商品情報・ストアマイクロホンC-100

高域用と低域用の2Wayマイクカプセル構成により、広がりのある高域と豊かな中低域を両立した、ハイレゾ収録にも適した可変指向性コンデンサーマイクロホン

高域用と低域用の2Wayマイクカプセル構成により、広がりのある高域と豊かな中低域を両立した、ハイレゾ収録にも適した可変指向性コンデンサーマイクロホン

C-100
コンデンサーマイクロホン
C-100
オープン価格

関連コンテンツ

特長

新開発のマイクカプセル採用の2ウェイカプセル構成で、広がりのある高域と豊かな中低域を両立し、ハイレゾ収録にも適したサイドアドレス型コンデンサーマイクロホン

20-50kHzの広帯域収音が可能。
単一指向性、全指向性、両指向性の切り替えに対応。
新規開発の高域用マイクカプセルでは、振動膜の薄膜・軽量化と背面電極板の音響インピーダンスの低減をはかり50kHzまで高い再現性を持った収音を実現。また、高感度な低域用マイクカプセルも新規に開発し、バックプレートの音響インピーダンスの低減により、高感度化を実現。力強く、量感豊かな収録を併せて実現しています。両カプセル共に、高強度、高絶縁性を有する、ポリエーテルイミド(PEI)に高精度な樹脂切削加工を施した絶縁構造材を使用、カプセルケース、背面電極には、高精度な切削加工による真鍮を採用。振動膜には24金蒸着を施しています。これらを高精度に組み立て加工することで、高精度、高純度な歪の少ない収音を実現しています。

C-800Gで採用された「防鳴筐体構造」を継承

マイクケースとシャーシには、防振性と制振性を確保するため、比重の高い亜鉛ダイキャストを採用。マイクスリーブは切削加工によるアルミニウム、スリーブボトムには切削加工による真鍮を採用し、異種金属を組み合わせた構造とすることにより、不要共振による音の濁りを排除しています。

指向特性と周波数特性

国内生産による、確かな製品へのこだわり

数多くのレコーディングスタジオで使われている、コンデンサーマイクロホンC-38BやC-800G、モニターヘッドホンMDR-CD900STなどに代表されるプロフェッショナル向け音響製品。これらを長年にわたり生産している日本の工場、ソニー・太陽が製造。プロ用製品で培われた厳しい品質管理のもと、熟練作業者により手作業で一つひとつ丁寧に組み立てられています。

C-100/ECM-100U/ECM-100N共通の特長

・銅箔厚70μmの厚膜銅箔基板をソニーとして初めて導入。中低域の豊かさ、密度の高さ、高域の解像度の高さに貢献しています。
・信号ラインのすべてのコンデンサにフィルムコンデンサーを採用することで、音質の透明感、クリアさを向上させています。
・信号ラインのすべての抵抗に高精度な金属皮膜抵抗器を採用。力強く、精度の高い音質を実現しています。
・電源ラインには、小型化と高容量を実現したハイブリッドアルミ電解コンデンサーを採用することで電源の平滑性を強化。ダイナミックで正確な収音に貢献しています。
・出力端子には、接点に金メッキを施したXLR-3-12Cタイプを採用。
・ローカットフィルター搭載
・パッドスイッチ機能

主な仕様
カタログPDFダウンロード
マイクロホン サイトマップ
ハイレゾレコーディングマイク
ハイレゾレコーディングマイク
マイク
PC通話用マイク
電話用マイク
音楽収音用マイク
ボーカル用マイク
スマートフォン用マイク