかりません。あと、目とくちばしの間にある黒い毛。フォーカスポイントより少し後ろの位置ではありますが、毛の長さや太さの違いまで見てとれます。フル画面で撮っても毛のディテールまでわかることに、ちょっとびっくりしました。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 400mm,F5.6,1/500,ISO800
上の画像を拡大。

このヤマガラも同様です。目の下の毛の部分、すごくないですか? 多分、顔だけを拡大して見せて「マクロで撮りました」と言っても、「そうでしょうね」と言われるぐらい解像しています。ローパスレスのカメラだと上のような鳥の写真ではモアレが出ることもありますが、α7R IIIはほとんど出ることがありません。これは意外とすごいことです。
私がフィルムカメラからデジタルカメラに変えた頃、洋服の生地を拡大して撮影する仕事があり、撮った画像を確認したらモアレが出ていたことがありました。フィルムでは出なかったのに、デジタルでは出てしまうのか、という印象が自分の中に強く残りました。そのカメラはローパスフィルターがあるカメラでしたが、それでもモアレが出ていましたからね。そんな出来事があったので、α7R IIIのスペックを見て一番心配だったのがローパスフィルターレスという事でした。モアレが出るのでは、と心配でしたが、実際に使ってみると出やすい状況でも出ないことがわかって安心しました。

滑らかにとけていくようなぼけ味と
シャープさの両立
G Masterでしか表現できないものがある

――αのレンズラインナップの中でお気に入りはありますか?
撮影に必ず持っていくのは「FE 24-70mm F2.8 GM」、「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM
OSS」の2本。最近は「FE 85mm F1.4 GM」を持って出かけることも多いです。ぼけ味がとても美しく、2本のレンズの間を埋める焦点域にあたるので、距離を自分で調整できるようなシーンで活躍します。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 42mm,F5.6,1/800秒,ISO500

「FE 24-70mm F2.8 GM」で撮影した上の作品は、「G Master」レンズの実力が伝わる1枚です。「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」で撮ったものを見せて「G Masterのぼけはきれいでしょ」と言っても、「それは焦点距離が長いからだ」という人もいるでしょう。そう言わせないためにも「FE 24-70mm F2.8 GM」でぼけ味のきれいな作品を撮りたいと思っていました。
フォーカスポイントから離れていくにつれて、だんだんとぼけが滑らかにとろけるような感じになっているところが非常に気に入っています。フォーカスを合わせた目の部分はシャープに描写されていて、「シャープさ」と「ぼけ」という相反するものが両立しているところは「G Master」レンズならでは。晴天の硬い光で撮っていますが、ヤマガラの頬の白い毛も飛ばずに粘ってくれて、レンズの良さを感じる作品に仕上がったと思います。

白も黒も犠牲にしない、広いダイナミックレンジ

――コントラストが強いシーンも、とても美しい描写ですね。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 100mm,F8,1/1000秒,ISO250

上の作品はクロアジサシの求愛シーンを撮影したものです。白い砂浜に黒い鳥がいるようなシーンではダイナミックレンジの広さがものをいいます。ダイナミックレンジが狭いカメラでは、黒い部分を見せようとすると白が飛んでしまいますからね。白か黒、どちらかを犠牲にしなければならないところですが、α7R IIIはどちらもしっかり表現できます。
クロアジサシはコロニーをつくる鳥なので、後ろの方にも同じ鳥がたくさんいるのがわかりますよね。この鳥はあまり警戒しないので、砂浜に腹這いになって撮影しました。でも求愛というデリケートなシーンなので、シャッター音がすると逃げてしまいます。メカシャッターでは1枚目は撮れても2枚目以降は撮れない可能性があるので、サイレントシャッターで撮影。鳥の動きを見ながら、いい瞬間を撮ることができました。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 309mm,F5.6,1/1600秒,ISO200

このカツオドリは、黒い親鳥と白い産毛が残った幼鳥、親子のカットです。こちらも白と黒のどちらもしっかり描写したかったので、ダイナミックレンジの広さに助けられた作品といえます。白飛びを怖れてアンダー気味に撮ると親鳥の黒が潰れてしまいますからね。さらに「G
Master」レンズならではの滑らかなぼけもいい感じです。
フォーカスは親の目に合わせていますが、親も子も微妙な動きがあります。止まっていますが、顔の向きを変えたりして2羽の距離感が変化するのです。親までの目と、子供までの目が同じ距離になり、どちらにもフォーカスが合う瞬間にシャッターを切る、という作業を繰り返し、じっくり時間をかけて撮影した1枚です。

画面がすべて同系色でも階調豊か。
グラデーションで見せる美しい白の世界

――雪の上を歩く白鳥は、白と白の組み合わせになる難しいシーンだと思いますが。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 166mm,F5.6,1/500秒,ISO320

湖が凍って雪が積もり、その上をオオハクチョウが歩いているシーンですね。白をバックに白い鳥を撮っているので、画面はほぼすべて同系色。一概に白といってもグレーに近いものから真っ白のようなものまで濃淡がありますが、それがきちんと再現できていると思います。白い鳥が背景に馴染んでしまうことなく、降っている雪もわかります。逆光で撮ると雪を浮かび上がらせやすいのですが、この曇天のフラットな光の状態でこれが撮れるのは素晴らしいと思いました。
画面の全てが同系色になっているにも関わらずオオハクチョウの存在感が際立っている。色の再現性が高いカメラには、こうした一色の世界も立体的に見せる力があります。

ISO感度が4桁でも許容範囲
こんなカメラは初めてではないか

――野鳥撮影の場合、状況によっては高感度にせざるを得ないシーンもあると思いますが、高感度撮影についてはいかがでしたか?
下のヤマガラは周囲に木々が生い茂っていて光が足りない場面でした。ISO1600で撮りましたが、ノイズがほとんど出なくてびっくり。「高画素機は感度に強くない」という先入観がありましたが、そんな考えが払拭されました。

