法人のお客様プロフェッショナルモニターBVM-HX310ファームウェア更新情報
ファームウェア更新情報
※ 機器ファームウェアのアップデートについては、弊社営業もしくはサービス窓口へお問い合わせください。

■Ver.1.20での主な更新内容

  • ファンクションボタンでのSDI2 4K/2K切り替えに対応
  • スクリーンセーバーの時間設定(30分/10分/2分)とSDR時も機能する仕様に変更
  • オートパワーダウン機能を実装
    • 入力信号がない状態が60分続くと自動的に本機の電源がオフになります(オフモード)
    • ※欧州の省エネルギーを促進するための環境に配慮した設計を行うことを義務付けた規制のErP指令に対応、S/N 7100001以降のハードウェア対応品にのみ機能します
  • インジケーター表示の仕様変更
    • オフモード:電源インジケーターが赤点灯
    • スリープ状態:電源インジケーターとSTATUSインジケーターが赤点灯(変更前は、電源インジケーターが赤点灯)
    • ※オフモードとは、モニター本体前面の電源スイッチまたはオートパワーダウンによるオフです
       スリープ状態とは、リモートコントローラーBKM-17Rのモニター電源によるスリープ状態です

■Ver.1.10での主な更新内容

  • 色温度自動調整ソフトウェアに対応
  • Input Setting設定の保存・読み出し機能を追加
  • SDI信号のYCbCr Range:Full / Limited / SDI Full Range 設定に対応
  • 規格変更に伴いHDR EOTF時のブライトネス機能を変更
    • ITU-R BT.2100(HLG):ITU-R BT.2100-2規格に対応
      SMPTE ST 2084:ITU-R BT.814-4規格に対応
      S-Log3, S-Log2, S-Log3(Live HDR):SMPTE ST 2084と同様の仕様に変更
  • その他機能改善

ピックアップ

カタログPDFダウンロード
プロフェッショナルモニター サイトマップ
プロフェッショナルモニター
BVMシリーズ
PVMシリーズ