住所
札幌市中央区南一条西3-8-20
ソニーストア 札幌内
地図(Google Map)

営業時間
11時〜19時

定休日
なし
(12/31、1/1、法定点検日などを除く)

お問い合わせ

  • 現在、スケジュールはありません。

  • ギャラリー 写真展

    THE NORTH FINDER

    −北海道の魅力を発信する写真家たち−

    THE NORTH FINDER

    [開催日]:2018年8月4日(土) 〜2018年8月16日(木)

    2007年『北海道洞爺湖サミット』開催を契機に、北海道を愛し、写真家として北海道に貢献すべく有志が集まり発足させたTHE NORTH FINDER。日本海・太平洋・オホーツク海、3つの海に囲まれ、明瞭な四季がもたらす厳しくも豊かな自然、そしてその土地に住む人々が紡ぐ特色ある文化。北海道をベースに活躍するメンバーが写真家の視点から全国・全世界へ伝えたいと想う『北海道の魅力』をご紹介いたします。 プリント展示のほか、メンバーの紹介と北海道の翼AIR DO社の壁掛けカレンダーに提供した2年分の四季折々、北海道各地の写真を4Kモニタースライドショーにてご紹介します。

    詳しくはこちら

  • トークショー ギャラリートーク

    写真家 中村健太氏・谷口能隆氏トークショー

    THE NORTH FINDER −北海道の魅力を発信する写真家たち−

    中村健太氏・谷口能隆氏

    [開催日]:2018年8月5日(日) 13:00〜14:00/2018年8月5日(日) 15:00〜16:00

    NPO法人北海道を発信する写真家ネットワーク「THE NORTH FINDER」による写真展開催を記念したトークショーを開催いたします。αユーザーである理事長の写真家 中村氏と会員の写真家 谷口氏から、写真に対する想いなど、さまざまな貴重なお話しを聞くことができます。ぜひご参加ください。

    詳しくはこちら

  • ギャラリー 写真展

    第35回 「日本の自然」写真コンテスト 受賞作品展

    [開催日]:2018年8月18日(土) 〜2018年8月30日(木)

    いつまでも守り続けたい「日本の自然」。風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を評価する歴史あるコンテスト。第35回受賞作品巡回展を全国のαプラザで実施いたします。 デジタル部門の最優秀賞 ソニー4K賞、30歳以下の方が対象のソニーネクストフォトグラファー賞については、大画面の4K BRAVIAで作品をご覧いただけます。ふるってご参加ください。 ※展示作品は受賞作品のうち一部になります。予めご了承ください。(デジタル部門の受賞作品は全点、4K TVのスライドショーでご覧いただけます。

    詳しくはこちら

  • トークショー ギャラリートーク 特別企画

    第35回「日本の自然」写真コンテスト巡回展連動イベント

    写真家 福田健太郎氏 トークショー −受賞作品から学ぶ、自然・風景写真−

    福田 健太郎 氏

    [開催日]:2018年8月26日(日) 13:00〜14:00/2018年8月26日(日) 15:00〜16:00

    審査委員も務めた写真家、福田健太郎氏が、第35回「日本の自然」写真コンテスト入賞者の作品を分析。評価すべき視点や更に上達するためのヒントを語っていただきます。 さらに、福田さんがご自身の旅で撮影した風景写真と、現場での撮影エピソードや、テクニックを紹介していただきます。 [紹介する受賞作品] ※トークショーが行われる都道府県から受賞された作品を優先的に講評いたします。 ○北海道・札幌市:αプラザ ギャラリースペース ※ソニーストア 札幌内 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ○大阪府・大阪市:αプラザ ギャラリースペース ※ソニーストア 大阪内 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ○福岡県・福岡市:αプラザ ギャラリースペース ※ソニーストア 福岡天神内 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名 ・賞名+「タイトル」受賞者氏名

    詳しくはこちら

  • ギャラリー 写真展

    柳本史歩 作品展

    彼らの景観について−2015〜2017有珠−

    柳本 史歩 氏

    [開催日]:2018年9月1日(土) 〜2018年9月13日(木)

    街を歩いていると感じることがある。それは、私が東京で普段生活していると見えてこない情報がたくさんあるということ、そして情報の伝達する手法は発展する一方で、知ることのできない情報だったり街や人の存在が増えているのではないかということだ。2000年より継続している写真シリーズ「アイル・ビイ・ゼア」は、そうした知られざる街や地域になるであろうエリアをそのままの姿を持ち帰ろうとはじまったものだった。  今シリーズではこれまで北海道幌泉郡、手塩郡、檜山郡、日高郡、青森県下北、山形県鶴岡・月山、新潟県長岡・栃尾、岩手県下閉伊郡川井村(現宮古市)・宮古市・普代村・山田町といった地域へ行ってきた。そして各地域の取材の中いろいろな人の話を聞いてきた。そこから共通して見えて来たのは「私たちは目の前にある生活しか送ることができない」ということだった。今展では彼が見ているだろう景観を後ろから見せてもらったものである。

