商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

日本カメラ

いつもカメラと! Always be Happy! 山本まりこ with α7C

日本カメラ1月号の転載

35mmフルサイズセンサーを搭載し高い機能を持ち合わせながら、いつでも持ち運べるサイズ感に先端技術を凝縮したソニーα7C。静止画も動画も1台でコンパクトに撮影できると写真家の山本まりこさんは語る。

山本 まりこ/写真家 写真家。理工学部建築学科卒業後、設計会社に就職。25歳の春、「でもやっぱり写真が好き」とカメラを持って放浪の旅に出発し、そのまま写真家に転身。風通しがいいという意味を持つ「airy(エアリー)」をコンセプトに写真を撮り続けている。撮影、執筆、講演、講師など活動は多岐。写真集『AIRY COLORS』、『熊野古道を歩いています。』、著書『エアリーフォトの撮り方レシピ』など出版多数。好きな食べ物は、カレーとイカ。 http://www.marikoyamamoto.com/

宮島の朝はひっそりと静か。ごはんを食べる前に、海の向こうの方に見える賑やかな街並みを眺めながらお散歩。朝日がキラキラ、波音がシャリシャリ…。ひょっこり、目の前に鹿が現れた。お母さん鹿と小鹿ちゃん、2頭の親子。とことことしばらく歩いて、商店街の前でのんびりと毛づくろいを始めた。 私はソニーα7Cをそっと握り、柔らかい光で撮りたいので逆光になるように音をたてないようにゆっくりと移動する。そして、サイレント撮影で連写。たまに小鹿ちゃんがこちらを見るのでファインダー越しに眼が合う。素早いAFに感動しながら、何度も。撮影した約500枚の写真を液晶画面で確認すると、小鹿ちゃんの眼がニコリとしているように思える。背景のぼけも美しい。 そんな瞬間、このカメラはこの小ささと軽さにしてフルサイズ機なのだと改めて実感する。しかも、ボディ内手ブレ補正まで内蔵してるから望遠レンズでもファインダー像も安定して、仕上がりもバッチリ。動画も撮ろう。モードダイヤルをぐるりと回して2に設定。私は静止画を撮る時は1、動画は2、動物を撮影する時は3に、シャッター速度や連写、リアルタイムトラッキングなど、あらかじめいろいろな設定を割り当てている。ダイヤルをぐるりと回すだけでいいので、とても便利。瞬間を逃さない。 動画ボタンを押して、液晶画面を眺めながらしばらく毛づくろいをする仲睦まじい親子の時間を撮影する。のんびり、ゆっくり、ほっこり。ああ、なんだか朝からとてもいい時間だなあ。自分で好きだと思える写真が撮れた、うん。そう思ったら急にお腹が減ってきた。さあ、朝ごはんを食べに旅館に戻ろう。

α7C,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 283mm相当,F5.6,1/500秒,ISO800

久しぶりの宮島。昼間は観光客でいっぱいだが、夜や朝はひっそりと静か。神の使いとして大切にされている鹿たちが島のあちこちに。

<本誌では紹介しきれなかった作品>

α7C,FE 24-70mm F2.8 GM 24mm,F5,1/100秒,ISO200

海沿いで鹿たちがくつろいでいる。かと思ったら急に走り出したり。俊敏さも、リアルタイムトラッキングやコンティニュアスモードで確実に。

α7C,FE 24-70mm F2.8 GM 70mm,F2.8,1/50秒,ISO200

夕暮れ、だいぶ暗くなってきた。草を食べながらくるくると動く鹿たち。あ、こっちを見た。町の灯りがトロリとぼけて玉ぼけに。

α7C,FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 423mm相当,F5.6,1/125秒,ISO800

鹿たちは朝から黙々と草を食べているのでいつも下ばかり見ているけれど、たまに顔を上げる瞬間も。背景ぼけの美しさはフルサイズ機ならでは。

α7Cで撮影したムービー作品「ダリアしか」は
こちらでご覧いただけます。 世羅&宮島 α7Cで撮る動画撮影の旅
写真家 山本まりこ
関連記事へ

記事で紹介された機能の詳細はこちら

記事で紹介された商品はこちら

ワンクリックアンケートにご協力ください

記事一覧
商品TOP
デジタル一眼カメラαの商品一覧を見る
最新情報をお届け

αUniverseの公式Facebookページに「いいね!」をすると最新記事の情報を随時お知らせします。

閉じる
デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