商品情報・ストアデジタル一眼カメラ α α Universe

川音 真矢×α9

Shinya KawaotoGALLERY

α9FE 40mm F2.5 G,40mm,F5.6,1/500秒,ISO5000

[Silhouette]男性のシルエットと周りの様子が印象的で撮影。全体的にアンダー気味の写真でコントラストが重要だが、見事に階調が描写された。

α9FE 24mm F2.8 G,24mm,F8,1/400秒,ISO1000

[Window]街のモニュメントを利用してインパクトを出した一枚。被写体が通ってからでもAFが正確に動くと信頼していたため、タイミングを合わせることだけに集中できた。

α9FE 24mm F2.8 G,24mm,F2.8,1/100秒,ISO2500

[Slowdown]寝静まった都会を撮るために深夜の秋葉原へ。手持ちの高感度撮影、開放にて撮ったが非常にシャープで正確な描写を得ることができた。

α9FE 50mm F2.5 G,50mm,F2.5,1/250秒,ISO3200

[Social distance]被写体が等間隔になると関係性があるように見えてきて興味深い。モノクロゆえに重要となる黒の濃淡を豊かに表現してくれた。

α9FE 50mm F2.5 G,50mm,F11,1/500秒,ISO800

[Daily life]リフレクションを利用した人と街の表現。AFが動く被写体をしっかりと追随してくれるため、ストリート撮影で重宝する。いい瞬間を捉えられた。

Gear Impression機材インプレッション

α9との付き合いもそろそろ4年。長い時間、苦楽を共にしてきたこのカメラは、私にとって無くてはならない存在。

α9はストリートスナップを撮ることにおいて、ここまで適しているカメラは他にないと言うくらい私に馴染んでいる。まず何と言っても電子シャッターによるファインダー像消失時間ゼロのブラックアウトフリー機能は外せない。高速連写をしてもファインダー像は一切途切れない。動きのある被写体をファインダー像の消失で見失うことがなくなるため、決定的瞬間を狙いやすいのだ。さらにアンチディストーションシャッターにより、被写体が高速で動いていたとしても動体歪みを感じさせないシャープな写真を得ることができる。この機能の組み合わせは想像以上に強力で、シャッターチャンスがいつやってくるか予測の難しい環境の中、その効果を特に大きく感じる。もう何度この性能に助けられたことか分からない。α9との付き合いもそろそろ4年になろうとしている。長い時間、苦楽を共にしてきたこのカメラは、もはや私にとって無くてはならない存在である。

α9 商品情報ページへ

持ち運びやすさと高画質を両立させたこのレンズは、どこに持っていっても頼もしさを感じさせてくれる。

長くストリート撮影を行っていると、欲しくなってくるのが24mmという焦点距離だ。街の建築物を広く捉えたり、被写体に対して背景をより広く入れたりする写真が、自分の作品として必要になるからだ。このレンズは小型軽量でかつ高い解像性能を持っている。そして画面の周辺部までしっかりとシャープな描写を得ることができる。持ち運びやすさと高画質を両立させたこのレンズは、どこに持っていっても頼もしさを感じさせてくれる。

FE 24mm F2.8 G 商品情報ページへ

このレンズの高い解像性能は、メインとなる被写体のインパクトを強く残しつつ、背景もしっかりと表現したい私にとって非常に嬉しい。

40mmという焦点距離をもつこのレンズは、普段35mmレンズの使用頻度が高い私にはしっくりくる。α9に装着した際のバランスも良く、ホールディングもしやすい。このレンズの高い解像性能は、メインとなる被写体のインパクトを強く残しつつ、背景もしっかりと表現したい私にとって非常に嬉しい。ストリートスナップは時代の記録という一面を持つと思っている。このレンズはまさにストリート撮影に打って付けだ。

FE 40mm F2.5 G 商品情報ページへ

Gレンズならではの解像性能により、非常に高画質で満足のいく写真が得られる。

場所などの都合で撮りたい被写体にあまり寄れない時、私はよく50mmのレンズを使う。このレンズは小型軽量で持ち運びがしやすく、手持ち撮影中であっても素早くレンズ交換が可能だ。Gレンズならではの解像性能により、非常に高画質で満足のいく写真が得られる。またアルミニウム金属が用いられている外観の質感も非常に良く、お洒落さを感じさせてくれる。これはモノとしても所有者を嬉しい気持ちにさせてくれるレンズだ。

FE 50mm F2.5 G 商品情報ページへ
川音 真矢

川音 真矢

Shinya Kawaoto

2016年頃よりストリート写真を撮り始める。都会に暮らす人々の表情を通して、その街の移り変わりを記録すべく日々撮影をしている。Sony World Photography Awards2017 一般公募部門ストリート・カテゴリ ショートリスト、LensCulture Magnum Photography Awards2017 ファイナリスト等、海外を中心とした様々なコンペティションに入賞している。2018年3月、東京で個展「Scrap and Build」を開催。VoidTokyoのメンバー。

facebook instagram Twitter

※Facebookにログインしていないと、Facebookページが表示されない場合があります。

デジタル一眼カメラα(アルファ) サイトマップ