商品情報・ストア 【大人のソニー 「!’s」】

18’10.17UPDATE

私たちの身の回りには、
人々を魅了し続ける “変わらない形”がある。

美しい音色で世界中の人を感動させる楽器、ヴァイオリン。16世紀半ばに誕生して以来、その形はほとんど変わっていません。ボディは軽く、中は空洞で、音の共鳴を大きくする膨らみがあり、演奏時に弓とボディがぶつからないようにくびれているデザイン。これらはすべて、演奏者の使いやすさと、最高の音色を生み出すことをひたすら追い求めた結果の形。(※1)だからこそ400年以上経っても、その姿を変えずに人々を魅了し続けているのです。そして、いくつものこだわりが詰まった“変わらない形”は、あなたのポケットの中にもあります。

理想の形に、妥協なき高画質を。
デジタルスチルカメラRX100シリーズ。

スマートフォンで撮るよりも本格的な写真表現の楽しみを提供するため、2012年に登場したのがRX100シリーズ。全てのモデルに共通しているのが、コンパクトカメラを再定義する「ポケットサイズの高画質」というコンセプトです。そのコンセプトと、誰にとっても使いやすい操作性を追い求めた成果として、不変の形は生まれました。性能を高めながらも形を変えることのないこのシリーズは、発売以来ずっと親しまれています。

0.1mm単位の調整を繰り返して生まれた、
誰の手にも馴染む形。

「カメラ本来の楽しさを知ってもらいたい」という思いから、「カメラ」と聞いて誰もが頭に浮かべる、四角と丸を組み合わせたミニマルでアイコニックなデザイン。正面だけでなく、真上から見たときに角が楕円になっているところには、フィルムカメラの面影を残しています。また、突き詰めたのはデザインだけではありません。試作品を作っては100人以上に使ってもらい、手に馴染むように設計を何回も見直し、0.1mmの単位の調整を繰り返して生まれた完成度の高い操作性。これらはコンパクトカメラの原点であり、同時に理想と言えるでしょう。そうしてできた原型をそのまま継承するのではなく、新しいモデルをデザインする度に、見直すべき余地はないか、すべてを一から疑い検証しています。例えばRX100VIなら、わずかの隙もなく追い込まれた小型サイズに24-200mm(※2)の高倍率ズーム、世界最速(※3)AF、高速連写、タッチフォーカス、タッチシャッター、収納式電子ビューファインダー、高解像度4K動画など様々な先進機能を搭載。それぞれのパーツを小さくし、さらに軽量化をする努力を重ね、細部にまで徹底的にこだわり、いつまでも使いやすい変わらない形で写真撮影の楽しさを届け続けているのです。

こだわりを凝縮して生まれた形は、変わることを必要としないもの。これからも人々に愛され、魅了され続けることでしょう。
日常には”気づき”があふれている。それに目を向ければ、毎日は変わる。

※1 情報提供元:明星大学情報学部准教授 横山真男
※2 35mm判換算
※3 DSC-RX10M4同等。1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2018年6月6日広報発表時点。ソニー調べ

clear