    詳しくはこちら

  • トークショー ギャラリートーク 特別企画

    柳本史歩 ギャラリートーク

    彼らの景観について−2015〜2017有珠−

    柳本 史歩 氏

    [開催日]:2018年9月1日(土) 13:00〜14:00/2018年9月1日(土) 15:00〜16:00

    街を歩いていると感じることがある。それは、私が東京で普段生活していると見えてこない情報がたくさんあるということ、そして情報の伝達する手法は発展する一方で、知ることのできない情報だったり街や人の存在が増えているのではないかということだ。2000年より継続している写真シリーズ「アイル・ビイ・ゼア」は、そうした知られざる街や地域になるであろうエリアをそのままの姿を持ち帰ろうとはじまったものだった。  今シリーズではこれまで北海道幌泉郡、手塩郡、檜山郡、日高郡、青森県下北、山形県鶴岡・月山、新潟県長岡・栃尾、岩手県下閉伊郡川井村(現宮古市)・宮古市・普代村・山田町といった地域へ行ってきた。そして各地域の取材の中いろいろな人の話を聞いてきた。そこから共通して見えて来たのは「私たちは目の前にある生活しか送ることができない」ということだった。今展では彼が見ているだろう景観を後ろから見せてもらったものである。

    詳しくはこちら

  • ギャラリー 写真展

    林明輝 作品展

    DesignScape −新しい風景のかたち− 秋冬編

    林 明輝 氏

    [開催日]:2018年9月15日(土) 〜2018年9月27日(木)

    ドローンを駆使した風景撮影の魁となった写真家 林 明輝氏。いまや「ドローンカメラマン」として様々なメディアで取り上げられている。ソニーイメージングギャラリー 銀座での作品展開催は本作品展で2回目である。前回は2015年5月、国内初のドローンから撮影した作品展『空飛ぶ写真機 -ドローンで見た日本の絶景-』を開催し好評を博した。本作品展でもドローンで撮影した作品が展示されるが、それ以外にも地上から撮影した作品も展示する。各地の絶景を1枚の写真だけで見せるのではなく、より立体的に絶景の奥深さを伝えたいという発想から、違った視点でとらえた二点を組み合わせて構成している。例えば、同じ撮影地や、同じ被写体を地上と空撮で見せるバージョンや、違う時間帯、つまり違う光線状態で構図やアングルを精査しつつ被写体とじっくり対峙して撮影したバージョンなど、いろいろな視点からの捉え方を組み合わせることにより、風景写真にこれまでとは違った面白さやストーリー性を持たせている。「2009年から導入したドローンは、“空飛ぶ三脚”として役立ってくれた。だが、基本は地上で三脚をすえた撮影だ。心にわき上がるイメージが、現実となって目の前に繰り広げられるまで、同じ場所の同じ位置に何度も三脚を立てる。これと並行して、改めて地上の様子を上空から見つめ直すと、ドローンによる空撮の価値が再認識できた。こうして“風景をデザインする"というコンセプト『DesignScape』で訪れた撮影地は列島各地で200ヶ所ほどになっていた。名の知れた撮影地は、より新しい視点で迫り、世の中にまだ知られていない撮影地は、その地で覚えた新鮮な気持ちが伝わる写真を目指した。イメージされた風景が撮影できるまで、その可能性を信じて何度も通い続けた。その結果、これまでの風景写真では味わうことができなかった新しい感動を味わっていただける作品が撮影できたと自負している」と林氏は語った。有名無名を問わず全国各地の絶景の素晴らしさや奥深さを、今回は秋冬編として展示する。写真や動画を通じて堪能できる作品展にぜひお越しいただきたい。

    詳しくはこちら

  • トークショー ギャラリートーク 特別企画

    林明輝 ギャラリートーク

    これぞαの流儀。最先端の風景写真 −秋冬編−

    林 明輝 氏

    [開催日]:2018年9月23日(日) 13:00〜14:00/2018年9月23日(日) 15:00〜16:00

    ドローンを駆使した風景撮影の魁となった写真家 林 明輝氏。本作品展は、林 明輝 氏がドローンで撮影した作品が展示されるが、それ以外にも地上から撮影した作品も展示する。各地の絶景を1枚の写真だけで見せるのではなく、より立体的に絶景の奥深さを伝えたいという発想から、違った視点でとらえた二点を組み合わせて構成している。「2009年から導入したドローンは、“空飛ぶ三脚”として役立ってくれた。だが、基本は地上で三脚をすえた撮影だ。心にわき上がるイメージが、現実となって目の前に繰り広げられるまで、同じ場所の同じ位置に何度も三脚を立てる。これと並行して、改めて地上の様子を上空から見つめ直すと、ドローンによる空撮の価値が再認識できた。こうして“風景をデザインする"というコンセプト『DesignScape』で訪れた撮影地は列島各地で200ヶ所ほどになっていた。名の知れた撮影地は、より新しい視点で迫り、世の中にまだ知られていない撮影地は、その地で覚えた新鮮な気持ちが伝わる写真を目指した。イメージされた風景が撮影できるまで、その可能性を信じて何度も通い続けた。その結果、これまでの風景写真では味わうことができなかった新しい感動を味わっていただける作品が撮影できたと自負している」と林氏は語った。 有名無名を問わず全国各地の絶景の素晴らしさや奥深さを、今回は秋冬編として展示する。写真や動画を通じて堪能できる作品展にぜひお越しいただきたい。

    詳しくはこちら

  • サポート

    αテクニカルアドバイザーがあなたのαライフをサポートします

    ソニーストア 札幌

    高度な知識と技術を有した、αに特化した専任スタッフのαテクニカルアドバイザーが“αメンテナンスサービス”など、快適にαをお使いいただくためのサポートを、ソニーストア直営店舗にて実施しています。αに関するさまざまなご質問にもお答えしますので、お気軽にお声掛けください。

    詳しくはこちら