α7R III,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 400mm,F5.6,1/250秒,ISO1600

ISO感度を上げて、ノイズをどこまで許せるかは人によって全然違うもの。ちょっとでもザラついたら嫌だという人もいれば、いくら感度を上げてもノイズが気にならない人もいます。私は正直、気になるタイプ。新しいカメラを使うときは必ず最初にISO感度のチェックをするほど、ノイズには敏感です。スタジオで厳密に条件を固定して最低感度から上げていき、自分の中でどこまで許せるかをテストします。これは私が満足できるかどうかの基準になりますが、今まで4桁をクリアしたカメラはありませんでした。でもα7R IIIは4桁まで上げてもでも私の中では許容範囲。こんなカメラは初めてでした。
ISO4000で撮った作品を、横浜で行われたカメライベント「CP+ 2019」で披露したのですが、このときは驚くほどの超巨大モニターに作品を映し出すのでかなり心配していました。でも全然問題なくて、その美しさに驚いたほど。
高感度でノイズレスのカメラは、質感が出ないというデメリットも持ち合わせていましたが、α7R IIIはノイズが少ないのに質感もしっかり出ている。そんなところもαを使う理由のひとつです。

野鳥撮影でも通用するAFと連写の性能。
構図にこだわったときこそ実力を発揮

――動きの速い野鳥を撮るときはAF性能も大事だと思いますが、AFの印象は?

α7R III,FE 85mm F1.4 GM 85mm,F4,1/3200秒,ISO125

AFゾーンをワイドにしても精度がほとんど変わらないので、鳥を画面の端に入れて撮るときは安心感があります。上のオオハクチョウもそれが役立った作品です。
このハクチョウは着水前、ぐるぐると旋回しているシーンを狙って撮りました。とくに無風のときは着水までに時間がかかる傾向があるので、無風だったこの日は「ここで撮る」と決め打ちで撮影。ポイントとして左下に少し高い山を入れ、オオハクチョウは右上に置き、右から左に向かって飛んできたところを撮ろうと決めていました。
ポイントに飛んできたら連写で数枚撮影。三脚に装着したカメラを左右に降りながらAFで撮影しました。オオハクチョウのサイズとスピードであれば、秒間10コマあれば十分。構図にこだわっていたので、ほんの少しでも位置関係がズレたらボツにしましたが狙い通りに撮れて満足です。

背景を広く入れたときにこそわかる
カメラのポテンシャルと総合力

――カメラのポテンシャルは、どのようなシーンでわかるものですか?

カメラの本当のポテンシャルがわかるのは、「引き」の写真だと思っています。引けば引くほど、鳥を小さく写せば写すほど、カメラの性能差を感じるものです。αは高解像や豊かな階調、色再現、専用レンズなど、多くの魅力があるのでその総合力がうかがえるのも引きの写真です。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 33mm,F4,1/500秒,ISO1600

上はナベツルが飛んでいる風景写真です。飛んでいるので引きで撮っているとはいえ、ある程度シャッタースピードを速く設定しなければなりません。そのため感度はISO1600に上げて撮影しました。それでもノイズはほとんど感じませんし、早朝の空ならではのオレンジと青のグラデーションもとてもきれい。清々しい朝の雰囲気、空気感までしっかり写し取ってくれました。

α7R III,FE 24-70mm F2.8 GM 24mm,F8,1/1000秒,ISO200

このコシグロペリカンもαの総合力が感じられる作品です。専用レンズであるFE 24-70mm F2.8 GMで周囲まで入れ込み、ペリカンがいる風景写真に仕上げました。正直なところ、こういう写真はカメラの善し悪しに関わらずきれいに写ると思いますが、印象的な雲を表現できるのは秀逸なカメラとレンズの組み合わせがあってこそ。雲の明暗をはじめ、鳥、海なども美しく再現し、画としての完成度を高めてくれるのがαなのです。
総合力という面でいえば、バッテリー性能のよさも忘れてはならないところ。αは第3世代になって、格段によくなりました。遠隔操作をせず、普通に撮る場合はフル充電して行けば朝から夕方まで1本で足ります。交換の手間やバッテリー切れの心配がないので、撮影に集中できます。

鳥の行動を読めば「必然撮り」が可能。
カメラ、レンズともに時代の先を行く

――野鳥と向き合うときの心構えなどがあれば教えてください。

撮影するまでに時間をかけて鳥の行動パターンを読むことです。撮影が仕上げというイメージなので、そこは決して手を抜かずに準備をして臨みます。そうすると確信を持って「必然撮り」ができる。「撮れた写真」と「撮った写真」は違います。撮影者の意思が感じられるのは、やはり「撮れた」ではなく「撮った」作品です。
――現在はフルサイズミラーレス機が多くのメーカーから発売されていますが、山田さんがαを選ぶ理由は?
他社もフルサイズミラーレスに参入してきましたが、何年も前から先行して作られているソニーのαは1歩も2歩も前に進んでいる感じがします。時代を先取っていち早くフルサイズミラーレスに力を入れたソニーは、その分、あらゆる性能が勝っていると思います。レンズラインアップもそのひとつです。恐るべきスピードでミラーレス専用設計レンズを揃え、ある程度揃った今もユーザーが欲しているレンズや個性的なレンズをコンスタントに出し続けている。これも先行したアドバンテージがあってこそです。APS-C用のレンズとも共通のマウントなので選べるレンズやカメラがさらに豊富なのもいいですね。
カメラ、レンズともに時代の先を行く、アドバンテージがあるαは野鳥撮影でこそ非常に頼りになるので、今後も長く付き合っていきたいと思います。

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