オーディオ機器と機器登録(ペアリング)してBluetooth接続する

BLUETOOTH®機能を使って、Bluetooth通信技術に対応した機器同士を無線で接続できます。見通しのよい場所なら最長約10 mまで離れて通信できます。

たとえば、ヘッドホンやスピーカーなどのBluetoothオーディオ機器とプレーヤーを無線で接続して音楽を聞くことができます。

Bluetoothオーディオ機器同士を初めてワイヤレス接続するときは、お互いの機器を登録しあう必要があります。このことを「ペアリング」と言います。一度機器登録(ペアリング)すれば、以降は簡単に機器同士を接続できます。

以下では、プレーヤーをBluetoothオーディオ機器と接続するための基本的な手順について説明しています。


  1. Bluetoothオーディオ機器のBluetooth機能をオンにする。
  2. プレーヤーのホーム画面を上にスワイプする。
  3. [設定]−[接続済みの端末]の[新しいデバイスとペア設定する]をタップする。
    接続可能な機器のリストが表示されます。
  4. Bluetoothオーディオ機器をタップする。
    機器登録(ペアリング)中にペアリングパスキーの入力を要求された場合は、Bluetoothオーディオ機器のパスキーを確認して入力してください。Bluetoothオーディオ機器のパスキーについて詳しくは、Bluetoothオーディオ機器の取扱説明書をご覧ください。

    接続が完了すると[接続済みの端末]にBluetoothオーディオ機器の名称が表示されます。

機器登録(ペアリング)したBluetoothオーディオ機器との接続を解除するには

ホーム画面を上にスワイプして[設定]−[接続済みの端末]をタップします。次に、Bluetoothオーディオ機器名の横の設定アイコンをタップして、接続を解除してください。

ヒント

  • 一度にペアリングできるのはひとつのBluetoothオーディオ機器のみです。複数をペアリングするには、それぞれの機器でこのトピックの操作を行ってください。
  • Bluetoothオーディオ機器の登録を削除できます。[接続済みの端末]のリストでBluetoothオーディオ機器名の横の設定アイコンをタップして、登録を削除してください。
  • パスキーは、「パスコード」、「PINコード」、「PINナンバー」、「パスワード」などと呼ばれる場合があります。
  • プレーヤーはBluetooth機能をオフにするまでBluetoothオーディオ機器との接続を維持します。電池の消耗を抑えるには、Bluetooth機能をオフにするか、Bluetoothオーディオ機器との接続を解除してください。

ご注意

  • 次のような場合は、機器登録(ペアリング)の情報が消えます。再度ペアリングしてください。

    • どちらかの機器、または両方の機器を、設定初期化などでお買い上げ時の状態に戻してしまった場合。
    • 修理を行ったなど、機器登録(ペアリング)の情報が削除されてしまった場合。
  • Bluetooth機能をオンにしている場合は、電池の持続時間が大幅に短くなります。
  • ペアリング設定中にタイムアウトした場合は、再度はじめから操作してください。
  • 音が途切れたり音飛びする場合は、以下の方法を試してください。

    • プレーヤーとBluetoothオーディオ機器を近づける。
    • ホーム画面を上にスワイプして、[設定]−[接続済みの端末]−[接続の設定]−[Bluetooth]の順にタップする。次に[ワイヤレス再生品質]−[SBC接続優先]をタップする。
  • 以下の場合は、Bluetooth接続は自動的に切断されます。

    • プレーヤーの電池を使い切っている。
    • プレーヤーの電源が切れている。
  • Bluetooth接続中は、以下の音質設定が無効になります。

    • DSEE HX
    • DCフェーズリニアライザー
    • バイナルプロセッサー


取扱説明動画について

初めて機器登録(ペアリング)する手順や2回目以降の接続手順は、動画でご覧いただけます。以下のURLにアクセスしてください。

https://rd1.sony.net/help/dmp/mov0004/ja/