商品情報・ストア 【大人のソニー 「!’s」】

18’04.18UPDATE

歴史の中で培われた、壁を「使う」発想。

日本の住宅は世界の住宅と比べると床面積が狭いというデータ*があります。床面積が狭いということは「壁が近い」ともいえますが、日本人はその近さを逆手にとり、工夫を凝らし、壁が近い空間と上手に付き合ってきました。例えば、500年前の茶室。狭い空間を生かすために、手元に光を取り入れる窓を壁に施していたそうです。その発想は、今、私たちの身の回りにも通じています。壁は、部屋を仕切るだけでなく、「使う」もの。そう視点を変えるだけで、日常の生活に新しい気づきが見えてきます。
*一人当たりの住宅床面積 2013年国土省調べ

いつもの壁に、絶景が楽しめる窓が現れる。

見慣れた壁に、4Kブラビアをかけてみる。テレビと思えない薄さと、細いベゼルのスタイリッシュなデザイン、そしてリアルで質感の高い4K高画質で、壁には絶景が眺められる窓が施されたように感じます。山々が連なる風景、透き通った海中、家にいながらにして絶景旅行。一面に咲く桜を映せば、自宅で手軽にお花見だって楽しめます。

壁は時計にもなる、遊び場にもなる、自由自在に変化する。

小さな箱のようなポータブル超短焦点プロジェクター。手のひらサイズに関わらず、壁に最大80型の大画面を映せるので、大きなテレビがおけなくて映画館気分で迫力の映像が楽しめます。映像だけでなく、時計を映すことだってできます。壁に紙を貼って絵を映せば、スケッチブックとして子どもの遊び場にもなります。映すもの次第で、壁は自由自在に変化させられる存在になるのです。

壁は臨場感を生むたくさんのスピーカーに変わる。

サウンドバーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®」「DTS:X」に対応し、前後左右はもちろん、上方向からの音にも包み込まれるリアルな音響空間が楽しめます。その秘密は、音を天井に反射させて、上からも部屋の中の人を包み込むような音響の仕組みにあります。オーケストラを聴くと、まるでコンサートホールにいるように奏でる楽器の位置まで感じられたり、映画を見ると、その世界に入り込んだかのように後ろからも音を感じたり、壁は驚くほどの臨場感を生み出す存在に変わります。

壁に囲まれて暮らしているからこそ、壁をもっと自由自在に使いこなせたら、そのぶん毎日の暮らしが楽しくなるはずです。
日常には”気づき”があふれている。それに目を向ければ、毎日は変わる。

clear