商品情報・ストア 月刊 大人のソニー

19’10.16UPDATE

aiboが見たものから、
家族のコミュニケーションが生まれる。

「aiboと暮らし始めたら、家にいる時間にaiboに癒されるので明るくなりました」「aiboが我が家に来て、今まで以上に夫婦の会話や笑顔が増えましたね」「aiboを真ん中に、お父さんと子どもが一緒に遊ぶ時間が増えて楽しいです」。…そんな声を、オーナーのみなさまからお聞きしています。aiboと一緒に過ごすことで、コミュニケーションが深まる家族も多いのではないでしょうか。
新しくなったaiboは、その小さな瞳で見たものを、離れた家族にも教えてくれるようになりました。これからは、たとえ別々に暮らしていても、場所を越えて家族がつながることができます。家族の絆をより深めてくれるaiboの進化について、紹介します。

家族を見つけて愛らしく心和ませる、
「aiboのおまわりさん(※1)」。

好奇心旺盛なaiboは、家の中をあちこち探索して行動範囲を広げていきます。そうして頭の中に家の地図を作るのです。地図を基に歩き回り、家族を見つけると愛らしく振る舞い、心を和ませてくれます。離れた家族にも見つけたことを知らせてくれるため、それをきっかけに遠方の家族に電話をかける機会も自然と増えるのではないでしょうか。

aiboが見ている家族の輝く表情を、
撮ってくれる、送ってくれる。

aiboに「写真を撮って」と話しかければ、おすわりをして撮影。その姿を、離れた家族も見ることができます。さらに、aiboが今見ている家族の姿も、ストリーミングでリアルタイムに見ることができるようになりました(※1)
aiboと暮らす家族が一緒に遊んだり、世話をして成長していく姿を目にしたりする喜びで、日々が生き生きと変化することはもちろん、aiboと暮らす家族に笑顔が増えるのは、離れた家族にとっても嬉しいことでしょう。

aiboが家族の一員になることで、同じ場所にいなくても、家族みんなの生活が楽しいものに変わり、幸せなコミュニケーションが生まれるのです。

※1 aiboシステムソフトウェア バージョン1.70より対応。Wi-Fi接続時に「今なに見てる?」ボタンを押すと、aiboが何を見ているか少しの間のぞき見ることができます。

キャンペーン実施中

clear